*

6月市議会が閉会しました

公開日: 長野市政/市議会

  今朝8時16分、県中部・松本市を襲った震度5強の地震には、「今度は松本か」との沈痛な想いがよぎりました。人命に及ぶ被害はなかったものの、重軽傷者は13人、建物被害は454件に及んでいます。通学・通勤時間帯に発生した地震に、安否確認や施設の耐震化が課題として浮かび上がっていると報じられています。「糸魚川・静岡構造線」という長大な断層帯の存在は長野市域の防災計画にしっかり位置づけられることが不可欠です。  

3月11日の東日本大震災から3カ月半余…。地震、大雨、そして猛暑が続きます。自分の事として備えを怠らないことが大変重要になっています。  

 さて、6月10日から始まっていた6月市議会は28日、8,100万円のH23年度一般会計補正予算案及び5月末の大雨による災害復旧費14億1,900万円の追加補正予算案など16の議案を原案通り可決し、閉会しました。  

 今議会は、3.11大震災を受け、まさに「防災・エネルギー議会」となりました。福島第一原発の事故による市民生活への放射線の影響は大丈夫なのか、原子力エネルギーから自然エネルギーの転換をどのように図るのか、震災復興による地方財政への影響はあるのか、防災備蓄は十分か、市民の安全を確保するために地域防災計画をどのように見直すのか等々、防災を根底に置いた施策の再構築が大きな論点となった議会でした。  

市側は、空間放射線量や汚泥等に含まれる放射線量は、現状では市民生活に影響がないとした上で、今後、放射線の簡易測定器を新たに導入し、消防局が保持する測定器と合わせ、生活に密着した地点での測定体制を強めたいとしています。  

また、原子力エネルギーからの転換では、太陽光発電や小水力発電の拡充を強調する一方、市長は「原発からの撤退は理想だが、代替エネルギーのへの転換を考えると現実的ではない」との考えを示しました。  

地域防災計画の見直しについては、今後、原子力災害や火山噴火を想定し、県とも調整しながら今年度中を目途に見直す方針を示しました。  

「3.11」の未曽有の経験は、日本のみならず国際社会の大きなターニングポイントとなりました。制御不可能な原子力に依存する社会の在り方と私たちの暮らしを根本的に問い直す時です。原子力エネルギーから再生可能な自然エネルギーへの転換に向け、力を尽くしたいと思います。  

まずは、この夏の節電です。計画停電といった事態に陥れば、市民生活への影響は深刻です。できることに取り組み、脱原発のライフスタイルを築き上げるスタートにしたいと思います。  

長野市では「オール長野でピーク時節電!」と銘打って節電対策を進めています。庁舎内の昼休みを「午後1時から2時まで」にシフトしたり、冷房の間欠運転(午後帯で50%カット)、電灯の間引き消灯などで、ピーク時の約27.6%程度の削減を図るものです。  

ご家庭でも、エアコンの28℃設定、緑のカーテン設置、扇風機の活用、冷蔵庫の温度を「強」から「中」に切り替え、家電の主電源を切りコンセントを抜くなどの取り組みを進めたいものです。  

長野市機会も選挙のため1カ月前倒しで開かれる8月市議会を、午前7時から開会する「早朝節電議会」にすることを決めました。傍聴される皆さんには不便をおかけしますが、趣旨をご理解いただきたいと思います。  

議会最終日には、「東日本大震災の復興支援と総合的な復興ビジョン策定を求める意見書」「地方財政の充実・強化を求める意見書」「合併特例債の起債期限の延長を求める意見書」「新エネルギーの研究開発及び普及を求める意見書」など5つの意見書を採択、国に送付することになりました。「新エネルギー」に関する意見書の顛末は既にブログに書きましたからご参照ください。  

「長野電鉄屋代線の実証実験の継続を求める請願」は再び継続審査に。沿線住民の鉄路存続の可能性にかける願いを踏まえ、採択すべきとの考えから継続審査には反対しました。

 今後、シリーズで「6月議会の論点・トピックス」を報告していきたいと思います。でも、議会が終われば「選挙モード」ですね…。怠ることなく!と自分を戒めながら、更新に努めたいと思います。

関連記事

動き出した「こども未来部」

 16日、子育ち・子育て対策特別委員会が開かれ、4月から発足したこども未来部の事務分掌や予算事業、子

記事を読む

動き出す「副市長プロジェクト」

 10日午前中、合同会派総会が開かれ、新しい人事の紹介とともに、第2期中心市街地活性化基本計画の認定

記事を読む

3月議会質問より➊…雇用・福祉・子育て・公共交通重点の施策展開を質す

 3月市議会は、本会議での代表質問・一般質問が終わり、常任委員会で付託議案の審査が行われています。

記事を読む

安全・安心な生活環境へ…現地調査

20日~21日、丸二日間をかけて、安茂里地区で建設部関係の現地調査。 天候に恵まれ順調に完了しまし

記事を読む

京丹後市の公共交通施策【その1】…200円レールと200円バス

2月に会派で視察した京都府京丹後市の公共交通政策の報告です。 4月の交通政策フォーラムで加藤教

記事を読む

臨時市議会…正副議長、最大会派が独占

7日から改選後初の臨時市議会が始まりました。 7日は正副議長の選出をはじめとする議会人事、13日が

記事を読む

11月議会運営委員会の視察より[その2]…堺市議会・下関市議会編

 議会運営委員会の視察報告[その2]です。堺市議会と下関市議会の取り組みより…。 ◆堺市議会(

記事を読む

「屋代線廃止届、3月中に提出」長電社長が公式表明…バス代替運行、入口から混乱

  「廃止」決定後はじめてとなる屋代線活性化協議会が開かれ、長野電鉄の笠原社長は「3月中に廃止届を出

記事を読む

総務委員会より➊…新市民会館の建設事業費に反対

 12日から14日の3日間、総務委員会が開かれ、付託された新年度予算案や条例案、請願等を審議しました

記事を読む

6月市議会の論点➋…一般質問より

 「6月市議会の論点➊…一般質問より」の続き。 ◆合併の検証…合併時の建設計画及び基本計画は第

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初

県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑