*

京阪バスのバスロケーションシステム…バスのオンライン化

公開日: 公共交通

京都駅八条口に停車中の京阪バス、新型車両が目につきます。

 5日、小中学校の入学式を終えてから、私鉄総連の自治体議員団会議幹事会で京都へ。京都市議会の安井勉議員が議長を務めることから京都市での開催となったもので、京都に着いたのは午後7時、5分咲きの夜桜を鑑賞しながら懇親会場に。幹事会には間に合わず、初日は交流のみ。京都まで「花見と飲み会」に行ってきただけではなくて、2日目の6日は、京阪バス(京阪電気鉄道系列のバス事業者)が3月31日から京都松井山手線に試行導入したバスロケーションシステムを視察してきました。
 *京阪バスの公式ホームページ http://www.keihanbus.jp/
 *京都松井山手線のバスロケーションシステム http://loca.keihanbus.jp/PC/
 *京都松井山手線=京都駅と京田辺市や八幡市を結ぶ路線で、一部高速道路を使い、時間短縮を図っている。

京都・鴨川沿いの桜です。6日お昼頃。


 京阪バスは昨年4月からICカードを導入。これにより利用者データが正確に取れることになり、「月に1回しか乗車しない利用者が3割」いることが判明。往復にすら利用されていないことから「わかりやすいバスを実現しよう」と導入されたのが、バスロケーションシステムです。
 バスロケーションシステムとは、乗りたい路線バスが今どこにいるのか、あと何分で停留所に到着するのかを停留所に設置された案内機器や携帯電話で知ることができる仕組みです。
 

京都タワーの会議室。京阪バスの森山企画課長から、説明をいただきました。ipodでのバスロケ実演中です。

 京阪バスでは、利便性向上と利用頻度の向上を図るため、バス車両にデータ通信機器を装備してオンライン化するシステムとしています。まずはパソコンや携帯電話、スマートフォンへの情報提供を重視し、停留所での案内(地上機)は今後の課題にしています。この辺は観光都市故なのでしょうか?観光利用者にとっては便利なツールになると思われます。
 クラウドコンピューティングとMVNO(仮想移動体通信事業者)を活用した携帯電話網によるパケット通信を採用、バス車両と常時通信を実現しながら低コストなシステムを構築したとします。「今どきの話」で、京阪バス・森山企画課長のお話はイマイチ理解不明のところがあるのですが、ipadを使っての実際の説明で、なんとなくわかりました。

京都松井山手線に乗車中。上の映像が車内案内用です。


ハンドルの向こうにあるのが、文字情報を受信するタッチパネル式の操作盤


ICカードの読み取り機。乗車したバスは前乗り前降り方式で、これは降車時の料金清算用の機器。乗る時は乗車口右側にカード読み取り機があります。

 
 導入初年度は、550両の車両の内、京都府全域を対象とする路線で約190両でスタート。バス接近情報(現在位置、あと何分で到着)、バス位置情報(系統・行先・経由)、系統の運行ルート、渋滞情報や遅延状況の案内(バス営業所から)などを行います。
 総事業費はICカードのポイント制導入分を含めて5億7千万円、バスロケーションだけでは約3億円。内、地域公共交通確保維持改善事業の対象事業となる1億4千万円の3分の1が国補助となります。県や市町村との協調補助の方向性は現在協議中のことです。 事業者負担が大きいのですが、さすが大手私鉄系列の京阪バスといったところです。

説明資料より、「システム構成」について

 
 今後は、事故・渋滞情報や忘れ物案内など運行管理者からの文字情報配信を行うとともに、自治体と連携し、緊急地震速報・避難勧告、緊急避難場所の連絡表示など、防災情報を提供する機能を付加していきたいとのことです。また、前記した地上機の設置(参考=東武バスイースト)、ケーブルテレビとの連携・情報発信(参考=ケーブルテレビ品川)を展開していきたいとしています。

 京都市営バスは独自にバスロケを既に導入していますが、複数社局のバス情報提供に前向きな点も、民間事業者としての意気込みが感じられます。本格的な事業展開はこれからですが、期待したいと思います。
 私の勉強不足なのかもしれませんが、「バスのオンライン化」といった発想は新鮮です。

 長野市では、10月からICカード乗車券が本格運用されます。バスロケーションシステムの導入は当初、地域公共交通総合連携計画に盛り込まれましたが、国の補助が削減されたことから事業としては「廃止」されています。
 私自身も、地方都市におけるバスロケーションの導入は、費用対効果を見極めて判断していいシステムだと思っています。まずはICカードを浸透させ、利便性が実感でき利用促進につなげることが先決です。

鴨川沿いでの1枚。同じく6日お昼頃。小雨模様で寒かったです。


京都の桜をもう1枚。

関連記事

公共交通利用促進アピール~長野県新総合交通ビジョンの学習会

[/caption]  「育てよう!笑顔を運ぶ公共交通」「乗って活かそう公共交通」を合言葉にJR長

記事を読む

交通政策フォーラム

 22日から23日、愛媛県松山市で開かれた私鉄総連主催の「交通政策フォーラム」に参加、生活路線バスや

記事を読む

交通空白地域で、乗合タクシー安茂里線が本格スタート

[/caption]  4月18日午前7時40分から、長野市乗合タクシー「安茂里線」の出発式が

記事を読む

「屋代線が廃線の危機に」…実証実験継続の声を届けるビラを沿線世帯に配布

[/caption]  長野地区公共交通対策会議で、26日の信濃毎日新聞に「実証実験を継続し利

記事を読む

屋代線利用者50万人をどう評価するのか…公共交通特別委

[/caption]  廃止を決めた長野電鉄屋代線のH22年度の利用者数は49万8,397人で

記事を読む

第3回信州バス祭り

アルピコ交通長野支社で催された第3回信州バス祭り(長野県バス協会主催)は、好天に恵まれる中、約300

記事を読む

交通政策実現で国土交通省に要請行動

 3日、私鉄総連による交通政策の要求実現に向けた中央行動に参加してきました。東京・衆議院議員会館で開

記事を読む

北陸信越運輸局を訪問…屋代線の存廃問題で勉強してきました

[/caption]  10日、長野地区公共交通対策会議のメンバーで、新潟市内の北陸信越運輸局に出

記事を読む

長野県が設置する「地域の移動手段確保に関する検討会」の具体など交通政策で県に要請

13日午後、長野県交通運輸労働組合協議会で、長野県に対し、地域公共交通・生活交通の再生・活性化をめざ

記事を読む

育てよう!笑顔を運ぶ公共交通

 乗って残そう!公共交通。  26日早朝、民間交通事業者の労働組合で作る私鉄県連の仲間と一緒にJR

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

松ヶ丘小学校…トイレ改修を早期に

先週2月6日に、地元の松ヶ丘小学校の校長先生をはじめ、PTA会長、小市

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑