春闘本番

 2014春闘、大手産別の集中回答日となる12日、午前中からメルパルク長野で開かれた私鉄県連の春闘勝利総決起集会へ。
 私鉄の労働組合の統一要求は「定昇分2.0%+ベア分3,700円」です。連合傘下の産別と比べても私鉄は低賃金・長時間労働を余儀なくされていますから、当然の要求額です。
 京王や小田急、阪急などの大手組合の回答指定日は明日13日午後2時、地方の中小組合回答日は17日午後3時までとされています。
IMG_0703
 社民党を代表しての連帯挨拶で私は、2月の記録的大雪で路線バスや電車が運休となり、通勤・通学。通院の足が奪われた事態を振り返り、生活路線バスや交通機関の復旧を第一にした除雪・排雪体制の再構築に向け尽力することを約束するとともに、「労働運動にとって勝負の年である今春闘。私鉄の仕事は人生を運ぶ仕事。本来、誇りうる仕事であるにもかかわらず、誇れるような賃金・労働条件にない。誇れる職場と暮らしをとりもどそう」と訴えました。
格差をなくし、賃上げを勝ち取る、結果を出す春闘にしたいものです。
 ガンバロウ!
IMG_0709
 総決起集会に続いて、私鉄県連の青年女性部による「うたごえ総決起集会」が催され、各単組ごとに構成詩などが発表され、若々しい歌声に乗せて春闘勝利をアピールしました。

 若い皆さんの奮闘に期待!です。