沖縄慰霊の日…平和の詩「生きる」

6月23日、沖縄慰霊の日。

摩文仁の丘で営まれた沖縄全戦没者追悼式。 沖縄県浦添市立港川中学校3年生・相良倫子さんが朗読した平和の詩「生きる」は心にしみいりました。
全文を転載します。

ビデオは毎日新聞のページへ。

「生きる」

私は、生きている。

マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、

心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、

草の匂いを鼻孔に感じ、

遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、

何と美しい島だろう。

青く輝く海、

岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、

山羊の嘶き、

小川のせせらぎ、

畑に続く小道、

萌え出づる山の緑、

優しい三線の響き、

照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、

生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、

島を感じる。心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさが

この瞬間の愛おしさが

今と言う安らぎとなり

私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちを

どう表現しよう。

大切な今よ

かけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

七十三年前、

私の愛する島が、死の島と化したあの日。

小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。

優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。

青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。

草の匂いは死臭で濁り、

光り輝いていた海の水面は、

戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、

燃えつくされた民家、火薬の匂い。

着弾に揺れる大地。血に染まった海。

魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。

阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。

私と何も変わらない、

懸命に生きる命だったのだ。

彼らの人生を、それぞれの未来を。

疑うことなく、思い描いていたんだ。

家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。

仕事があった。生きがいがあった。

日々の小さな幸せを喜んだ。手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。

壊されて、奪われた。

生きた時代が違う。ただ、それだけで。

無辜の命を。あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁の丘。眼下に広がる穏やかな海。

悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。

私は手を強く握り、誓う。

奪われた命に想いを馳せて、

心から、誓う。

私が生きている限り、

こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。

もう二度と過去を未来にしないこと。

全ての人間が、国境を越え、人種を越え、宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。

生きる事、命を大切にできることを、

誰からも侵されない世界を創ること。

平和を創造する努力を、厭わないことを。

あなたも、感じるだろう。

この島の美しさを。

あなたも、知っているだろう。

この島の悲しみを。

そして、あなたも、

私と同じこの瞬間(とき)を

一緒に生きているのだ。

今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。

戦争の無意味さを。本当の平和を。

頭じゃなくて、その心で。

戦力という愚かな力を持つことで、

得られる平和など、本当は無いことを。

平和とは、あたり前に生きること。

その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。

みんなと一緒に。

そして、これからも生きていく。

一日一日を大切に。

平和を想って。平和を祈って。

なぜなら、未来は、

この瞬間の延長線上にあるからだ。

つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。

誇り高き、みんなの島。

そして、この島に生きる、すべての命。

私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。

この青に囲まれた美しい故郷から。

真の平和を発進しよう。

一人一人が立ち上がって、

みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、

私の命が鳴っている。

過去と現在、未来の共鳴。

鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。

命よ響け。生きゆく未来に。

私は今を、生きていく。

6/24琉球新報社説
「沖縄のこころ」基地なき島の実現誓おう

戦後73年の沖縄全戦没者追悼式の平和宣言で、翁長雄志知事は昨年に続いて「沖縄のこころ」という言葉を口にした。それは悲惨な戦争の体験から戦争の愚かさ、命の大切さという教訓を学び、平和を希求する県民の思いのことだ。

翁長知事は平和宣言で、県民がこの思いをよりどころにして、焼け野原から「復興と発展の道を力強く歩んできた」と述べた。しかし、その「沖縄のこころ」は、戦後から現在に至るまで、ないがしろにされ続けてきた。
日本の国土面積の約0・6%でしかない沖縄に、米軍専用施設の約70%が集中して存在している。そのことによって生じる事件、事故、環境破壊などで県民は苦しめられ、生命と財産を奪われた。
この1年間だけでも、基地に起因する事故によって、何度も住民の生命が危険にさらされた。昨年10月、東村高江の牧草地に米軍普天間飛行場所属の大型輸送ヘリコプターCH53Eが不時着し、炎上した。12月には宜野湾市の普天間第二小学校の運動場にCH53Eの窓が落下し、近くの保育園でもヘリの部品が見つかった。

今年1月にはうるま市、読谷村、渡名喜村で米軍ヘリが相次いで不時着した。6月には嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄本島沖の海上に墜落した。事故原因も明らかにされないのに、2日後には同型機の飛行が再開されている。
そして日本政府は8月17日、名護市辺野古の新基地建設で埋め立て予定海域に土砂を投入する。この間の世論調査では県民の70~80%が辺野古移設反対の意思を示しているにもかかわらずだ。どこまで「沖縄のこころ」を踏みにじれば気が済むのか。

翁長知事は新基地建設について「唯一の解決策といえるのか」「沖縄の基地負担軽減に逆行しているばかりでなく、アジアの緊張緩和の流れにも逆行している」と批判し、新基地阻止について「私の決意は県民とともにあり、これからもみじんも揺らぐことはない」と断言した。会場からは大きな拍手が湧き起こった。「沖縄のこころ」がここにあるからだろう。

安倍晋三首相はあいさつで「沖縄の方々には、永きにわたり米軍基地の集中による大きな負担を担っていただいている。この現状は何としても変えていかなければならない」と述べた。その取り組みが辺野古新基地建設の強行だというのか。県民を愚弄(ぐろう)するにもほどがある。

相良倫子さん(浦添市立港川中3年)が朗読した平和の詩「生きる」は、こう詠まれている。
「心から誓う。私が生きている限り、こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを」
慰霊の日に誓いたい。沖縄を二度と戦争の島にしない。そしていつか、基地のない平和な島にすることを。