夏祭り始まる

日本列島を東から西へ逆走した台風12号、人命にかかわる被害がなかったことは何よりの幸いですが、復旧・復興に取り組む西日本の被災地は疲労困ぱい状態です。

台風一過、猛暑がぶり返しています。ご自愛ください。

28日の土曜日は、雨の中とはなりましたが、篠ノ井合戦祭り、大豆島甚句祭り、若穂ふれあい踊りなど夏祭りが盛大に行われたとのことです。

私の地元でも地域単位の夏祭りが始まりました。
28日は犀北団地区で公民館主催の子ども神輿と夏祭りが行われ、皆さんと一緒に安茂里甚句や炭坑節の踊りに参加しました。

櫓を囲んで安茂里甚句

子ども達に大人気。スーパーボールすくい。

老若男女の皆さんが集い賑わいを見せました

今週末8月4日には長野市の風物詩であるびんずる祭りが。地域では8月11日には差出南区の夏祭り、14日~15日は小市4区合同の盆踊り大会などが予定されています。

天候に恵まれ、盛大に開催されることを願います。

29日・日曜日の朝は、中止・延期決定をしたものの後援会のマレットゴルフ交流会に顔を出される方がいてはいけないとと思い、犀川第一マレットゴルフ場へ。
雨の中、中御所地区の皆さんが9人でプレーされていましたが、案内不徹底で見える方はいらっしゃらず、胸をなでおろしつつ、会場を後に…。

犀北団地の夏祭り会場でも、マレットに申し込んでいた方々から「中止は正解ですよ、秋に盛大にやりましょう」と声をかけていただきました。
台風は想定外でしたが、早い段階での中止決定は「正解」でしたということで納得です。