9月7日(水)に一般質問

台風10号は、東北・北海道に甚大な豪雨被害を及ぼしています。昨年の鬼怒川の氾濫から1年、再び「避難指示」の遅れ等が問題点として浮かび上がってきています。しっかり教訓化する取り組みが求められます。

1日の議会初日のブログに関し、キャッチ(見出し)は「談合処分の富士通との随意契約で、専決処分の承認案件、即決ならず」でしょうとの意見をいただきました。的確な指摘です。

さて、市議会は7日から9日まで一般質問です。

私は、7日(水)の午後3時頃からの質問となります。質問持ち時間は14分です。

次の4点について質問通告をしました。

(1)市長がめざす「子育て先進都市ながの」とは?
…その具体像・将来像、子どもの権利条例の制定等を質す
(2)放課後子どもプランの利用者負担の導入について
…無料で事業継続を図ることを質す
(3)ひとり親家庭の子どもの学習支援について
…ひとり親家庭の相対的貧困率が56.4%であることを踏まえ、希望するすべての子どもへの支援を質す
(4)地域公共交通の利用促進策について
…県下一斉ノーマイカーウィークの取り組みや若穂地区の利用促進策、障害者差別解消法の公共交通分野における徹底などを質す
(5)その他

質問原稿をまとめているところですが、14分の時間に収めることに四苦八苦しています。
質問通告のテーマをもっと絞り込むべきだったと反省しています。

それぞれの施策の現状の説明などはかなりカットして、結論だけを質問することになりそうです。
INCやネットで視聴される皆さんには、わかりづらい質問になるかもしれません。お許しを。