風薫る風景

 5日の「花フェスタ」に続いて、春の風景をお届けします。

 4日、安曇野の国営アルプスあづみの公園に足を運びました。チューリップを観に出かけたのですが、早春賦100周年を祝う「早春賦音楽祭」が行われており、ラッキーなことに入場料は無料でした。地元の中・高生の吹奏楽部の演奏会が行われていました。
 清々しい春を満喫できました。

国営アルプスあづみの公園。遠くは常念岳です。ゆるキャラ「草太くん」が愛嬌を振りまいていました。


見頃となっているチューリップ、結構な種類があります


ホルンの演奏会も行われていました


 6日は、朝のNHKニュースで紹介された御代田町の「シャクナゲ祭」に出かけたのですが、凍霜でシャクナゲは全滅状態…。祭そのものは人出があり賑わってはいましたが、「ニュースはそこまでフォーローすべきでしょう」とぼやきながら、早々に引き上げることに。因みに、現地では、松ヶ丘保育園の園長先生のご家族にばったり遭遇しました。朝のニュース効果なのでしょうか?自然のなせる業、主催者に罪はありませんが、お互い、期待が裏切られたってところです。

シャクナゲの代わり? 八重桜が満開でした。


 御代田に向かう前に、姨捨の棚田を視察(?)。まだ水は入っていませんでしたが、棚田の原風景、味わいがあります。茶臼山公園のモノレールも視野に入れたのですが、込んでそうなので断念し、棚田に向かった次第です。

棚田に泳ぐこいのぼり…。懐かしさを覚えながら…です。


JR姨捨駅の近くから


 とまぁ、時間をみては出かけ、風薫る春を堪能できたゴールデンウィーク後半でした。