小市・称名寺で火災…大事に至らず安堵

昨日13日、あいさつ回りの途中、14時45分発の市防災メールで「安茂里小市3丁目、小市保育園の西北西でその他火災発生」の知らせが入り、急遽、現場に駆け付けました。

火災発生は称名寺のお墓で、消防局と消防団による消火作業が続いていました。

樺の火が燃え移ったものと思われ、お墓にあるケヤキや竹藪が燃え、一時は10メートル以上の火の手が上がっていたとのこと。称名寺の小市保育園の園児たちは一時、近所の住家に避難するなどし、被災を免れました。

16時36分に鎮火。称名寺の庫裏や近隣の住宅への延焼を食い止められたことが不幸中の幸いです。大事に至らず、安堵しつつ、現場を後にさせていただきました。

お盆の最中、黒焦げになってしまったお墓の持ち主の皆さんには 誠にお気の毒です。心からお見舞い申し上げます。

猛暑に加え乾燥が続いています。お墓参りの際には、樺や線香の火を完全に消してお参りしたいものです。

バーべキューを愉しむ皆さんもいらっしゃると思います。残り火の完全消火を。くれぐれも火の用心です。

消防の皆さん、暑い中での消火・鎮火作業、大変お疲れさまでした。