*

「憲法96条の改正発議要件の緩和に反対する請願」不採択に反対討論

公開日: 長野市政/市議会

 市議会最終日、憲法改正発議のハードルを低くする96条の改定問題について、標記の請願を不採択すべきとした総務委員会委員長報告に反対討論をしました。内容は下記の通りです。
 この請願に対する議決では、市民ネット2人、共産党5人、改革ながのの5人のうち4人、無所属議員3人の計14人が賛成しましたが、賛成少数で否決となりました。

 32番、市民ネットの布目裕喜雄です。

 請願第6号「憲法96条の発議要件緩和に反対する請願」を不採択すべきものとした総務委員会委員長報告に反対の立場で、すなわち憲法第96条の改正発議要件は緩和すべきではないという立場で討論します。

 日本国憲法が施行されてから66年余、主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法は、この66年間、私たちが進むべき方向を示してきました。また、日本が国際社会、とりわけアジア近隣諸国から信頼をかちとるうえで重要な役割も果たしてきました。

 今日、憲法は最大の危機に直面しています。安倍政権が本格的な改憲への準備として、まず第96条の憲法改正の発議要件を「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和しようとしているからです。
 最高法規である憲法の改正に、通常の立法よりも厳格な発議要件が課されるのは当然の事であり、時の政権や政治状況によって揺れ動くものであってはなりません。
また、内閣が政府の方針として「憲法改正」を掲げること自体が第99条にある憲法尊重擁護義務違反であって、立憲主義の本質を破壊するものといわなければなりません。
 さらに、改正の具体的な目的も示さず、手続きだけを先行させる手法は、国民を欺くものともいわなければなりません。

 96条の改正発議要件は厳格すぎるとの意見があります。しかし、他国の事例を見ても決してそんなことはありません。日本国憲法以上に高いハードルを設定している国があり、その厳格な要件のもとで憲法改正も行われています。
 最高法規である憲法の改正には厳格な要件が定められて然るべきなのです。
 
 時の為政者、政府与党である自民党の「日本国憲法改正草案」は、96条を改定し、憲法改正発議のハードルを低くした後に何が待っているのかを示しています。

 「公益及び公の秩序」の名の下に、表現や思想・信条の自由、集会結社の自由などを制限し、これまで「侵すことの出来ない永久の権利」であった基本的人権を歪め、時の為政者の都合で国民を縛り支配する社会が待っています。
 現憲法が定める「公共の福祉に反しない限り」との規定は、「他の人の人権を侵さない限り」と解釈されていることは論を待ちません。「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に置き換えることが重大な人権蹂躙につながることを注視しなければなりません。
 そして、国民に国防の義務を課し、国防軍という軍隊を創設、集団的自衛権の行使を容認し「戦争をする国」が待ち受けています。

 こうした96条改定後に何が待っているのかをさておいても、憲法の基本原理、立憲主義の原則は、権力に対して厳しい規制や制限を加え、主権者たる国民の権利を保障するものであることの重大さは、いささかも揺らいではなりません。この憲法の基本原理を180度変えて、憲法を権力側が国民を縛り支配する道具に変えることにつながる96条の改定は認めるわけにはいきません。

 「憲法が時代に合わない」、「国民の手に憲法を取り戻す」と言っている政府自らが、憲法理念と現実を乖離させてきたことを見過ごしてはなりません。1票の格差問題をはじめとした、立法不作為を解消し、憲法の理念に向けて現実を変えていくことこそが、憲法尊重擁護義務を負う政府と国会の責務でしょう。

 戦後、私たちの尊厳や生命や暮らしは、憲法によって支えられ守られてきました。憲法は主権者たる国民のものという大前提を譲ってはなりません。

 請願者の願意はここにあります。この請願を不採択すべきとした議員の皆さん、最高法規である日本国憲法の基本理念と基本原理に改めて思いをいたし、良識を持って態度表明されることを願い、反対討論とします。

関連記事

SN00022

1ヵ月前倒しで9月市議会定例会が始まりました

 久々の更新です。ご容赦ください。  真夏日、猛暑日が続きます。熱中症にはくれぐれもご注意ください

記事を読む

3月市議会始まる…市長の施政方針より

 27日、3月市議会定例会が始まりました。3月25日までの27日間の会期です。  施設建設のプロジ

記事を読む

防災の日…総合防災訓練

[/caption]  「防災の日」の9月1日、川中島中学校グランドを会場に長野市総合防災訓練が行

記事を読む

IMG_0379

どうなる?どうする?若穂の路線バス

「どうなる? 若穂の路線バス 長野市の公共交通は~長野市公共交通ビジョンから若穂の路線バス、地域の足

記事を読む

6月定例市議会始まる

 6日から21日までの会期で6月定例市議会が始まりました。  4億2400万円余を追加する一般会計

記事を読む

まちづくり・公共交通対策特別委の行政視察➋…高松市編

 2月8日、2日目の香川県高松市は、「高松丸亀町商店街再開発事業」と「ICカード“IruCA”」がテ

記事を読む

IMG_0386

「免震ゴム交換が原因」の報道に構造家が反論…日経アーキテクチュアの特集記事

3月19日に、「3月議会質問より➊…庁舎・芸術館に686箇所のひび割れ 第三者の専門機関による検証を

記事を読む

水道蛇口写真

値上げラッシュ【その3】…水道料金、平均5.49%の引き上げ

値上げラッシュ【その3】は、ライフラインである水道料金の引き上げについてです。 安全・安心な飲料水

記事を読む

19324

“朝令暮改”の「市長宣言」

加藤市長が新たな重要政策として「人口減少社会への反抗宣言」をまとめ明日の記者会見で発表するとしたもの

記事を読む

長野市のシンボル決定過程に残る不透明さ

 ながのシティプロモーション実行委員会が決定した長野市のシンボルとなる「キャッチフレーズ」と「ロゴマ

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


20170718SS00001
ベートーヴェン「田園」を聴く

「長野市から発信する夏の音楽フェスティバル」と銘打ち、7月8日から始ま

市長も参加しテープカット
飯綱高原にフォレストアドベンチャー・長野オープン…ジップスライドを体験

15日、飯綱高原・大座法師池南側の森林内に整備された「フォレストアドベ

避難所・小市公民館で。「足が悪いので早めに避難した」
高まる土砂災害の危険性

不安定な大気により、連日のように大雨警報、土砂災害警戒情報が発令される

DSC_0054
土砂降りの中、共謀罪施行に抗議

昨日11日夕方の大雨は、市内北部一帯の8,835世帯に避難勧告の発令と

20170710SS00001
【案内】「議会報告会」改め「市民と議会の意見交換会」…7月23日に開催します

7月23日に長野市議会主催で「市民と議会の意見交換会」を開きます。

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑