*

「憲法96条の改正発議要件の緩和に反対する請願」不採択に反対討論

公開日: 長野市政/市議会

 市議会最終日、憲法改正発議のハードルを低くする96条の改定問題について、標記の請願を不採択すべきとした総務委員会委員長報告に反対討論をしました。内容は下記の通りです。
 この請願に対する議決では、市民ネット2人、共産党5人、改革ながのの5人のうち4人、無所属議員3人の計14人が賛成しましたが、賛成少数で否決となりました。

 32番、市民ネットの布目裕喜雄です。

 請願第6号「憲法96条の発議要件緩和に反対する請願」を不採択すべきものとした総務委員会委員長報告に反対の立場で、すなわち憲法第96条の改正発議要件は緩和すべきではないという立場で討論します。

 日本国憲法が施行されてから66年余、主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を掲げた日本国憲法は、この66年間、私たちが進むべき方向を示してきました。また、日本が国際社会、とりわけアジア近隣諸国から信頼をかちとるうえで重要な役割も果たしてきました。

 今日、憲法は最大の危機に直面しています。安倍政権が本格的な改憲への準備として、まず第96条の憲法改正の発議要件を「各議院の総議員の3分の2以上の賛成」から「過半数の賛成」に緩和しようとしているからです。
 最高法規である憲法の改正に、通常の立法よりも厳格な発議要件が課されるのは当然の事であり、時の政権や政治状況によって揺れ動くものであってはなりません。
また、内閣が政府の方針として「憲法改正」を掲げること自体が第99条にある憲法尊重擁護義務違反であって、立憲主義の本質を破壊するものといわなければなりません。
 さらに、改正の具体的な目的も示さず、手続きだけを先行させる手法は、国民を欺くものともいわなければなりません。

 96条の改正発議要件は厳格すぎるとの意見があります。しかし、他国の事例を見ても決してそんなことはありません。日本国憲法以上に高いハードルを設定している国があり、その厳格な要件のもとで憲法改正も行われています。
 最高法規である憲法の改正には厳格な要件が定められて然るべきなのです。
 
 時の為政者、政府与党である自民党の「日本国憲法改正草案」は、96条を改定し、憲法改正発議のハードルを低くした後に何が待っているのかを示しています。

 「公益及び公の秩序」の名の下に、表現や思想・信条の自由、集会結社の自由などを制限し、これまで「侵すことの出来ない永久の権利」であった基本的人権を歪め、時の為政者の都合で国民を縛り支配する社会が待っています。
 現憲法が定める「公共の福祉に反しない限り」との規定は、「他の人の人権を侵さない限り」と解釈されていることは論を待ちません。「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に置き換えることが重大な人権蹂躙につながることを注視しなければなりません。
 そして、国民に国防の義務を課し、国防軍という軍隊を創設、集団的自衛権の行使を容認し「戦争をする国」が待ち受けています。

 こうした96条改定後に何が待っているのかをさておいても、憲法の基本原理、立憲主義の原則は、権力に対して厳しい規制や制限を加え、主権者たる国民の権利を保障するものであることの重大さは、いささかも揺らいではなりません。この憲法の基本原理を180度変えて、憲法を権力側が国民を縛り支配する道具に変えることにつながる96条の改定は認めるわけにはいきません。

 「憲法が時代に合わない」、「国民の手に憲法を取り戻す」と言っている政府自らが、憲法理念と現実を乖離させてきたことを見過ごしてはなりません。1票の格差問題をはじめとした、立法不作為を解消し、憲法の理念に向けて現実を変えていくことこそが、憲法尊重擁護義務を負う政府と国会の責務でしょう。

 戦後、私たちの尊厳や生命や暮らしは、憲法によって支えられ守られてきました。憲法は主権者たる国民のものという大前提を譲ってはなりません。

 請願者の願意はここにあります。この請願を不採択すべきとした議員の皆さん、最高法規である日本国憲法の基本理念と基本原理に改めて思いをいたし、良識を持って態度表明されることを願い、反対討論とします。

関連記事

イノシシ「牡丹鍋」

「長野市ジビエ振興計画」新たにまとめ、食肉加工施設の新設へ

長野市はこのほど、“ながのきらめきジビエで元気な地域づくり”を掲げた長野市ジビエ振興計画をまとめまし

記事を読む

鷲澤市長の引退表明

 「新幹線金沢延伸など本市を取り巻く環境が大きく変わろうとする中、これまで培ってきた本市のまちづくり

記事を読む

IMG_0860

「共謀罪」法の廃止求める請願…不採択に反対討論

26日、市議会6月定例会最終日、長野地区護憲連合などから提出されていた『「共謀罪」を盛り込んだ改正組

記事を読む

市民ネット…新年度予算編成にあたっての重点政策・施策の要望

[/caption] 12月議会前のことになりますが、11月27日、市民ネットとして市長に対し、H2

記事を読む

長野以北並行在来線への新駅設置の現状と課題

 H26年度末の北陸新幹線金沢延伸に伴い、JR東日本から経営分離される長野以北の並行在来線は、第三セ

記事を読む

12月市議会の課題(その1)…加藤市長の議会への基本姿勢

 20日午前中、会派合同会議が開かれ、11月29日から開会する12月市議会の議案等が報告されました。

記事を読む

総務委員会行政視察➌…[豊田市編]

 22日に訪問した愛知県豊田市の視察テーマは、「地域自治区制度と地域自治システム」です。 ■地

記事を読む

150410おでパ見直し➊

おでかけパスポート利用者負担…200円上限に再見直し

 4月10日の会派合同会議で、市側から「おでかけパスポート事業、利用者負担の再見直し案」が示されまし

記事を読む

INC提供の長野市政ニュースと屋代線「請願」の行方

 「長野市議会3月定例会、きょうの一般質問でも、長野電鉄屋代線の存続について、議員から厳しい

記事を読む

IMG_1138

新統一会派「改革ながの市民ネット」を結成

明日10月1日から、新しい議員の任期がスタートします。4期目です。 これに先立ち、今日9月30

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


logo01
サーバー移行で1週間ブログが停止します

1月15日から21日までの1週間、レンタルサーバーを移行するため、ブロ

34734
試行で始まる市議会政策等説明会

長野市では、重要な政策・施策について、市議会に対し月1回のペースで報告

20180109SS00001
在沖米軍ヘリの相次ぐ事故に抗議

在沖米軍ヘリの墜落・不時着事故が相次いでいます。人的被害はなかったもの

犀川河川敷で。小市区は5会場でどんど焼きが催されます。
どんど焼き…無病息災、希望つながる平穏な1年を願って

新年の風物詩…どんど焼きが各地で催されています。 「戌笑う」…戌

IMG_0332
2018長野市消防出初式

5日、凛として澄み切った青空のもと、H30年の長野市消防出初式が挙行さ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年1月
    « 12月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑