*

第一庁舎・市民会館の住民投票条例で新議案を準備

公開日: 長野市政/市議会

 7月14日、「市役所第一庁舎・長野市民会館の建て替えの是非を問う住民投票条例の制定を求める会」(山岸綾子代表)は、2万2,843人の有効署名とともに計画の是非を問う住民投票条例の制定を市長に直接請求しました。有効署名は請求に必要な有権者の50分の1(6,257人)の3.7倍で、有権者の7.3%に相当します。市長は地方自治法に基づき、市長の意見を付して条例案を8月3日、9月市議会定例会の冒頭に提案することになります。

 25日の合同会派総会で市長は「条例制定の必要はない」との意見を付して条例案を提出する意向を示しました。「2施設の建て替えは3年にわたり議論し、資料の全戸配布や説明会の開催で市民に十分説明し意見を聞いてきた」とした上で、市民会館の廃止や市民会館解体予算等が議会で議決されてきたことから「議会制民主主義の下で手続きを重ね、議論を尽くして決定したこと」と強調しました。

 これに対し、議会側は最大会派が「否決に回る」意向を表明、条例案の可決は極めて厳しい状況にあることは間違いありません。しかし、この間の議論から「第一庁舎と市民会館を一括して賛否を問うのではなく、両施設それぞれの賛否を問う形にならないのか」「市議選と一緒の投票では周知期間が短すぎるのでは」との意見が出されてきました。

 こうしたことを踏まえ、私は、市民が直接政策決定に参画する住民投票を実現する観点から、修正案をまとめるか、それとも新しい議案として発議するかを検討してきました。修正案の提案は法律上可能ですが、条例案に合意して署名された直接請求の運動の趣旨から考えて、直接請求の本旨を歪曲しかねない疑義が残ること、また新しい議案の場合、明日26日の議会運営委員会までに提案の意志を提示する必要があることなどから、新しい議案として発議する方向で準備、政信会と市民ネットの共同提案となる予定です。

 この間の議会での議決および私自身の対応を踏まえ、条例原案でネックとなる部分を解消し、市民が政策決定に参画する住民投票を実施し、市民が主役となるまちづくりを進めることを形にしたいと思います。

 新しい別議案は「第一庁舎・長野市民会館建設基本計画に関する住民投票条例」。以下、ポイントを報告します。条例案(たたき台)を既に作成していますが、別途本編HPにてアップ(26日に掲載)します。

《住民投票条例を別議案として発議する理由》

➊市役所第一庁舎・長野市民会館の建て替えの是非を問う住民投票条例制定を求める市民の直接請求は、議会として真摯に受け止める必要がある。

➋住民投票は、市長と議会の二元代表制を補完するものであり、議会としては、直接請求による市民の政策決定への直接参画の機会を保障する責務があると考える。

➌直接請求は有効とされる2万2843人分の署名により成立したものであり、直接請求の本旨から、条例案は原案の如何について審議されることが求められるところであり、議会による原案の修正については、おのずと限界があると考えられることから、別議案として提案するものである。 

《条例案のポイント》

➊市役所第一庁舎および長野市民会館の建て替えに関し、両施設それぞれの建て替えの賛否を個別に問うものとすること。

➋長野市民会館の建て替えに賛成の場合において、参考として「基本計画通りの建設」または「建設時期および建設場所など基本計画の見直しによる建設」を選択できるものとすること。

➌有権者は20歳以上の長野市民とすること。

➍住民投票の実施時期は、条例施行の日から3月以内とすること。

➎投票した者の総数が投票権を有する者の総数の2分の1に満たないときは投票が成立しないものとすること。ただし、市長は開票を指示することができるとすること。

➏市長は住民投票の結果を尊重するものとすること。また、長野市民会館の建て替えに当たっての「基本計画通りの建設」と「建設時期および建設場所など基本計画の見直しによる建設」の投票結果は、これを参考とすること。

関連記事

長野市議会第4回議会報告会の報告集

5月14日に開催した第4回議会報告会の『報告集』が、議会報告会実行委員会の議を経て、このほど取りまと

記事を読む

長野市が「幸せ実感モニター」を募集

~あなたの感じていることを市政に活かしてみませんか~ 長野市は、市民等から「(仮称)幸せ実

記事を読む

都市内分権審議会

[/caption]  審議会の委員を務めている都市内分権審議会が開かれました。11月17日に

記事を読む

議員定数の在り様、検証したい…6月議会トピックス➋

開いた口が塞がりません! 稲田防衛大臣の都議選応援演説=「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としても

記事を読む

少子化に対応した活力ある学校づくりを考える【その1】…まずはパブコメと答申

「少子人口減少社会が進展する中で、少子化に対応した子どもにとって望ましい教育環境の在り方」について諮

記事を読む

無責任な「継続審査」…集団的自衛権

 集団的自衛権の行使容認に向け、憲法解釈を変更する閣議決定への与党協議が予断を許さない状況にある中、

記事を読む

議会活性化検討委員会…議会報告会の開催へ一歩

 26日、社会保障と税の一体改革関連法案が衆議院で可決しました。民・自・公の密室談合による社会保障制

記事を読む

木のぬくもり優しい安茂里保育園

 20日、市安茂里保育園の竣工式が同園で開かれ、地元の議員として招かれ出席しました。  S49

記事を読む

信州の空を戦場にするな!長野県上空でもオスプレイ飛行訓練が?!

陸上自衛隊と米軍海兵隊の日米共同訓練が3月8日から群馬県相馬原演習場と新潟県関山演習場で行われます。

記事を読む

成人祝賀式…20歳にエール

3日午後、安茂里地区の成人祝賀式が安茂里公民館で催され,来賓として出席しました。今年最初の公式行

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


震災から7年…岩手県陸前高田市の「今」

西日本豪雨から1週間、被災地での犠牲者は14府県で200名に及び、約7

危険なブロック塀の撤去…補助金を倍増、上限10万に

9日に開かれた市議会・政策説明会で、「ブロック塀等除却事業補助金」を拡

久石譲・市芸術館監督、辞任を表明

8日午後、長野市芸術館の初夏イベント、アートメントNAGANO2018

高齢者対象にバス乗り方教室

西日本を中心に大雨特別警報が継続する中、既に14人が犠牲に、安否不明の

県知事選挙…現職・阿部守一氏を推薦

前線の発達による記録的な大雨で全国に被害が広がっています。 長野市内

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑