15年の永年勤続議員表彰

全国市議会議長会から永年勤続表彰として15年表彰を受賞しました。

6月11日の全国市議会議長会定期総会で発表され、6月議会最終日の14日、小林治晴議長から伝達いただきました。

これに先立ち、5月8日には北信越市議会議長会からの15年表彰も受賞させていただき、議長から表彰状をいただきました。

左が小林議長、右が寺沢副議長です。

45歳で初当選以来、早いもので4期16年が経ようとしています。

今の議会で議員4期生は私一人だけです。同期がいないというのも寂しいものです。H15年(2003年)初当選の時は確か8人の新人が当選されたのですが、2期で引退されたり、任期途中で辞職されたりといろいろあってのことです。同期だった公明の太田昌隆さんは今や国会議員です。

議員15年で表彰され、「おめでとうございます」と声をかけていただくのは、なんとも面映ゆいものです。

とはいえ、15年表彰は、私の自力によるところではなく、私を支え15年間の議会活動にご理解をいただいている支持者の皆さんのおかげです。支持者の皆さんへの表彰という意味合いで、喜びを分かち合いたいと思います。心から感謝申し上げます。

初心に立ち返り、幸せ実感できるまちづくりを目指し、微力ではありますが、引き続き愚直に力を尽くす所存です。

ありがとうございました。頑張ります。

全国市議会議長会の表彰は記念品があり、ルビーをあしらった議員バッヂを頂戴しました。15年はルビーだそうです。

なかなか身に着けることはありませんので、写真で紹介します。

因みに、わが改革ネットには13期目という松木茂盛議員がいらっしゃいます。市議52年目という経験と才腕には頭が下がります。50年表彰の記念品はダイヤモンド!の議員バッヂだそうです。

とても真似できません!