災害復旧・復興議会=12月定例会が終わりました

16日、12月市議会定例会は追加提案されたR元年度長野市一般会計補正予算(通常分・6億円)や条例改正案など46議案をすべて原案通り可決、また最終日に提案された教育委員や監査委員などの選出に同意し閉会しました。

災害復旧費を盛り込んだ212億円の補正予算案は議会初日に可決し、復旧・復興に向け速やかな執行を図ることになります。

利用料金の引き上げに反対する修正案は実らず

松代荘の日帰り入湯料や松代藩文化施設の利用料金の引き上げは原案通り賛成多数で可決されてしまいました。

改革ネットでは、二つの条例改定案に対し修正案をまとめ、経済文教委員会に提出、討論に臨んできましたが、委員会では賛成少数で否決に、本会議でも修正案を否決すべきとした委員長報告の通り原案が可決したものです。

昨日11日の長野市議会経済文教委員会で、委員会に付託された議案第139号「長野市国民宿舎松代荘の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例...

松代荘の日帰り入湯料の引き上げには鎌倉希旭議員が反対討論を、松代藩文化施設の入場料等の引き上げには、私が反対討論を行いました。

16日の議会最終日、松代藩文化施設の入場料金の2倍となる引き上げに反対し、改革ネットで提案した修正案に改めて賛同を呼びかけるため、原案な通り...

リニューアルに伴う松代荘の利用者増や重要な観光資源でもある松代藩文化施設の利用者増に果たしてつながっていくのか、厳しくチェックしていきたいと思います。

災害復興計画検討委員会の立ち上げへ

台風19号災害からの復興に向け策定する「災害復興計画」を検討する審議会が立ち上がることになりました。市の附属機関として審議会にあたる検討委員会を設置する条例改正案が追加提案され、原案通り全会一致で可決しました。

検討委員会は、被災6地区の代表者が参画するとともに、防災・減殺、農業や産業、福祉の専門家や地域づくりに取り組むNPOの関係者など20人以内で構成され、年明け1月に設置する方針です。

議案を審査した総務委員会の委員長報告では、「計画策定の過程において、議会への報告のみでなく、第五次長野市総合計画策定の際に行われた全員協議会の実績もあることから、議会が積極的にかかわり、意見を反映できる機会を検討するよう要望した」旨が盛り込まれました。

復興計画づくりには、被災者の皆さんの声もしっかりと踏まえ、議会として積極的に関わっていきたいと考えます。

甚大な被害をもたらした台風19号災害から生活や生業を再建していく道のりは長いものとなります。被災者の皆さんに寄り添い続けていく所存です。