*

公共交通対策特別委員会の視察より…LRTの静岡市、BRTの岐阜市(その➋)

 公共交通対策特別委員会の視察より、その➋として「BRTの岐阜市」を報告します。

岐阜市…路面電車の廃止⇒バス交通を基軸とした公共交通システムへ=BRT化

➊面積202㎢に人口41万人の中核市。人口密度は2,023人/㎢(長野市は460人/㎢)。岐阜県南部に位置する県庁所在地で、名古屋市からは電車で約20分の近距離にある。

JR岐阜駅前…再開発ビルの岐阜シティタワー43(左側)と岐阜スカイウィング37(右側)がそびえる。シティタワー43の43階にあるスカイラウンジは市のフロアー施設で展望室を備える。


➋視察テーマは「岐阜市型BRTの導入」について。
 BRTとは「Bus Rapid Transit」の略で、バスレーンの導入など走行環境の改善によるバスの定時性や速達性を確保し、連節バスなど車両の高度化と合わせ、利便性・快適性を高めた次世代のバスシステムとされる交通システム。
 全国で4番目(千葉市幕張副都=京成バス・藤沢市=神奈川中央交通・厚木市=神奈川中央交通)、首都圏以外では初となる連節バスの導入が目玉とされる。
 岐阜市内では、JR岐阜駅と岐阜大学・附属病院を結ぶ路線と市内ループ線に導入され、岐阜バスが運行する。
 因みに新潟市はH26年度中にJR新潟駅と白山駅を結ぶ約4キロの区間に導入する方針を決めている。
 今回の視察の収穫は、実際にBRT=連節バスに乗車できたことである。

シティータワー47の展望室から。赤い車両が「清流ライナー」

バスを活かした公共交通を軸としたまちづくりの背景
 岐阜市は、かつては路面電車のまちで、岐阜駅を中心に名古屋鉄道(名鉄)の線路が縦横無尽に伸びていた街であったが、マイカーの普及や維持運行経費の増加から、順次、路線が縮小され2005年(H17年)3月に全廃となった歴史を持つ(もちろん、存続運動はあったのだが、費用対効果と軌道上における自動車の安全性確保の面から市民の大きな支持が得られず廃止となった)。
 路面電車の縮小と相まって、H14年度に「オムニバスタウン」の指定を受け、バスを中心とした公共交通の活性化への取り組みが始まる。幹線支線へのバス路線再編を中心としたバス再編計画を策定、バスレーンやPTPSなどバス走行環境の改善、低床バスの導入などバリアフリー化の推進、バスロケーションシステムやICカードの導入、駅前広場整備やハイグレードバス停整備など乗継環境の整備を進めている。

JR岐阜駅前のターミナル。導入されているバスロケーションシステム。

 H21年に「岐阜市総合交通戦略」を策定、H20年からH22年の3カ年を計画期間とする「岐阜市地域公共交通総合連携計画」と相まって、「バスを活かした人も元気、まちも元気なまちづくりの実現」をめざし、「幹線・支線・コミュニティバスが連携した公共交通ネットワークの確立」を目標に据える。JR岐阜駅から放射線状に延びる8つの幹線の路線再編と強化、BRTの導入、16地区でのコミュニティバスの導入(既に13地区で本格運行、1日1000人の利用者だそうである)によるネットワーク化を具体的な施策としている。
【参考】「岐阜市総合交通戦略」
    「岐阜市総合交通政策」
    「岐阜市型BRTの導入」
    「岐阜市コミュニティバス運行について」

岐阜市型BRTとは?
 幹線・支線・コミュニティバスが連携したバスネットワークの確立と幹線バスサービスの向上により岐阜駅から路線延長約10㎞圏を30分到達圏域とすることを公共交通のサービス目標に設定。
 ①幹線バス路線のBRT化により、バス路線の再編を推進、
 ②需要や道路整備の状況に合わせた柔軟なルート選定、
 ③バスレーンの導入やバス停留所、乗り継ぎ拠点の整備、連接バスの導入などを段階的に進める、
 この3点を「岐阜市型BRT」と位置づけるもので、「岐阜市BRT導入推進計画」により推進される。

カラー舗装されたバス優先レーンを走行する連節バス「清流ライナー」

岐阜駅から岐阜大学につながる路線。水色の部分が「バス優先レーン」。シティタワー47展望室から撮影。


 岐阜バスに導入された連節バスは、岐阜名物の鵜飼と鮎をイメージする「清流ライナー」と命名され、H23年3月からJR岐阜駅~岐阜大学・附属病院間を、H24年8月からは土・日・祝日運行の市内ループ線(環状線)に導入、2路線で運行されている。
 導入車両はメルセデス・ベンツ製の「シターロG」、座席46席で定員は130名。全長18m、全幅2.55mある。
 国内の保安基準である全長12メートル、全幅2.5メートルを超える特殊車両のため、道路運送車両法、道路法及び道路交通法の特別な許可が必要とされる他、走行レーンや経路を厳守するという条件で、運転が可能となったものである。

この連節バスに乗車…後部2カ所から乗車、前方で降車


通常の路線バスとの比較のために撮影。確かに長い!


 導入にあたっては、警察や道路管理者との協議に1年近くかかったものの、道路環境の改良は、バスベイの確保や外側線の改良などで、大規模にものはほとんどなかったとのことである。走行路線として朝夕の「バス優先レーン」がカラー舗装で整備されている。「専用レーン」にはされていないが、急行便のため定時性はある程度確保されているとのことだ。因みにPTPSを長良橋通り3.9キロ区間に一部導入しているが、その効果は2分間くらいの短縮だそうだ。
 実際に乗車した感覚では、18mの車両にもかかわらず以外に小回りが利いていると感じた。運転手さんに聞いたところ「大型観光バスの運転とほとんど変わらない。ただし後退がなかなか難しい」とのことであった。岐阜バスでは10人の連接バス専用ドライバーを設けている。課題は連節バスの回転場所だ。岐阜市の場合、起点となるJR岐阜駅前広場のバスプールが極めて広いこと(駅前広場だけで26500㎡もある。長野駅前広場の有に3倍はあろうかという広さだ)と終点の岐阜大学・附属病院の構内にトランジットセンターを整備し、乗り継ぎ拠点となる回転場所を有することが特徴的な条件となっていると思われる。

連節バスの車内から、連接部分です。因みにバスには非常出口がなく、車内に非常用のハンマーが装備されていました。


説明ビデオより…バス停留所・バスベイの様子。車道幅はそのままで、中央線をずらしてバスベイ部分を確保。


同じくバス停留所の様子。大規模な道路改良を要しない事例として説明。


清流ライナー導入で、利用者4倍に
 連節バス・清流ライナーの導入で、路線あたり1日平均250人の乗車が800人と4倍に増えているそうである。観光資源としても注目されているようだ。基本的には岐阜大学の学生の通学の足、附属病院の通院の足がベースになっていることが要チェックではある。

1台7,120万円の連節バス…専用整備工場1億円
 連節バスは1車両約8,000万円という極めて高価なバスである。通常のノンステップ路線バスで約2,000万円だったと思う。
 岐阜バスの連節バスの購入価格は当時で1台あたり7,120万円で、国が1/2、市が1/4、岐阜バスが1/4を負担するスキーム。連接バスには、専用の整備工場が必要で、これにかかる経費・約1億円がバス事業者負担となることから、車両購入に市負担を設定したとのことである。
 専用整備工場の確保は、車両購入負担に加え、バス事業者にとっては課題となるところだ。

所感として…
 *路面電車廃止からBRT化へ。バス交通中心の公共交通ネットワークづくりを基本に据えている点は、皮肉な結果ともいえるが、岐阜市総合交通戦略、岐阜市総合交通政策、そして岐阜市BRT導入推進計画と、目標と段階的な具体化を政策・施策にきちんと整理し位置付けられていることが大きな特徴であろう。長野市における新交通システムの導入調査、長野市版公共交通ビジョンの策定に向けて、参考にしたいところである。
*また、コミュニティバス13路線の利用者が多いことについてさらに調査が必要である。パークアンドライド推進のための「駐車場紹介システム」が施策化されていることと合わせて研究したい。
*連節バス導入の可能性について、現実感を持ちえたことが大きい。車両購入経費をどのように負担できるか、専用整備工場をバス事業者で確保できるか、回転半径を確保できる回転場所をどのように整備するか、或いは、南北交通軸(長野~若槻、長野~篠ノ井、長野~松代)に沿って8の字周りの循環線の路線再編が可能か、乗り継ぎ拠点=ミニバスターミナルの可能性、バス事業者2社間の調整(運行主体・路線など)などなどが課題として挙げることができよう。連節バス導入を決めている新潟市から、降雪時の運行について岐阜市に問合せが来ているとのこと、長野市も同様の条件となるのだが、岐阜市内は降雪がほとんどなく、参考となる事例とはならないようだ。降雪・凍結など気象条件も課題の一つとなろう。

岐阜市役所・議会棟のフロアーのトイレで。わかりにくい写真ですが、「長野市議会公共交通対策特別委員会の皆様へ」の感謝の言葉が…。トイレで気遣い、おもてなしですね。長野市議会でも早速に取り入れたいものです。


運転手さんをパチリ。前方部分です。


連節部分から後方をパチリ。後部は通路が狭くなっています。

関連記事

「ぐるりん号」電動バス出発式…全国初の長期実験

 19日、松ヶ丘小学校の40周年記念式典に続く祝賀会は乾杯で失礼して、中心市街地循環バス「ぐ

記事を読む

市民の幸せは何処に?…長野市長選挙の行方

 いろんな会合の度に、「市長選はどうなるの?鷲沢さんは出る気なのかね」と訊かれる日々が続いています。

記事を読む

給食

第四学校給食センター…新たな市民負担4億円で工事継続へ

 第四学校給食センターを巡る国補助金問題は、当面、市単独事業として継続することをもって一定の方向性を

記事を読む

建設予定地(病院からの借地)と園舎の配置構想。市側の資料より

二転三転、皐月保育園の移転先の「今」

 9月29日に、長野市立皐月保育園の移転改築の問題で、会派に説明がありました。  経過を簡単に報告

記事を読む

20584352

認知症見守りSOSネット…9月スタート

 認知症高齢者の行方不明が社会問題化する中、警察や消防だけでなく、企業や団体の協力のもと、市から伝達

記事を読む

29771

庁舎・芸術館…免震「不適合」の続報

建設中の市役所庁舎・芸術館の免震装置のデータ偽装による「不適合」問題で、16日午前、市議会総務委員会

記事を読む

長野市公共交通ビジョンのスローガン

公共交通ビジョンの施策展開を急げ【3月議会の質問より➍】

 公共交通ビジョンで掲げた課題の進捗状況を問いながら、利用促進・利用転換につながる施策の早期実施につ

記事を読む

150410おでパ見直し➊

おでかけパスポート利用者負担…200円上限に再見直し

 4月10日の会派合同会議で、市側から「おでかけパスポート事業、利用者負担の再見直し案」が示されまし

記事を読む

➡小市・蟹沢の浚渫要望、70センチの土砂が堆積

安全・安心な生活環境へ…現地調査

20日~21日、丸二日間をかけて、安茂里地区で建設部関係の現地調査。 天候に恵まれ順調に完了しまし

記事を読む

水道蛇口写真

値上げラッシュ【その3】…水道料金、平均5.49%の引き上げ

値上げラッシュ【その3】は、ライフラインである水道料金の引き上げについてです。 安全・安心な飲料水

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


20170817SS00001
長野市長選挙…予定候補への公開質問状に対する回答

長野市議会「改革ながの市民ネット」で取り組んだ市長選挙予定候補者に対す

IMG_1314
8月15日…忘れてはならないこと、語り継がなければならないこと

戦後72回目の8月15日は、義母の新盆で高崎で迎えました。 毎年

IMG_1302
母の一周忌法要と父の白寿祝い

昨年11月18日に他界した母の新盆です。 11日~12日、富山の

IMG_1223
松代大本営追悼碑建立22周年

8月10日、松代大本営朝鮮人犠牲者追悼平和祈念碑の建立22周年を記念す

IMG_1169
広島原爆の日

72回目の「広島原爆の日」です。 今朝は午前5時からの実践倫理宏

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑