長野市議会…飲酒運転撲滅の誓約に関する決議

長野県防災ヘリの墜落事故で、搭乗者9人全員が犠牲となりました。
長野市消防局から県消防防災航空隊に出向・派遣されていた2人も帰らぬ人となりました。
痛惜の念に堪えません。
人命救助に尊い使命感と情熱をもって従事していた皆様に、そしてご家族の皆様に心から哀悼の意を表します。

さて、長野市議会は本日7日、議員の酒気帯び運転による検挙という重大な事態を受け、「飲酒運転撲滅の誓約に関する決議」を全議員で議決しました。

このような決議をしなければならないこと自体が、極めて恥ずかしい限りだと思います。

二度と繰り返してはなりません。「誓約」を肝に銘じ、しっかり襟を正す所存です。


飲酒運転撲滅の誓約に関する決議

 交通法規を遵守することは、私たち国民の義務であり、とりわけ飲酒運転は絶対に許してはならない行為である。
 平成20年6月、長野市議会議員の飲酒運転により事故を起こす事件があり、これを深く反省し、長野市議会議員の政治倫理に関する条例を制定し、市議会一丸となって飲酒運転撲滅に取り組んできた。
 しかしながら、本年3月3日、本市議会議員が酒気帯び運転で検挙される重大な事件が発生し、市議会及び市議会議員に対する市民の皆様の信頼を著しく損なうこととなったことは誠に遺憾である。
 長野市議会として今回の事件を重く受け止め深く反省し、市民の皆様にお詫び申し上げます。再びこのような事件を引き起こすことがないように自らを厳しく律し、市民の皆様からの信頼回復に全力を挙げる決意をもって、改めて「飲酒運転の撲滅」を図ることを全議員が誓約する。
 以上決議する。

 平成29 年3 月7 日

長野市議会


話は変わりますが、元長野市議会議員で私の後援会長を務めていただいている宮﨑一さんが、6日夜、逝去されました。享年80歳です。

今朝方、奥様から一報をいただきました。
闘病生活を余儀なくされておりましたが、最近は小康状態と伺っていただけに、痛惜の念ひとしおです。

9日の葬儀には、市議会・委員会で参列できないため、今日、取り急ぎお別れに伺ってきました。

故人の遺志を引き継ぎ、力を尽くしたいと改めて決意します。

通夜:3月8日(水)午後6時 JA虹のホール篠ノ井
葬儀:3月9日(木)午後2時 JA虹のホール篠ノ井
喪主:宮﨑美裕様(ご長男)、音羽様(奥様)