劇団“空素”2017公演

「今年は公演ないのかね…」と妻と話をしていた折も折、届きました!2017公演の案内状。

須坂市内・高速道IC近くの「RESTO-BAR WEST」を会場にしての公演、題して『劇団“空素”2017 刑事ドラマ~Episode2~「煉瓦堂」』。
チラシweb01
劇団”空素“の主宰者は、安茂里在住の中村利通・祐子ご夫妻です。地域繋がり、子ども繋がりでお世話になっています。

劇団“空素”のHP

3日午後、2日目の公演に妻と出かけてきました。
IMG_0247
国際テロ組織の犯罪という「今どき」の社会問題をバックボーンにしての「刑事ドラマ」、愛おしくも哀しい人間ドラマを紡ぐ組み立ては、“空素”の真骨頂です(思い込みですが…)。

テーマは「ひとの心の闇」。時代の「今」が、さりげなく?盛り込まれている作・演出が「ミソ」だと勝手に思っています。

劇団の面々それぞれに何とも魅力的な“味”があります。笑いあり、涙ありで愉しませていただきました。ありがとうございました。

飲食を愉しみながらの観劇も“空素”さんならでは!です。

“空素”発足当時からのキャッチフレーズが、「“空素”は芸術じゃない、芸能だ!」だそうです。

なるほど…!奥深い!
チラシweb02
追加公演を検討中とか、決まったらアナウンスしますね。