市政報告会第一弾…小市地区から

 梅雨が明けました。猛暑の毎日です。夕方には遠雷が響き、11日夕刻のようなゲリラ豪雨が心配されます。それにしても、あいさつ周りには厳しい暑さですね。タオルを必需品にしていますが滴る汗はおさまりません。訪問宅でご馳走になる一杯の冷たいお茶は、まさに「命の水」です。

 

 さて、私の後援会主催による市政報告会が始まりました。安茂里地区では、今日の小市地区を皮切りに8会場で計画しています。お近くの会場に足を運んでいただければ幸いです。もっとも安茂里にお住まいの皆さんということになりますが…。市政報告会の日程はHP本編にPDF版で掲載しています。

 小市公民館で午後7時から開いた報告会には大勢の皆さんに参加いただき、激励を賜りました。ありがとうございました。

 

 私からは、大震災を踏まえた災害に強いまちづくりに向けた課題、市民活力の喪失につながる利用者負担の見直し問題、地域公共交通の再生、第一庁舎・市民会館の建て替え問題と住民投票条例への対応、そして3期目に向けた抱負などを重点にお話しさせていただきました。

 

 意見交換では、やはり、市民会館建て替え問題と防災対策に意見や提案が集中しました。「第一庁舎は建て替えでいいけど、市民会館はもっと議論が必要」「住民投票を実施して、市民の声を踏まえた対応が必要」「ゲリラ豪雨への対応で、避難の目安となるような基準はないものか」「災害時、登下校中の子どもの安全確保に妙案はないものか」などなど。

 お寄せいただいた意見をしっかり背負って、取り組みたいと思います。

 市政報告会に合わせ、市政直行便NO.27号外[安茂里版]を作成しました。