善光寺花回廊

 11回目を迎えた善光寺花回廊。今回は、花びらで路上に絵を描く「花キャンバス」や、花のポッドを並べる「タペストリーガーデン」など、素敵な手作り企画で春の街を彩りました。

「つながり」をテーマにしたタペストリーガーデン


 3日の夜に娘たちが帰ってきて、久しぶりに家族全員が揃ってGW後半を過ごしました。4日の午前中、善光寺花回廊を観に出かけ、善光寺参りへ。結構な人出でした。こんな賑わいを日常的に創り出したいものです。
 花回廊で彩られた中央通りは、片側通行規制(善光寺方面のみ通行可)でした。全面歩行者天国にできなかったのでしょうか。セントラルスクウェア付近では、歩行者優先道路化が進み歩道が広くはなっているものの、イベント時、ゆったりと歩く環境とは言い難い状況にあります。
 商店街やバス事業者の理解はもとより、市民皆の理解と協力が不可欠ですが、臨時駐車場・シャトルバスの運行状況など、GW時の混雑解消策と合わせて、マイカー規制・ゆとりある歩行者空間の在り方について、検証しなければと思います。

こいのぼりをかたどった花キャンパス


 このGW後半…市政直行便を印刷し、配布用に折ったりの時間に結構費やしましたが、温泉につかりに行ったり、それなりにまったりとした時間を過ごすことができました。市政直行便ですが、8ページ立てにしたため、A3・2枚を組み合わせなければならず、手間がかかってしまいます。経費削減で外注に出していないが故の手間、仕方ないか…です。

 GW最終日の6日、突然の竜巻と突風によって大きな被害を被りました。異常気象です。地球が壊れ始めていると感じるのは大袈裟なのでしょうか。北アルプスでは遭難で尊い生命が奪われもしました。自然への軽率なる驕りともいえる事故です。
 5日には日本の原発すべてが止まりました。「原発全面停止」を束の間の出来事ではなく、再稼働なしで今年の暑い夏を乗り切りたいものです。

5月5日、東京・芝公園で開かれた「原発ゼロの日 さようなら原発5・5(ゴーゴー)集会」、5,500人が参加したとのこと。長野市内でも市民団体による集会が取り組まれました。


 地球規模で考え、心して自然との共生に向かいたいものです。

家族連れの微笑ましい光景があちこちで