安茂里小学校…101回目の運動会

安茂里小学校運動会、紅組・白組のエール交換


安茂里小学校運動会、紅組・白組のエール交換


 6月1日、爽やかな初夏の風のもと、安茂里小学校の運動会が開かれ出席しました。101回目を数える伝統小学校の運動会です。
 昨年から校舎の耐震改修工事が始まり、グランド内にプレハブ仮校舎を建てているため、ちょっと手狭になったグランドですが、子どもたちの元気な歓声が響く中、グランド狭しと活躍する子どもたちに声援を送りました。
新1年生の玉入れ競技…1年生はかけっこと玉入れの競技参加で、練習日程の少なさをカバーされているようです。

新1年生の玉入れ競技…1年生はかけっこと玉入れの競技参加で、練習日程の少なさをカバーされているようです。

 安茂里小学校では早くから初夏の運動会です。信濃毎日新聞の報道によれば、運動会初夏に催す小学校は県下で約24%、昨年の1.7倍になっているとのこと。長野市内では約半数の小学校が初夏開催です。となっているとのことです。秋開催は、厳しい残暑の中での練習となり、熱中症など健康に配慮した対応になっています。
 お隣の山王小学校も今年から初夏開催になりました。同日開催だったため、山王小学校はメッセージで失礼しました。

 因みに安茂里小学校の運動会は紅組・白組同点・引き分けだったそうです。珍しいとのことですが、いい結果ですよね…。

 夕方からは、消防安茂里分団と安茂里地区各種団体との懇談会。地域住民の安全のために奮闘いただいている安茂里分団の皆さんに感謝を申し上げながら、しっかりと戴きました。
 安茂里分団は定数80人に対し71人、新人が2人入ったものの定数割れが続いているそうです。地域の理解を深め、団員を確保していくことが課題です。