新成人が運営…手づくりの安茂里地区成人祝賀会

◆地元安茂里地区の成人祝賀式に招かれ、出席してきました。いわば、今日が仕事始め。新成人を前に私は、「皆さんの未来が希望に満ちたものであることを願うとともに、これからの日本を背負う計り知れない可能性に大いに期待したい」と述べるとともに、「現実に目を向けると若者を取り巻く環境は大変厳しいものがある。躓くことがあるかもしれないが、くじけないでほしい。未来は変えることができるし、自分自身も変えることができる。自らの可能性を信じ、ファイトを持ってチャレンジしてもらいたい。他の人の痛みを自分の痛みにできる想像力を養い、両親・家族をはじめ、周りのすべての人々に対する感謝を忘れないでほしい」」とお祝いと励ましの言葉を贈りました。

◆今年から、新成人の皆さんが運営委員会をつくり、司会進行役を務めるなど手づくり成人式となりました。何度もリハーサルをしたそうです。簡素な中にも厳粛で華やかな成人式になったことを素晴らしく、うれしく思います。未来をつくる若者たちの活躍に大いに期待したいものです。

◆鳥取では大雪で大きな被害が出たようですが、長野は大変穏やかな三が日で何よりでした。ところで、年末年始はプライベートで結構動き回りました。

◆30日は、恒例行事なのですが、妻のご両親と姉妹家族の親戚会で軽井沢に一泊、我が家は娘たちも参加し久しぶりに全員が揃いました。

◆1日元旦は午前5時半からの社団法人・実践倫理宏正会の元朝式に参加、すがすがしい元旦のけじめといったところです。

◆2日は釧路に住む兄の二男・長女のダブル結婚披露の会で富山へ日帰りで。長女は東京に戻ったため、我が家は妻と次女の三人での出席に。認知症の母親も元気な顔で合流、晴れやかで賑やかな会でした。お祝いでノン・アルコールの日帰りは、ちょっと辛い(?!)ものがありますけどね。

◆そして、3日が午前に成人式。午後から家族で松代・象山神社に初詣してきました。善光寺や戸隠神社の混雑を避けての選択だったのですが、正解でした。願うところは…世界平和と景気の回復、そして家族の健康、次女の就職と盛りだくさんに。「学問の神」には応えられないかも、です。神頼みにしない取り組みが必要ですね。秋に向けての自分自身のことは、地道に実力勝負です。