戸隠キャンプ場で「コテージ」キャンプ

大型連休の我が家のメインイベントは戸隠キャンプ場での「コテージ」一泊ツアーでした。

4日に娘たちが帰省し、5日~6日、家族揃って戸隠へ。

戸隠は我が家の定番・憩いの地です。テントキャンプはもはや体力的に無理?なため、トイレ・お風呂完備で調理器具や寝具も揃っている「コテージ」利用と相成りました。

5月の戸隠は、流石に夜半の冷え込みが厳しく(最低気温は6℃くらい)、コテージ内ではストーブを使うことに(ストーブも完備です)。テントキャンピングの皆さんが結構いらっしゃいましたが、冷え込みは堪えたと思います。

水芭蕉が見ごろのピーク、自然植物園の散策は、とても清々しく愉しむことができました。

今年は「燻製」に挑戦…20年前くらいに購入した燻製器を引っ張り出し、ベーコンやチーズ、うずら卵の燻製を嗜みました。出来具合は「まぁまぁ」ってところでしょうか。うずら卵は温度管理ができず爆発してしまいましたが…。ベーコン等の下ごしらえは妻が1週間前から大活躍でした。

家族揃ってのキャンピングは「今年が最後かもね」と話しながらの家族キャンピングツアー、充分にリフレッシュできました。

多少?無理をしながらも親に付き合ってくれる娘たちに感謝です。

写真をギャラリー形式で。クリックすると拡大されます。

余談ですが、戸隠キャンプ場はフリーサイト以外のコテージやバンガロー、区画サイトはオンラインの事前予約が必要です。4月10日午前9時から大型連休中の予約が始まったのですが、キャンプ場のHPサイトが繋がらない状態が続き、午後3時ごろになってようやく予約ページを開くことができ、予約することができました。

サイトへの集中によるフリーズ状態だったようです。改善方を市に要望しちゃいました。

繋がらない割には、予約可能段階でも空きが結構ありましたけどね…。

フリーサイトが魅力でロケーション最高の快適な戸隠キャンプ場、ディキャンプもできますから皆さんも是非ご利用ください。

ところで、フリーサイトのトイレが洋式シャワートイレで一新されていました。昔は結構3Kでしたから、娘たちはビックリ、「長野市(開発公社です)も、なかなかやるじゃん」と褒めていました。

戸隠キャンプ場サイト