*

「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

公開日: 長野市政/市議会

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初予算案を発表しました。

2月23日から始まる3月市議会定例会に提案されます。

対前年度当初比で12.1億円、0.8%増です。

「市民総元気予算」と命名…

「市民総元気予算」と銘打ち、健康・予防の推進や福祉の充実、「ながのベジライフ宣言」と「カンバックtoながの」を合言葉に、子どもから高齢者まで、全ての市民の皆さんが、元気で、ともに活き生きと暮らしていける“ながの”を実現する予算と位置付けました。

市側の説明では、財政規律を堅持するため、歳出の過度な増大を抑制しつつ、国・県の補助金などの財源を最大限活用し、財政調整基金(貯金)の取り崩しを4.4億円削減したこと。そして、市債(借金)についても、世代間の負担の公平を調整することが適当な事業以外は、できるだけ発行抑制に努めたことがポイントとして強調されています。

H30年度当初予算(案)【概要版】
H30年度予算(案)のポイント

【信濃毎日新聞より】

【信濃毎日新聞より】

三つの「よぼう」のキーワード

また、予算編成のキーワードとして、「予防」「呼ぼう」「輿望」の三つを挙げました。

「予防」は健康づくり「ベジライフ宣言」、「呼ぼう」は「カムバックtoながの」につながるキーワードでしょう。

「輿望」とは市民の声を聴く、いろいろな意見を聴くという意味で、行政だけでなく市民と共に、市民の声を聴きながら一緒に進めていくという意味あいを込めて、三つの「よぼう」にしたと説明されました。

約1500億円というなかなか実感がわかない予算案をわかりやすく解説したい、見える化したいとの問題意識は理解するのですが、でも、三つ目の「輿望」という言葉は一般的ではありません。大辞林では「世間の人々から寄せられている期待。衆望」と説明され、 「輿望を一身に担う」という表現になるそうです。でも、やっぱり、わかりづらい!!です。

新規事業・拡大事業の効果を厳しく見極めたし

スローガン上では、加藤市長2期目の問題意識を色濃く反映したものとなっていますが、「健康づくり」と「魅力ある産業・安定した雇用づくり」という視点から、具体的な政策・施策の展開において新規事業がどれだけ盛り込まれているのか、あるいは既存の施策を二つの視点から連携させつつ魅力ある施策として拡充されているのか、しっかりと検証して、3月議会の議案審査に臨みたいと思います。

とくに、健康づくりに関しては、「守る健康」施策の拡充と、「創る健康」という視点から食習慣・生活習慣の改善にとどまらず、総合的な健康行政の展開の必要性を痛感します。

例えば、山口県宇部市の「健康づくり推進条例」の制定による市を挙げた施策展開、2月に会派で視察した静岡県藤枝市の「“健康・予防日本一”ふじえだプロジェクト」や「健康マイレージ」の取り組みは参考にしたいものです。

公共施設の再編・維持に向け「基金」が造成

公共施設の縮減や統廃合などの本格化に備え、特定目的の「公共施設等総合管理基金」がようやくスタートすることになりました。「ようやく」というのは、公共施設の維持管理に必要な財源として基金を設置し備えることを、公共施設白書の策定時から提案してきたからです。

市役所第1庁舎や市芸術館建設のための基金を廃止して積立金を引き継ぎ、初年度は24億300万円を積み立てることに。3月議会に基金新設のための条例案が提案されるとともに、積立金はH29年度一般会計補正予算案に基金分として盛り込まれました。

基金積立金の目標と使い方については、まだ「バク」としているようです。H30年度中にまとめられる個別施設の見直し方針を踏まえ、必要経費や活用方法を検討するとしています。要チェックです。

元気が削がれる負担増も

新年度では、放課後子ども総合プラン(児童センター・こどもプラザ)の有料化、介護保険料の引き上げ(基準額で5,670円に、180円、3.3%の増)、さらには、国民健康保険事業の県単位化により、H30年度は保険料が据え置きされるものの、H31年度、H33年度にそれぞれ0.30%(一世帯当たり4,300円)引き上げを盛り込んだ「第1期財政健全化計画」が策定されました。

市民負担の増については、国の制度設計によるものが多く、自治体の取り組みとしてはやむを得ないものがあることを否定するものではあませんが、「市民総元気予算」の掛け声が、市民の心に響くのか、いささか疑問が残ります。

様々な市民負担の増に対し、市独自のセーフティネットの拡充が問われていると考えます。

関連記事

12月市議会の論点より➊

 12月市議会定例会は、4日に3会派の代表質問、5日には10議員が一般質問を行いました。  ポイン

記事を読む

「長野市ジビエ振興計画」新たにまとめ、食肉加工施設の新設へ

長野市はこのほど、“ながのきらめきジビエで元気な地域づくり”を掲げた長野市ジビエ振興計画をまとめまし

記事を読む

3月市議会始まる…市長の施政方針より

 27日、3月市議会定例会が始まりました。3月25日までの27日間の会期です。  施設建設のプロジ

記事を読む

96歳&90歳

実家・富山に居る私の両親は、ともに大正生まれで、父が96歳、母が90歳となります。 長寿の夫婦

記事を読む

9月市議会…一般質問の論点と私の質問

 7日から始まっていた本会議における一般質問が今日9日で終わりました。  週明け、常任委員会での付

記事を読む

特別委…権堂地区再生で「まちづくり協議会」と意見交換

[/caption] 「権堂地区再生の現状と課題を現場から探ろう」とまちづくり・公共交通対策特別委員

記事を読む

【ご案内】5/14長野市議会第4回議会報告会

5月14日午後2時から市役所第二庁舎10階「講堂」で、長野市議会が主催する第4回議会報告会が開かれま

記事を読む

松代大本営追悼碑建立21周年

8月10日、「松代大本営朝鮮人犠牲者追悼平和祈念碑」の建立21周年を記念する集いが松代大本営象山地下

記事を読む

「廃止決定を尊重する」…市長答弁の虚しさ

 23日、長野電鉄屋代線の廃止決定を受けて、市議会公共交通対策特別委員会で鷲沢市長と酒井活性化協議会

記事を読む

ごみ焼却施設建設が焦点に…長野広域連合議会

 涙した映画「ひまわり」の鑑賞の後、21日午後から開かれる長野広域連合議会へ。  半日の会期で

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


娘から届いた父の日カード

昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。

被害広がる震度6弱の大阪地震

6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死

17回目の長野市甚句・音頭交流会

17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン

飯綱高原スキー場…民間譲渡困難⇒廃止方針を考える

長野市は5月29日の政策説明会で、飯綱高原スキー場の運営から撤退、グリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑