緊急事態宣言を受けた県知事・長野市長のメッセージ

風邪や発熱等の症状が4日程度続く場合は下記に連絡・相談を

➡「新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口」(帰国者・接触者相談センター)

    平日の日中(   8時30分~17時15分):026-226-9964
    夜間・休日 (17時15分~  8時30分):026-226-4911(代)

再び、小・中学校、高校が休校に

長野市内の小中学校は4月13日(月)から24日(金)までの2週間で、長野市独自に13日から15日までの3日間は準備登校日として、休校中の学習の進め方や健康を保つための生活等を指導するとしています。

新学期が始まったばかりのタイミングで、保護者の間には理解と戸惑いがあると伝えられていますが、新一年生への特段のフォローと、児童センター・こどもプラザの受け入れ態勢の充実が求められます。

さて、7日の緊急事態宣言の発令を受けて、長野県知事及び長野市長がメッセージを発出しました。

「密閉」「密接」「密集」の3密を避けること、手洗い・マスク着用の徹底、発熱等の場合はまずは自宅待機、症状が続けば長野市保健所の「有症者相談窓口」に相談、宣言対象地域との往来自粛を呼びかける内容です。

テレビでは「コロナ報道一色」の様相で、感染防止策は周知されているものと思われますが、県知事、長野市長のメッセージを紹介します。

県知事のメッセージには、感染者、医療従事者等の人権への配慮も盛り込まれています。

長野県知事メッセージ【長野県HP】

長野市長メッセージ【長野市HP】

長野県知事のメッセージ

県外を対象とする緊急事態宣言がなされたことを受けた知事メッセージ
「ご自身や大切な方の命を守るためのお願い」

1 緊急事態宣言及び長野県の現状について

令和2年4月7日、政府は、7都府県を対象区域(※)とする緊急事態宣言を行いました。
長野県は対象地域には含まれていませんが、先週末から今週にかけて、県内でも感染確
認者の発生頻度が上がりつつあり、発生地域も県内7圏域に及んでいます。また、PCR 検査
の件数や、保健所への有症状相談件数が増加していることなどを総合的に考慮すると、明
日から2週間(4月 22 日まで)が、県内の感染拡大防止のために重要な時期「感染対策強
化期間」であると考えられます。

この難局を乗り越え、医療崩壊を防ぐために、国民として互いに協力し合いながら、感
染症のまん延防止に取り組んでいかなければなりません。

こうした状況を受けて、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止し、皆様の生命と
安全を守るために、次のとおり要請を行います。
(※)対象区域: 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県

2 往来の自粛について

緊急事態措置を実施すべき区域とされた上記の都府県への往来は、基本的に行わないで
ください。仕事等でどうしても往来が必要な場合は、人との接触機会を最大限減らし、滞
在時間もできるだけ少なくするなど、最大限の感染防止策を講じてください。
緊急事態措置を実施すべき区域にお住まいの方も、本県との往来は自粛してください。
ご家族やご親戚の方が上記の区域にお住まいの場合は、大変ご心配のことと思いますが、
今回の緊急事態宣言は、全国的な感染のまん延拡大を防ぐためのものであり、全国的に統
一した考えで取り組む必要があります。当該区域にお住いのご家族や知人の方とも連絡を
取り合っていただき、国や当該自治体の要請を踏まえ、ご自宅に留まるようお願いしてく
ださい。

3 感染防止策の徹底について

すべての県内の皆様は、自覚症状の有無にかかわらず、明日から2週間(4月 22 日まで)
は、県内の感染拡大防止のために重要な期間であるため、人混みを避け、意識して人との
接触機会を減らすなど、感染防止に最大の留意をしていただくようお願いします。

人と一緒にいるときは、できるだけ距離をとってください(ソーシャルディスタンシン
グ)。職場や飲食店等でも、座席の間をできるだけ広くとるなどの取組を行ってください。
現状に安心することなく、一人ひとりが手洗い、うがいなどの基本的な感染防止策を徹
底するとともに、いわゆる3密と呼ばれる集団感染が確認された場に共通する3つの条件
を避けるように、日々の生活の中で強く意識して行動するように強くお願いします。
①「換気の悪い密閉空間」を避ける。
②「多数が集まる密集場所」を避ける。
③「間近で会話や発声をする密接場面」を避ける。

4 緊急事態措置を実施すべきとされた区域に滞在していた方について

緊急事態措置を実施すべき区域に滞在していた方は、その翌日から 14 日間を経過するま
で、健康観察を行っていただくとともに、医療機関への通院、食料品・生活必需品の買い出
しなど必要な場合を除き外出しないようにしてください。職場においては、在宅勤務やテ
レワーク等での対応をご検討ください。
なお、外出に際してはマスクを着用するなど感染防止に十分留意してください。

5 症状のある方について

発熱等の風邪症状がある方は、定期的な検温など、ご自身の健康観察を行うとともに、
外出せず、他の方との接触を避けてください。また、医療機関における感染を防止するた
め、いきなり受診することは避け、あらかじめ保健所又はかかりつけ医に電話で相談の上、
指定された医療機関の帰国者・接触者外来等を受診してください。

6 感染者、医療従事者等の人権への配慮について

新型コロナウイルス感染症は、注意をしていても誰もが感染する可能性があるもので、
皆さんご自身も例外ではありません。

このことを踏まえて、患者・感染者、医療従事者や、緊急事態宣言が発出された地域等に
滞在していた方、県外から長野県に来られた方などへの、不当な差別や偏見、いじめ等が
生じないよう、冷静な行動をお願いします。

厳しい局面ではありますが、ご自身と大切な方の命を守るために責任のある行動をとる
よう強くお願いします。
県民一丸となって感染防止策を徹底し、互いに支え合いながら、この難局を乗り越えま
しょう。

長野市長のメッセージ

1.感染拡大防止対策の徹底をお願いします。

(1)「3密」をできるだけ避けてください。

「密閉空間」、「密集場所」、「密接場面」が重なる機会、場所は、集団感染が発生しやすくなりますので、これらの機会をできるだけ避けてください。

(2)手洗い、マスク着用の徹底をお願いします

外出する場合には手洗いを徹底し、やむを得ず人混みに入る場合にはマスクを着用してください。

(3)風邪や発熱等の症状が見られたら、自宅にとどまって様子を見てください。

毎日の体調に注意し、風邪や発熱等の症状が見られたら、自宅にとどまり、他者との接触を避けてください。

これらの症状が4日程度続く場合(高齢者等は2日程度)、または、強いだるさやけんたい感が見られる場合には、保健所の「有症者相談窓口」に相談してください。

  • 「新型コロナウイルス感染症有症状者相談窓口」(帰国者・接触者相談センター)
    平日の日中(8時30分~17時15分) : 026-226-9964
    夜間・休日 (17時15分~8時30分) : 026-226-4911(代)

2.緊急事態宣言の対象地域(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県)との往来を自粛してください。

(1)長野市にお住いの皆さまは、対象地域への移動を自粛してください。

仕事等によりやむを得ず移動する場合には、人との接触時間と滞在時間を最小限とし、手洗い、マスクの着用を徹底してください。

また、長野市に戻ってから2週間は、風邪や発熱等の症状に注意するとともに、人と接触する場合にはマスクを着用してください。

(2)対象地域にお住いの皆さまは、長野市を含む対象地域外への移動を自粛してください。

すでに、長野市に移動している場合には、対象地域を出てから2週間は、家族との接触を最小限とし、受診や生活必需品の買い物等以外の外出を控え自宅待機するとともに、風邪や発熱等の症状に注意してください。

3.事業所の皆さまは、従事者の健康状態に十分に注意してください。

事業所の皆さまは、従事者に対して風邪や発熱等の症状が見られないか毎日確認し、何らかの症状があれば、従事せずに自宅にとどまるよう徹底してください。