深まる秋を感じながらマレットゴルフ交流会

素晴らしい秋空となった28日、「布目市議を囲んで…第13回マレットゴルフ交流会」を催していただきました。

私の後援会と実行委員会の主催によるものです。

マレットゴルフには96名の皆さんにエントリーしてもらい、スタッフを含め110名を超える皆さんと楽しいひと時を過ごすことができました。

7月下旬に計画した交流会は厳しい猛暑のため延期し、今回の開催の運びとなったものです。

8月には、初回以来、事務局長を務めてきていただいた小柴見の村田英實さんが急逝され、黙とうから始まる開会式となりました。改めて深く哀悼の意をささげるものです。

マレットゴルフは男性では玉井洋光さん(大豆島)が56で優勝。女性の部では、プレーオフの末、保科富子さん(安茂里小柴見)が62で優勝という結果になりました。

表彰式の場面より。塚田武司実行委員長からは、手作りの副賞をたくさん用意いただきました。写真後方の品です。

親睦交流が目的ですが、日ごろから研鑽を磨く”つわもの”ぞろいで、素晴らしいスコアでの争い(?!)です。ブービー賞で91のスコアですから…。

皆さん、溌溂でお元気です

ニアピン賞ゲームより

給水係で活躍?

今年は、大門公民館創立50周年の記念式典・祝賀会と重なり、プレーには参加出来ませんでしたが、式典後にグランドに戻り、給水係です。

ゲームの後は、恒例のBBQ交流。焼きそばと焼き肉を食しながらの懇親会です。BBQ交流を愉しみに参加いただくメンバーも結構いらっしゃいます。

アルピコ労働組合川バス支部の執行部の皆さん、後援会事務局の皆さんに準備してもらいました。お世話をかけます。ありがとうございました。

今回も、東京から娘たちが応援に駆けつけてくれました。今年は、9月に入籍した長女のハズバンドも参加です。スペインのバルセロナ出身です。

彼には、写真係をお願いしました。

「国際色豊かなマレット大会だね!」と参加者の皆さんから声をかけていただきました。娘たちにも感謝です。


取り急ぎの第一報。詳細は写真ギャラリーで紹介します。

さて、最後に、中抜けで出席させていただいた大門区公民館創立50年記念式典です。

大門公民館創立50周年記念式典より。前安茂里公民館長の宮下健司さんの記念講演です。式典のみの出席で、講演会と祝賀会は失礼しました。