何と”敬老のお祝い”が届きました!

何と「敬老の日」に合わせ、私たち夫婦に敬老のお祝いが届きました。

差出は1歳になった孫の「真子」です。母親となった次女の気遣いで、グランパ・グランマ宛のお祝いだそうです。

夫婦ともに63歳、「敬老」といわれるとやや複雑?ですが、「いつまでも元気で長生きを」との娘のあったかい心遣いには「ありがとう」ですね。

お祝い品は「鰻」です。「ひつまぶし」に調理してもらい、美味しくいただきました。

地域で毎年行われる「敬老祝賀会」は、コロナ禍で2年続きで開催が見送られています。外出機会が減り、息苦しい悶々とした日々を送られていることと推察いたしますが、ワクチン接種を終え、感染防止策をしっかり講じつつ、徐々に外出が回復していくことを願わずにはいられません。

安茂里地区老人クラブ連合会が24日に計画されている、地区内の金婚式・米寿等を迎えるご長寿を祝う秋季大会は、予定通り催されます。出席させていただきます。

黒姫高原のコスモス