*

「憲法96条の改正発議要件の緩和に反対する請願」不採択に反対討論

公開日: 長野市政/市議会

 市議会最終日、憲法改正発議のハードルを低くする96条の改定問題について、標記の請願を不採択すべきとした総務委員会委員長報告に反対討論をしました。内容は下記の通りです。
 この請願に対する議決では、市民ネット2人、共産党5人、改革ながのの5人のうち4人、無所属議員3人の計14人が賛成しましたが、賛成少数で否決となりました。

 32番、市民ネットの布目裕喜雄です。

 請願第6号「憲法96条の発議要件緩和に反対する請願」を不採択すべきものとした総務委員会委員長報告に反対の立場で、すなわち憲法第96条の改正発議要件は緩和すべきではないという立場で討論します。

 日本国憲法が施行されてから66年余、主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法は、この66年間、私たちが進むべき方向を示してきました。また、日本が国際社会、とりわけアジア近隣諸国から信頼をかちとるうえで重要な役割も果たしてきました。

 今日、憲法は最大の危機に直面しています。安倍政権が本格的な改憲への準備として、まず第96条の憲法改正の発議要件を「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和しようとしているからです。
 最高法規である憲法の改正に、通常の立法よりも厳格な発議要件が課されるのは当然の事であり、時の政権や政治状況によって揺れ動くものであってはなりません。
また、内閣が政府の方針として「憲法改正」を掲げること自体が第99条にある憲法尊重擁護義務違反であって、立憲主義の本質を破壊するものといわなければなりません。
 さらに、改正の具体的な目的も示さず、手続きだけを先行させる手法は、国民を欺くものともいわなければなりません。

 96条の改正発議要件は厳格すぎるとの意見があります。しかし、他国の事例を見ても決してそんなことはありません。日本国憲法以上に高いハードルを設定している国があり、その厳格な要件のもとで憲法改正も行われています。
 最高法規である憲法の改正には厳格な要件が定められて然るべきなのです。
 
 時の為政者、政府与党である自民党の「日本国憲法改正草案」は、96条を改定し、憲法改正発議のハードルを低くした後に何が待っているのかを示しています。

 「公益及び公の秩序」の名の下に、表現や思想・信条の自由、集会結社の自由などを制限し、これまで「侵すことの出来ない永久の権利」であった基本的人権を歪め、時の為政者の都合で国民を縛り支配する社会が待っています。
 現憲法が定める「公共の福祉に反しない限り」との規定は、「他の人の人権を侵さない限り」と解釈されていることは論を待ちません。「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に置き換えることが重大な人権蹂躙につながることを注視しなければなりません。
 そして、国民に国防の義務を課し、国防軍という軍隊を創設、集団的自衛権の行使を容認し「戦争をする国」が待ち受けています。

 こうした96条改定後に何が待っているのかをさておいても、憲法の基本原理、立憲主義の原則は、権力に対して厳しい規制や制限を加え、主権者たる国民の権利を保障するものであることの重大さは、いささかも揺らいではなりません。この憲法の基本原理を180度変えて、憲法を権力側が国民を縛り支配する道具に変えることにつながる96条の改定は認めるわけにはいきません。

 「憲法が時代に合わない」、「国民の手に憲法を取り戻す」と言っている政府自らが、憲法理念と現実を乖離させてきたことを見過ごしてはなりません。1票の格差問題をはじめとした、立法不作為を解消し、憲法の理念に向けて現実を変えていくことこそが、憲法尊重擁護義務を負う政府と国会の責務でしょう。

 戦後、私たちの尊厳や生命や暮らしは、憲法によって支えられ守られてきました。憲法は主権者たる国民のものという大前提を譲ってはなりません。

 請願者の願意はここにあります。この請願を不採択すべきとした議員の皆さん、最高法規である日本国憲法の基本理念と基本原理に改めて思いをいたし、良識を持って態度表明されることを願い、反対討論とします。

関連記事

2692615

市長、市議会と密接な協議必要とする重要施策16案件を提示

 7日、長野市議会「改革ネット」総会に出席した加藤市長は、H28年度において、長野市議会と密接な協議

記事を読む

SN00026

公共施設マネジメント…特別委視察から長野市に”活かしたい点”

 日曜日夜半から38.5度の熱と咳、鼻水でダウン。不摂生が祟ったのでしょうか。  26日、総務委員

記事を読む

市議選を振り返って[その1]…争点

 選挙戦から1週間、議会内は会派の動向が焦点になっています。市議選を振り返っての雑感を独り言的に綴っ

記事を読む

サッカースタジアム改修費80億円含む補正予算案、賛成多数で可決

 24日、本会議が開かれ、南長野運動公園総合球技場の改修費80億円を債務負担行為に設定する一般会計補

記事を読む

「音楽を日常に」…久石譲氏の芸術監督内定披露パーティ

パーティで挨拶する久石譲氏[/caption]  昨日6日午後5時から、新しい市民文化芸術会館の

記事を読む

SN00114

値上げラッシュ【その2】…国民健康保険料13.5%の引き上げ

値上げラッシュ【その2】は、国民健康保険料の引き上げ問題です。 国民健康保険料…13,448円

記事を読む

介護保険カット

【お知らせ】政策フォーラム…「どうなる?どうする!これからの介護保険」

明日の話。 27日(水)午後6時半から長野市ふれあい福祉センター5階ホールで、「どうなる?どうする

記事を読む

SN00099

12月議会…課題と論点【その4】「慎重な憲法論議を求める請願」、修正のうえ可決

 12月議会で、9月議会定例会に長野地区憲法擁護連合(護憲連合)から提出され、継続審査となっていた「

記事を読む

DSC02605

信州新町フェア2016

市議会経済文教委員会の委員長として、各地区のイベントや収穫祭に招かれ出席させていただいています。

記事を読む

150725市政直行便NO.40_c(安茂里版)_page0001

市政直行便NO.40安茂里版を発行

市政直行便NO.40安茂里版号外を作成し、地元のあいさつ回りに活用しています。 支持者の皆さんから

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_1360
運動会、敬老会あれこれ…

★今日24日は安茂里差出中区の敬老祝賀会(ホテル信濃路)。 ホントに

IMG_1369
2017小市志奈埜市神社秋祭り、そして村舞

犀川神社の秋祭りに続き、22日・23日は小市志奈埜市神社の秋祭り。

2017犀川神社秋祭り…県無形民俗文化財の杜煙火

星が輝く夜空に、花火の大輪が開き、見事な仕掛け花火が輝きました。

IMG_1366
大義なき解散・総選挙…改憲議席勢力3分の2を許さない国民審判に

急浮上した解散・総選挙…。 既に、28日の臨時国会冒頭の解散、10月

20170915
9月議会…一般質問・注目すべきトピックス

「またか!いい加減にしてもらいたい!」…怒りがこみ上げる15日の北朝鮮

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑