*

大震災3周年

公開日: 防災/安全

 東日本大震災、福島第一原発事故から3年です。
 市議会では、午後2時46分、子育ち・子育て対策特別委員会を中断して全員で黙とうをささげました。

 「復興を実感できる1年にする」との安倍首相の言葉は、未だに約26万7千人の住民が故郷を離れ避難生活を強いられている現実を前にすると虚ろにしか響きません。
 仮設住宅には約10万4千世帯が暮らし、岩手、宮城、福島の3県のプレハブ仮設住宅の入居率は約84%に上るといいます。同時期の入居率が50%台だった阪神大震災と比べて、暮らしの再建の遅れが際立っている現実が浮かび上がります。

 「復興の加速化」も安倍首相の言葉です。しかし、加速化が目立つのは防潮堤など巨額を投じる公共事業ばかりではないのでしょうか。
 農地に復活できもしない元農地を守るための防潮堤の建設、営農継続の見込みもないまま地盤沈下で3年間も海水に浸されているかつての優良農地の回復など、硬直化した復興策に、地元被災住民の声が届いているのでしょうか。
 被災地・被災住民にとっての復興にこそ、耳を傾け見直すべきは見直す政治の営みが求められます。

3.9つながろうフクシマ!広げよう脱原発!集会より

3.9つながろうフクシマ!広げよう脱原発!集会より

 そして「コントロール下にある」とされる福島第一原発です。今なお、収束の目途が立たないばかりか、ストロンチウムやセシウムが検出された高濃度汚染水の流出が続いています。
 原子力規制委員会は原発の再稼働審査に没頭し、汚染水に絡む測定も対策も東電に実質丸投げしたまま。新規制基準には汚染水漏れ事故の想定も対策も含まれていません。
 再稼働優先の態勢を見直し、汚染水処理や使用済み核燃料プールからの燃料集合体取り出し作業の対策などに力を注ぐことこそ、3年目の急務にしなければなりません。

3.9つながろうフクシマ!広げよう脱原発!集会より

3.9つながろうフクシマ!広げよう脱原発!集会より

 

「3.11手をつなぐ信州」代表の森永敦子さん

「3.11手をつなぐ信州」代表の森永敦子さん

 9日の午前中、南千歳公園で「つながろうフクシマ!広げよう脱原発!」をアピールする3周年集会が実行委員会の主催で開かれました。
福島県から松本市内に避難し、子どもたちの避難・保養に取り組む「手をつなぐ3.11信州」代表の森永敦子さんは「福島では76人の子どもに甲状腺がんが発症している。しかし報道されることはなく、子育て世代のお母さん、お父さんは不安な毎日を強いられている。避難しても2重生活が続く。これでいいはずがない」と訴えました。
 放射能汚染から子どもたちを守る、これも復興における不可欠な課題です。

「きっかけバス47」の学生の皆さん。東北での実体験を通して東北の今を感じ、 震災の教訓を学び、自分のコトバで家族や友人、大切な人、それぞれの故郷・地域の人たちに伝え続けてゆこうとの趣旨で活動する、学生が立ち上げた国民運動です。新鮮でした!

「きっかけバス47」の学生の皆さん。東北での実体験を通して東北の今を感じ、 震災の教訓を学び、自分のコトバで家族や友人、大切な人、それぞれの故郷・地域の人たちに伝え続けてゆこうとの趣旨で活動する、学生が立ち上げた国民運動です。新鮮でした!

関連記事

長野市消防ポンプ操法大会

 29日、長野市消防ポンプ操法大会の本番を迎え、大会会場となった県消防学校で声援を送りました。  

記事を読む

IMG_1598

マグニチュード6.7、震度6弱の大地震

 昨晩22時8分、長野県北部で震度6弱を記録した大地震。白馬村の被害は甚大です。長野市内の市街地では

記事を読む

阪神大震災から17年…防災をテーマに県議会研修会

 阪神大震災から17年。震度7の大地震で6,400人を超える尊い命が奪われました。そして、昨年の東日

記事を読む

あの日から1カ月

 大震災から1カ月。復旧、復興の兆しが現れてはいるものの、未だ続く大きな余震と福島原発事故の収束が見

記事を読む

震度6強の地震を想定した小市区防災訓練

[/caption]     「7月10日午後1時、長野県北部でM7.5の地震が発生、長

記事を読む

DSC01909

安茂里地区の避難勧告から一夜明けて…浮かび上がる課題

記録的な大雨で、全国各地に土砂災害や浸水・河川の氾濫を及ぼした台風16号。 長野市でも、20日

記事を読む

安茂里地区を襲ったゲリラ豪雨、床下浸水15世帯の被害

[/caption] [caption id="attachment_833" align="

記事を読む

被曝66周年非核平和行進

  [/caption]  子どもたちの未来に核のない平和な社会を!すべての原発を停止・

記事を読む

阿部守一県知事に原発災害対応を要請

[/caption]  阿部県知事に、地震災害対応と原発災害対応について社民党として要請を行い

記事を読む

避難所・小市公民館で。「足が悪いので早めに避難した」

高まる土砂災害の危険性

不安定な大気により、連日のように大雨警報、土砂災害警戒情報が発令される中、14日金曜日の夜20時50

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


logo01
サーバー移行で1週間ブログが停止します

1月15日から21日までの1週間、レンタルサーバーを移行するため、ブロ

34734
試行で始まる市議会政策等説明会

長野市では、重要な政策・施策について、市議会に対し月1回のペースで報告

20180109SS00001
在沖米軍ヘリの相次ぐ事故に抗議

在沖米軍ヘリの墜落・不時着事故が相次いでいます。人的被害はなかったもの

犀川河川敷で。小市区は5会場でどんど焼きが催されます。
どんど焼き…無病息災、希望つながる平穏な1年を願って

新年の風物詩…どんど焼きが各地で催されています。 「戌笑う」…戌

IMG_0332
2018長野市消防出初式

5日、凛として澄み切った青空のもと、H30年の長野市消防出初式が挙行さ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑