*

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン…このほどH30年度の利用登録状況が公表され、6月議会の一般質問でも取り上げられています。

子どもの放課後の居場所の有料化は、保護者の経済的負担を重くし、子どもに自宅での留守番を強いる結果をもたらしています。子ども達の健全な育成が憂慮されます。

子どもたちの放課後の過ごし方の実態を正確に把握し、見直すべきは見直す市行政の姿勢が問われています。

登録児童数は632人の減、登録率で2.7%の減

5月1日基準日の登録児童数は、19,974人の児童数に対し8,354人で登録率は41.8%、H29年度に比べ632人の減、登録率ではマイナス2.7%です。

新1年生は登録率では0.3%増えたものの実数では▲80人、特に4年生が▲182人、▲5.5%、6年生が▲146人、▲4.8%と減少度が際立っています。

利用を継続しない理由…利用料負担のためが200件・21.6%

放課後子ども総合プラン事業にH30年度は利用を継続する予定がない児童を対象に実施されたアンケート(928人が回答)では、複数回答ですが、「利用者負担のため」が200件で21.6%、「留守番ができる」484件、「一緒に過ごす家族等がいる」108件、「習い事などで過ごす」68件などが687件、74.0%という結果です。

「利用者負担のため」のみを選択した保護者は200件のうち149件で利用継続しない世帯の16.1%とされます。

利用者負担に関するアンケートでは、利用者負担が導入されれば利用しないと答えた割合は13.4%でしたが、これを上回る傾向が伺えます。

学年別では、1年生が26件・28.7%、2年生が41件・20.2%、3年生が424件・19.0%。

ほぼ毎日利用のうち16.2%が利用をやめる結果に

利用頻度別では、週3日以上の利用で「利用者負担のため」を理由とした保護者は72件。
内訳は、1年生12件、2年生22件、3年生15件、4年生14件、5年生9件。

また、この72件のうち、「利用者負担のため」のみを選択した件数は50件。
内訳は、1年生8件、2年生15件、3年生10件、4年生9件、5年生8件。

利用者負担のみを理由として利用継続しない149件のうち、週3日以上の利用者が50件という数字は、週3日以上の利用と答えた309件のうち16.2%に相当します。

つまり、ほぼ毎日利用している利用者の10人につき1人~2人は、利用者負担のために利用をやめたことになります。

利用者負担が「少なからず影響」とする甘い認識

この傾向について、こども未来部長は「とりあえず登録していた世帯が登録を控えたことが要因と考えられるが、利用者負担は少ながらず影響している」と答弁(6月議会)しましたが、「少なからず」といえる数字ではありません。

「留守番ができる」からと答えた484件、52.2%の子どもは、家で1人で留守番を余儀なくされていることになるのでないでしょうか。

子どもたちに安全で安心な居場所づくりを目的とする放課後子ども総合プランは、目的に反し、「1人で留守番」を強いることになっています。

減免の適用は2,306人

減免制度が拡大される中、8354人の登録児童の内、減免適用は2306人、27.6%です。

経済的事情によるものが686人、8.2%。遠距離の地域性によるものが105人、1.3%。多子利用が1301人、15.6%。複数の減目面があるものは214人、2.6%となっています。

就学援助認定世帯は151人とされていますが、小学生の準要保護児童数は約2,500人であることを考えると、登録児童はかなり少ないように思われます。

また、ひとり親家庭の子どもの放課後子ども総合プランの登録状況も確認が必要です。

改めて問われる、放課後の子どもの居場所の在り方、そして子育て支援の質

子ども未来部長は、「細やかな対応が必要である」とし、4月以降2回にわたり、減免制度の周知を図っているとします。

個々の世帯の状況、子どもの状況に応じたきめ細やかな周知・勧奨が十分に行われているのか、検証が必要です。

改めて、放課後の子どもの居場所の在り方が問われます。子育て世帯への支援に何が問われているのか、子どもの育ちをいかに支えるのか、抜本的に考え直す必要があります。

【追記】6月議会の福祉環境委員会での審査のまとめへ

関連記事

入学式…安茂里小・松ヶ丘小が1学級に

4月5日、校庭の満開の桜が新入生を迎えました。 午前は小学校、午後は中学校の入学式でした。

記事を読む

郡山市…子ども総合支援センター『ニコニコこども館』

長野市議会福祉環境委員会の行政視察の報告です。 まずは、5月23日の福島県郡山市です。 放射線被

記事を読む

3期目の新たな任期、始まる…会派は市民ネットを継続

[/caption]  10月1日から新しい議員の任期となりました。実は1日が私の誕生日、選挙

記事を読む

広域連合議会…ごみ焼却施設405トン、1割規模縮小へ

 19日午後、長野広域連合議会定例会が開かれ、7億1,600万円余の新年度予算案などを可決しました。

記事を読む

路線バスによる危険箇所調査

年の瀬です。 昨日29日はアルピコ交通長野支社の仕事納め=年納め式に労働組合の委員長らと一緒に合流

記事を読む

12月議会の論点【備忘録・その1】

12月市議会定例会は4会派の代表質問を終え、個人質問が続いています。 11日には個人質問が終了し、

記事を読む

社会包摂型劇場経営の実践…可児市文化創造センターala➊

先週になりますが、27日、市議会経済文教委員会で岐阜県可児市の文化創造センターalaを視察して来まし

記事を読む

安茂里地区元気なまちづくり市民会議

 28日、安茂里地区元気なまちづくり市民会議が安茂里総合市民センターで開かれました。  今年は、住

記事を読む

3月市議会定例会の課題と私の質問

 明日5日から、代表質問、個人質問が始まります。  国の地方創生戦略を受け人口減少対策を重点化

記事を読む

長野市議会初の「市民説明会」

[/caption]  9月28日に長野市議会主催による「第一庁舎・長野市民会館建設基本計画決

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


前橋市…マイナンバーカードを活用した母子健康情報サービス

改革ネット視察報告【その3】は7月4日に訪問した前橋市におけるマイナン

盛岡市が取り組む官民連携事業と「サウンディング市場調査」

改革ネットでの行政視察報告【その2】です。 7月3日に訪問した盛岡市

震災から7年…岩手県陸前高田市の「今」

西日本豪雨から1週間、被災地での犠牲者は14府県で200名に及び、約7

危険なブロック塀の撤去…補助金を倍増、上限10万に

9日に開かれた市議会・政策説明会で、「ブロック塀等除却事業補助金」を拡

久石譲・市芸術館監督、辞任を表明

8日午後、長野市芸術館の初夏イベント、アートメントNAGANO2018

→もっと見る

    • 362,667 アクセス
    • 118今日の閲覧数:
    • 309昨日の閲覧数:
  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑