長野市…7校9か所のブロック塀撤去へ

長野市教育委員会は6月26日、市立小中学校の危険なブロック塀の点検調査の結果、7校9か所にブロック塀が確認されたとして、いずれも老朽化していることから速やかに撤去する方針を示しました。

また、今後、追加で発見された場合も、速やかに撤去する考え方を明らかにしています。

撤去後は、フェンスなどを設置し校内安全を確保したいとしています。

大通り沿い。撤去される鍋屋田小学校のブロック塀

ブロック塀が確認され撤去される7校

◎鍋屋田小学校
◎加茂小学校
◎山王小学校
◎川中島小学校
◎信州新町小学校
◎信州新町中学校
◎大岡小学校
◎大岡中学校

改修ではなく撤去とした市教委の判断、評価したいと思います。速やかな対応を望むところです。

とはいえ、富山市奥田小学校における事件を考えると、侵入者をいかに阻むかといった観点からの安全確保も問われるところです。

通学路の安全確保も急がれる

次に課題となるのが、通学路の安全確保です。
6月議会の経済文教委員会では、571か所でのブロック塀が確認されています。

長野市建築指導課では、改めてブロック塀の安全点検を呼びかけるとともに、ブロック塀の撤去補助金を案内しています。

「ブロック塀の安全点検表」(市建築指導課HP)

プライバシーの確保や防犯に役立っているブロック塀ではありますが、地震で倒壊し事故が発生した場合には地権者としての安全管理が問われることにもなります。

何よりも通学路等の場合は子どもたちの生命の安全に最大限の配慮と対応を図りたいものです。

民家のブロック塀の撤去補助金は5万円が限度

長野市では、市道や県道に面した老朽化し危険なブロック塀、通学路に面した危険なブロック塀を撤去する場合に、経費の一部を補助する制度を用意しています。

補助金は5万円が限度とされています。

★基礎も含めて除却する場合
「除却費用の2分の1」または、「5,000円/メートル×塀の長さ」のいずれか低い方の額(補助限度額5万円)
★基礎を除却しない場合
「除却費用の2分の1」または、「3,500円/メートル×塀の長さ」のいずれか低い方の額(補助限度額5万円)

建築指導課「危険なブロック塀等の除却費に対する補助制度」へ

➡詳細は長野市建築指導課に問い合わせください。☏224-5076

危険なブロック塀撤去へ、支援策の拡充求められる

松本市では、ブロック塀を撤去し生垣に転換する場合に上限20万円の補助金制度を用意しています。

私有財産への補助・支援には慎重であるべきと考えますが、安全・景観・防犯の観点から、他自治体の事例も参考に、通学路の安全確保が進むよう、ブロック塀の撤去・生垣化への支援の拡充を考えるときでしょう。