*

屋代線、多数決で「廃止」に!…総意といえるのか

公開日: 公共交通, 長野市政/市議会

 「何とか電車を残したい一心で今日は来た。屋代線の廃止はまさかの結論で極めて残念だ。なんでこんな簡単に電車が廃止になるのか」…星沢重行・若穂地区住民自治協議会会長の憤りの声だ。

 長野電鉄屋代線の今後の方向性を決めるために開かれた第12回長野電鉄活性化協議会は、屋代線を廃止しバス代替に転換する方針を多数決で決めた。会では「鉄道による実証実験の継続」、「鉄道の一時休止」、「鉄道の廃止」の三つの案について、会長を除く26名の委員による無記名投票が行われ、「廃止」が14票、「実験の継続」が11票、「白紙」が1票の結果に。過半数ギリギリの14票を得た「廃止」に決められた。 

第二庁舎10Fの講堂で開かれた活性化協議会、沿線の皆さんで傍聴席も一杯に。

 今後、バス運行の本格稼働まで活性化協議会は継続し、まずバス路線やバス停などについて調査研究し、バス運行計画を素案としてまとめ、次回2月24日の活性化協議会に諮り決定するとされた。また、長野電鉄は「廃止届がむやみに伸びるというのは好ましくない。早急にバスの路線を協議会で決めてもらうことが望むところ」と述べ、屋代線の廃止届をバス運行計画の決定後に提出する考えを示した。廃止届提出から原則1年後に鉄道は廃止となる。

 「実証実験の継続」は、沿線の若穂・松代地区の両住民自治協が連名で要望し、長野市議会公共交通対策特別委員会としても意見をまとめ要望してきた案である。千曲市議会も同様の態度決定をし、昨日1日には「屋代線を考える議員連盟」としても実証実験継続を協議会会長に要望してきた。投票になれば厳しいであろうことは予想していたものの、沿線の真剣な想いと決意が、協議会委員の心を突き動かし、実験継続への活路を切り開けることに一縷の望みを託していただけに、愕然たる重い失望感が募る。極めて残念な結果だ。しかも、「一時休止」がゼロで、1回目の投票で「廃止」に決定することは全くの想定外であった。 

無記名投票に臨む沿線代表、「廃止」14票、「継続」11票、「白紙」1票の結果に

 「屋代線は自分たちの鉄道。自分たちの鉄道だから自分たちで守っていきたい。地元の負担も検討し、存続への知恵を出し合いたい」とする沿線の訴えは、「廃止」票を投じた委員の心情には響かなかったようだ。また「いすみ鉄道の取り組みに学び利用促進策以外で収益を上げる取り組みなど活性化策を見直すべき」との学識委員の意見も顧みられなかった。存続を訴え続けてきた古平委員は委員を辞任した。筋を通した行為であると思う。

 「廃止」票を投じた委員の皆さんに問いたい。今までの協議会の中で「廃止やむなし」と意見表明した委員はいらっしゃいましたか? 本当に真剣に活性化策を検討されたのですか? 事務局提案を黙って追認してきただけではないですか? こんな形で、沿線住民の想いに責任を持てるのですか? 住民の意見や議会の意見はどのように顧みられたのですか?

 しかし、活性化協議会が「廃止」を決めたとしても、これで終わりではないはずだ。鉄道の廃止届が出されてから、沿線の住民運動によって再生された事例も多くある。沿線住民の皆さんが悔しい思いとともに行政への不信感を募らせているであろうことは容易に想像できる。しかし、これで終わりにしてはならない。あきらめないでほしいと心から願う。

 そもそも、地域公共交通活性化再生法に基づき、屋代線の活性化を協議するための組織で「廃止」を決めてしまうことが適法・適正なのか。「11対14」という僅差での決定が果たして「協議会の総意」と言えるのか。沿線住民の合意なき方針決定は、「市民・行政・事業者の協働による公共交通の再生」の必要条件を満たしているのか。協議会の委員構成に問題はなかったのか。バス代替で本当に移動手段が確保できるのか、マイカー利用への回帰を一層助長するだけに終わってしまうのではないか。「駅」なき屋代線沿線のまちの活性化に展望はあるのか。根本的な疑問を数多く残しているといわなければならない。

 2月4日には公共交通対策特別委員会が開かれる。活性化協議会の結論が全てではない。議会=「政治の次元の議論」となる。論点整理を急ぎたい。

関連記事

会派で行政視察…所沢市~大田区~相模原市

 12日から一泊二日で、「市民ネット」で行政視察に出かけました。「改革ながの」の皆さんとの合同視察で

記事を読む

放射能被害への備え、新市民会館建設に向けた市民合意の形成などで市長に要請

25日、直面する政策・施策課題について、市民ネットで市長に緊急要請をしました。(要請書はHP本編

記事を読む

「憲法96条の改正発議要件の緩和に反対する請願」不採択に反対討論

 市議会最終日、憲法改正発議のハードルを低くする96条の改定問題について、標記の請願を不採択すべきと

記事を読む

広島市のバス活性化基本計画とマツダスタジアムetc.

 31日~1日、私鉄総連自治体議員団の総会と私鉄交通政策自治体議員懇談会の総会のため、広島市を訪問し

記事を読む

下水道料金の賦課漏れ1億7,500万円余に…多大な損害!

 3月議会で発覚した下水道料金の賦課漏れ問題で、6月10日に詳細な調査結果が議会に公表されました。犀

記事を読む

【ご案内】5/14長野市議会第4回議会報告会

5月14日午後2時から市役所第二庁舎10階「講堂」で、長野市議会が主催する第4回議会報告会が開かれま

記事を読む

市役所・芸術館建設…最終工期、8月上旬に

 連休前の18日の市議会総務委員会の報告です。信濃毎日新聞7月19日付は「工期を8月上旬に示す」方針

記事を読む

「長野市・新交通システムの導入可能性」について勉強会

 30日夜、長野地区公共交通対策会議の主催で、市が市民意見を募集している「新交通システムの導入可能性

記事を読む

子育て世帯臨時特例給付金…7月から受付に

 消費税率の引き上げに伴い、子育て世帯への影響を緩和するための「臨時特例給付金」は、H26年1月1日

記事を読む

12月市議会定例会が始まりました

 28日、12月市議会定例会が始まりました。12月16日までの19日間の会期です。  初日は、

記事を読む

Comment

  1. 西山おやき より:

    たった1回きり・1年足らずの『実験』で廃止とは(怒)、C&R実験なんかたったの1ヵ月間(7月)だけだったし・・・(春から秋の半年間かけて実施するべきだったとおもったのだが)ホントに活性化の為の『実験』になったのかは甚だ疑問。

    『実験』するなら課題・改善点を洗い出して、いろいろなアイディアを試し(利用増だけでなくて)、複数回(最低でも2~3回以上)やってそれでもダメならわかるのだが。
    長野市のクルマ・道路偏重で交通弱者・公共交通軽視はどうかと思う。交通不毛地帯をこれ以上増やさないでほしい。すべてのひとが運転免許を持ってクルマで動いている訳ではないのだ!→そもそも協議会の連中(口が汚くてすいません)はバスとか電車に乗ったことが有るのか?疑問だ・・・

  2. 三井 選矢 より:

    屋代線を日々使っている会社員です。
    ふるさとの風景に溶け込んでいる屋代線は輸送手段と言う役割だけでは言い表せない存在である。耳から入ってくる電車の音も屋代線の沿線に住む住民には欠かせ無いものである。

    いすみ鉄道の社長のような考え方をもって存続を勝ち取って欲しい。
    自分の子供、孫にも屋代線を残してやりたい!!

  3. りんご電車 より:

    活性化法の持つ根本的な欠陥がモロに出た結果ですね。

    本気で残したいのであれば新会社が長野電鉄から路線ごと譲り受けるしかありません。

    全国的にもそれ以外の手法で残った路線はなく、既存事業者が継続している路線はあくまでも経過措置という対応です。

    必要であれば手伝いますのでご連絡下さい。

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


「市民総元気予算」と命名されたH30年度予算案

長野市は15日、総額1,499億5,000万円のH30年度一般会計当初

県交運…交通・物流で県に要請

15日、長野県交通運輸労働組合協議会で県政要請を行いました。

バレンタインデー

娘たちからバレンタインデー・プレゼントが届きました。 長女からは

市政直行便NO.48…今更の新春号です

2月も既に半ばを過ぎようとしている時期になってしまいましたが、市政直行

新年度…市役所の組織・機構見直しの「ハテナ」?

9日から始まった平昌冬季五輪…メダル獲得がすべてとは思いませんが、ジャ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年2月
    « 1月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728  
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑