総合後援会代表者会議…宿題多し

看板は再利用…。総合後援会であいさつ。

 26日夜、総合後援会(宮﨑一会長)の代表者会議を催しました。私の後援会組織は、地元の安茂里後援会(塚田武司会長)、そして支援労働組合の労組後援会(下平文雄会長)、そして重点地区の地域後援会の3本柱で構成されています。そして全体をまとめる形で総合後援会を作ってもらっています。
 
 安茂里後援会では昨年12月に「役員・世話人総会」を開いてもらい、祝勝会を兼ねた市政報告会を行いましたが、この度は総合後援会のいわば代表者会議で、50人余の役員に集まっていただいての選挙戦の総括会議です。選挙から既に半年以上が経過していますが、市政報告を兼ねての会合となりました。

 女性後援会、青年・壮年後援会を作ること、地元である安茂里地区以外にもしっかりとした後援会組織を作ること。支援労組に頻繁に顔を出し「布目市議」の存在感を定着させることなどなど、応援いただく皆さんから新しい宿題を沢山いただきました。
 支援いただく皆さんの大きな期待に応えられるよう、しっかり取り組みたいと思います。

酒間とはいえ、真面目に要望を聴いているところです。


数少ない女性参加者、女性後援会の組織化は一大課題です…。

 実は、私自身は、地元で安茂里甚句保存会の総会があり、合流できたのは会議の終わり間際。慌ただしく挨拶と市政報告をさせていただき、懇親会の場面でしっかり交流させてもいました。後援会の皆さんからの温かい叱咤激励は本当に有難いものです。明日ヘの活力になります。

 ところで、安茂里甚句保存会総会は、総会のみの参加で懇親会は失礼しました。すみません…。地域の伝統芸能の保存・継承に尽力されている皆さんには脱帽です。「安茂里甚句を無形文化財に」との声を受け止め、努力したいと思います。この件については教育委員会と相談してきていますが、今のところはまだかなりハードルが高いというのが実情です。課題を整理し、詰めていきたいと考えます。

 この日の後援会の会合に間に合わせる形で、市政直行便NO.31安茂里後援会版・号外を作成し、ホームページ本編に掲載しました。これまでブログに書いてきたことをまとめたものです。8ページ立てになってしまいました。これから地元を中心に配布活動に取り組みます。5月一杯かかりそうです。
 ご近所に配布していただける方がいらっしゃれば、ご連絡ください。ご協力をお願いします。

 ★市民と市政をつなぐ…布目ゆきおホームページ本編