*

公共交通対策特別委員会…屋代線存続問題を協議

公開日: 公共交通

■公共交通対策特別委員会が開かれ、昨年12月24日の第12回長野電鉄活性協議会に提出された論点整理の資料の説明を受けました。「長野電鉄屋代線の今後の方向性に関する資料」としてまとめられたもの。利用促進のための活性化策を中心に実証実験の継続や、沿線住民の声や取り組みを踏まえた慎重な判断を求める意見が相次ぐ一方、「沿線以外の市民の利用にはつながらない。冷静な判断も必要」との意見も出されました。

■私は、「総合連携計画では、しなの鉄道との接続改善や直通運転、バスとの接続改善など、H23年度に予定される利用促進のためのメニューが残されている。通勤等の利用促進を図るカギ。実証実験の継続が自然な流れである」ことを強調するとともに、「活性化協議会の議論は、沿線住民の想いや取り組みと距離感がある。バス代替ありきではないかといった沿線住民の活性化協議会や行政に対する不信を増幅させるようなことがあってはならない。国も住民判断の重要性を指摘している。沿線の想いや取り組みを重視した判断が求められている」と指摘しました。また、公的支援のあり方について、「行政の政治決断が求められる課題。沿線3市の首長の協議というテーブルも作るべきではないか」と提案しました。

■2月2日の第12回活性化協議会で、多数決で一つの方向性をまとめるという瀬戸際にある中、特別委員会として、来週中にも、沿線住民の代表、長野電鉄など交通事業者の代表、活性化協議会の会長(副市長)を参考人として委員会出席を求め、意見交換することを決めました。こうした意見交換を通して、特別委員会としての意見集約を最大限行い対応することをめざしたいと思います。また、発足した議員連盟の構成議員を通じて、当該自治体の活性化協議会員に対する働きかけを促進することも必要です。

長野電鉄に実証実験の継続を申し入れ

■この日、午前8時50分から、長野電鉄の笠原甲一社長らに対して、長野地区公共交通対策会議として「屋代線活性化に向けた実証実験の継続への参画」を要望しました。社長は「要望申し入れの趣旨はしっかりと受け止めたい」と述べる一方、「鉄路存続の選択は、税金の投入の公平性という観点から考えて、果たして妥当と言えるのか」「乗車密度450人では経営が維持できないことは明らか。沿線の移動手段の確保には責任を持ちたい。きめの細かいバス代替運行で黒字にできる計画を検討したい」と、バス代替を前提とした移動手段の確保に踏み込む姿勢を明らかにしました。ただし「活性化協議会で実証実験継続が決まれば、それに従い取り組む」とも述べました。

■社長から「布目さんがこんな風に考えているのは意外」と突っ込まれる場面も。交通事業者の経営の厳しさは理解しているのではと言いたかったのでしょう。私は、「経営の厳しさを十分に理解した上で、公共交通ネットワークにおける鉄道の存在意義、沿線住民の利用促進に向けた取り組みの発展性、可能性を考えた時、まだまだできることがある。赤字補てんは大前提だ。努力してもらいたい」と申し上げました。予定をオーバーし50分余り意見交換しましたが、平行線に終わったとの感は否めません。

■また昼前にはアルピコグループ・ホールディングスの堀籠代表が鷲沢市長に新年のあいさつに訪れ、一緒に立ち会いました。現在、再生計画の1年前倒し完了をめざすアルピコグループでは、交通事業部門の松本電鉄、諏訪バス、川中島バスの3社統合などを検討しています。私はスケールメリットやコストメリットから考えて3社統合に懐疑的な一人ですが、この日は、こうした問題には触れられず、和気あいあいといった感じの意見交換に終わりました。

■実は今日、このバス会社3社統合問題への対応についての対策会議が同時並行で開かれていたこともあって、まさに公共交通デーといった1日でした。

関連記事

私鉄中部の交通政策フォーラム…「公共交通の安全と安心」をテーマに

 9日~10日、静岡県浜松市の舘山寺温泉で、私鉄中部地連主催(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)の交通政

記事を読む

屋代線廃止決定から粛々と進む「バス代替」

[/caption]  28日、「廃止」を決めた長野電鉄屋代線活性化協議会の14回会議が開かれ

記事を読む

屋代線再生に向けた議論、平行線

   昨日、本会議での個人質問を行いました。屋代線存続問題に時間を取ったため、予定していた質問

記事を読む

公共交通利用促進アピール~長野県新総合交通ビジョンの学習会

[/caption]  「育てよう!笑顔を運ぶ公共交通」「乗って活かそう公共交通」を合言葉にJR長

記事を読む

私鉄協力議員団会議を再建

 30日、県内の民間交通事業者8社の労働組合でつくる私鉄県連で、地域公共交通の再生、交通政策の実現を

記事を読む

第4回信州バスまつり

10月1日、長野市西和田にある北陸信越運輸局長野運輸支局で、第4回バスまつりが催され、家族連れやバス

記事を読む

ライドシェア、ここが問題!…アルピコ労組で学習会

25日、アルピコ労組川中島バス支部の交通政策学習会に講師として参加し、一緒に学び合いました。 4

記事を読む

私鉄総連・2016交通政策フォーラム

 4月20日、全国から270人余を集め、私鉄総連の「交通政策フォーラム2016」が群馬県渋川市の伊香

記事を読む

第3回信州バス祭り

アルピコ交通長野支社で催された第3回信州バス祭り(長野県バス協会主催)は、好天に恵まれる中、約300

記事を読む

車いす使用の障がい者の路線バス利用で実地調査【その1】

 7日午前中、アルピコ交通長野支社が長野市障害福祉課の皆さんと一緒に、障がい者の車いすバス乗降につい

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


娘から届いた父の日カード

昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。

被害広がる震度6弱の大阪地震

6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死

17回目の長野市甚句・音頭交流会

17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン

飯綱高原スキー場…民間譲渡困難⇒廃止方針を考える

長野市は5月29日の政策説明会で、飯綱高原スキー場の運営から撤退、グリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑