2014年次の市政報告会を催しました

12月20日午後から安茂里公民館で「市政報告会」を催していただきました。安茂里後援会主催によるもので、雪で足元の悪い中でしたが、当日参加を含め100人余りの皆さんにご参加いただきました。
IMG_5611

村田英實・副会長(小柴見)の進行で、太田弘一・副会長(伊勢宮)が開会あいさつ、塚田武司・会長(小市)が主催者を代表し「住みよい安茂里をつくるため奮闘している布目市議を支えていただいていることに心から感謝申し上げる。来年はいよいよ改選期。地元安茂里の代表として期待と支持が一層広がるようご支援願いたい」と挨拶。

来賓では、中村昭さん・安茂里地区住民自治協議会会長から「布目市議のブログを欠かさず拝見している。市議の目線で市政全般にわたり課題が綴られており、感心しながら読ませてもらっている。国道の歩道整備や相生橋の改修、アルピコ交通犀北線の見直しの課題などでは、率先して課題解決に動いていただいている。地元安茂里地区には欠かせない議員。ますますの活躍を期待している」と激励を賜りました。

また、竹内久幸・県議会議員からは「政策通で県政課題でも知恵を発揮してもらっている。長野市議会をけん引する議員の一人。市民のために加藤市政を厳しくチェックし、長野市議会の活性化に向けて中心的役割を担ってもらいたい」と励ましをいただきました。

さらに、宮崎一・総合後援会長、成澤栄一・後援会顧問団代表らからも来年の改選に向け檄を飛ばしてもらいました。
141220市政報告会を開きました_page0003
第一部の「市政報告会」は、山本員也・副会長(小市)の閉会あいさつでいったん閉めて、第二部の「親睦交流会」に。

乾杯を山口修・前自治協会長(犀北)に発声いただき、和やかに懇親・交流を深めることができました。

結びは、荒井孝男・小市区長さんの提案で、中村昭・自治協会長から一本締めで力強く締めていただきました。

私の市政報告では、急いでまとめた『市政直行便NO.37』の内容を交えながら、地震や大雪の教訓を踏まえた災害対策の充実にはじまり、加藤市政の評価と課題、大規模プロジェクトの進捗における課題や介護や子育てなどの市民生活の課題、利用者負担の見直しの問題点、そして、安茂里地区の課題等について、報告させてもらいました。
 【市政直行便NO.37⇒141220gikainews_37

IMG_5614
国道19号の歩道整備、JR安茂里駅踏切の拡幅、市道差出犀北線の歩道整備、マンボ橋の改修など安茂里の懸案課題について、「目に見える成果」となっていないことをお詫びしつつ、市側の考え方を踏まえ少しずつできていることを報告しながらご理解を求めさせていただいた次第です。

その上で、4期目に向けた決意の一端を述べさせてもらいました。
安茂里地区を原点に市民の皆さんの幸せのために力を尽くしていきたいと思います。

ご参加賜った皆さんに心から感謝申し上げます。ありがとうございました。
これからは、各地区毎の市政報告会に取り組んでいきたいと考えます。
IMG_5628
IMG_5634IMG_5632IMG_5593
IMG_5641