3期目の新たな任期、始まる…会派は市民ネットを継続

娘達から届いたバースディカード。「歳を重ねてより素敵に」のメッセージにしみじみと感謝!

 10月1日から新しい議員の任期となりました。実は1日が私の誕生日、選挙戦での『選挙広報』では53歳だったのですが、1日付で配布された「広報ながの」に挟まれた議員紹介ページでは54歳!に。当たり前のことなのですが、ここにきて1歳の差は大きい!と思うのは、私だけでしょうか…。

 娘たちからカードが届きました。選挙戦に際しては休みを取って応援・手伝いに来てくれていました。「社会人になって父の苦労が少しはわかる。かっこいいよ」「歳を重ねてより素敵になっていく父を応援してる」との言葉は、照れくさいもののとても嬉しいメッセージです。ブログを通じて娘たちに感謝を伝えておきます。

 さて、今日3日には、新しい議員が勢ぞろいし全員協議会が開かれ、新しい議員バッジをいただきました。3期目・4年間の任期、市民に約束したことを実行しなければ…、改めて身も心も引き締め臨みたいものです。

 また、3日には会派の届け出が行われ、私は池田議員とともに市民ネットを継続することにしました。「連帯を求めて孤立を恐れず」…少数会派ですが、存在感を発揮していきたいと思います。最大会派の新友会は18人で過半数に届かず、政信会は5人で「改革ながの」に衣替え、共産・公明は現状維持。新たな会派構成のもとで、誤解を恐れずに言えば「面白い議会」にしたいものです。10月11日・12日には臨時議会が開かれ、議会の構成等を決めることになります。波乱含みとなるか、5日の会派代表者会議の成り行きに注目です。

 いずれにしても、市民会館建て替え、放射能汚染への備え、屋代線・鉄路の存続、権堂再開発、長野駅善光寺口の開発など、直面する課題も山積しています。10月の臨時議会では本格的な議論にならないと思われますが、12月議会までこのまま持ち越すことはできません。いろんなアクションを起こしていきたいと思います。

選挙戦で手伝いに来ていた娘からもらった善光寺のお守り。ずっと身につけてました。「今頃」の写真ですが…