*

放射能被害への備え、新市民会館建設に向けた市民合意の形成などで市長に要請

公開日: 長野市政/市議会


25日、直面する政策・施策課題について、市民ネットで市長に緊急要請をしました。(要請書はHP本編にPDF版で掲載
要請事項は、原子力災害及び放射能被害に対する備え(5項目)、新市民会館の建設(3項目)、第2次住宅リフォーム補助金の受付(1項目)など3課題9項目です。

「県の原発災害・防災計画をなぞって見直し」…3.11東日本大震災、福島第一原発事故を受けた「地域防災計画」の見直しにあたり、原発事故災害を想定した「原子力編」を構築することについては、県が取り組む防災計画の見直し骨子案を参考にして取りまとめる考えを示すとともに、「放射能に汚染された汚泥焼却灰の処分が大きな課題」としました。

「食物・食品の放射線検査、消費者庁の機器貸与事業の活用で」…また、汚染された食物・食品を摂取することによる体内被曝が懸念される今日、市民の食に対する不安を解消するため、市独自に「ゲルマニウム半導体核種分析装置」(約2千万円)を導入し検査体制を充実させることについては、市長は、消費者庁の機器貸与事業を活用し申請していることを明らかにしました。消費者庁が自治体に貸与する検査機器は簡易型の「ガンマ線スペクトロメーター」で、全国で24台。食材・食品に対する放射線検査に前向きな姿勢は一歩前進と評価するものの、全国で24台の貸与に長野市が当たるかどうかはわかりません。長野市に貸与が決まれば、それはそれで良いことですが、長期にわたる放射線検査が必要となることから、また中核市として独自に保健所を持つことからも、競争率の高い貸与事業に期待するよりも、市として機器を購入し恒常的な検査体制を作る方が、市民の安全に資する道になるのではないでしょうか。貸与事業の結果を見てから更に取り組みを強める必要があります。
さらに、1台導入した空間放射線の簡易測定器をさらに増やし、測定態勢を強化することについては、「現在は各課で連携して活用している。今後、必要となるかもしれない。検討課題」(市長)としましたが、簡易測定器の市民への貸し出しは「考えていない」と述べました。

「安定ヨウ素剤の備蓄、考えていない」…安定ヨウ素剤の備蓄も改めて求めましたが、「県でも備蓄しない方針であることから、今のところ考えてはいないが、対象者や服用のタイミング・方法など検討必要事項ではある。他市や国の動向を踏まえつつ研究したい」とするに止まりました。飯山市や松本市では既に備蓄を決定し取り組んでいます。県都長野市としての先見性が問われています。


新市民会館の建設にあたっては、合併特例債の5年間の活用期限の猶予を、改めて施設の必要性及び建設地をはじめ規模・機能、管理運営の在り方について市民合意を形成する有意義な時間と位置づけ、文化芸術活動の新たな拠点とする市民会館の在り方について再考することを強く求めるとともに、住民投票条例の僅差での否決を踏まえ、市民1万人規模のアンケート意向調査の実施も求めました。
「十分に協議を経てきた問題、計画通りで」…市長は、「市民会館の建て替えは十分な検討、協議を行ってきたもので、『計画通りに進める』ことを早計だとは考えていない。合併特例債の期限延長は正式決定していないが、工期的な余裕が生まれる点でメリットと考える。市民の意向調査についても考えていない」と従来の主張を繰り返すにとどまりました。また、来年度の地方財政計画や地方交付税の将来見通しについて「特段の懸念はない」としました。市民の関心事とのかい離を感じざるを得ません。12月議会の最大の課題です。

リフォーム補助金、抽選方式を提案…住宅リフォーム補助金の第2次受付にあたり、市民に不公平感と不満を残さないようにするため、ハガキによる事前申込みと抽選による書類審査といった手順に見直すよう提案しました。9月の第1次募集では400件の補助対象者決定に1カ月以上かかったことや事業者による代理申請が約半分であったこと、11月1日の広報で案内すること、年度内に事業を完結する必要がある事などから「12月募集は従来の先着順でいかざるを得ない」とする一方、「新年度における事業実施にあたっては検討課題としたい」と述べました。当面、成り行きを見守るしかないでしょうか。

この申し入れには、市長の他に部局長の皆さんらが大勢同席しました。全体的には「できない理由、しない理由」を聞かせられたなぁとの想いです。大震災・原発事故を踏まえ、市民の生命と健康を護るという自治体の一大責務にもっと前向きであってほしいと痛感します。40分位の時間しかなく、議論途中で切り上げざるを得なかったのですが、もっと議論を深めたいというのが率直な感想です。

11月には新年度予算編成にあたっての要望を会派として行うことになります。これから要望事項をまとめていくのですが、市民の皆さんからもご意見・ご要望をいただきたいと思います。

関連記事

議会質問から➌…地域公共交通網の整備と利用促進

◆長野市版公共交通ビジョン策定に着手…新交通システムの方向性決定後に  国では交通基本法の制定に、

記事を読む

長野市議会における議会活性化の取り組み

 低投票率を更新した昨年の市議選以来、喫緊の課題となっていた市議会基本条例の検証及び議会活性化の具体

記事を読む

市政直行便・号外を発行

市政直行便・号外を発行しました。 総選挙・比例代表選挙の準備・対応に追われ(一応、社民党県連合の副

記事を読む

改革ネットで行政視察…郡山市・八戸市・岩手県紫波町

 7月27日~29日、市議会「改革ながの市民ネット」で、福島県郡山市、青森県八戸市、岩手県紫波町を行

記事を読む

DBO方式の諏訪湖周クリーンセンターを視察

 12日、長野広域連合議会で、特別養護老人ホーム須坂荘と岡谷市の諏訪湖周クリーンセンター(広域ごみ焼

記事を読む

2017仕事始め&市役所NOW

”仕事始め”となる4日は、早朝のJR長野駅前での街頭新年あいさつから始まりました。 社民党の街頭宣

記事を読む

子どもの医療費助成…「入院」のみの対象拡大にとどまる

 長野市議会では7日、新年初めての会派合同会議が開かれ、加藤市長があいさつするとともに、懸案となって

記事を読む

3月議会質問より➋…情報もガラッと公開を

◆風通しの良い市政…情報公開の徹底を求める  「風通しの良い市政運営」は、加藤市長の基本姿勢として

記事を読む

新年度予算編成における重点政策・施策を提案

 27日午前中、市民ネットの「平成26年度予算編成における重点政策・施策の提案書」を加藤市長に提

記事を読む

3月定例会・質問より➊…おでかけパスポート、利用者負担200円上限を提案

 6日に行った一般質問から、質問の要旨と市側の答弁をまとめました。  まずは、「おでかけパスポート

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初

県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑