「ながの市議会だより」に掲載された12月議会の代表質問

2月1日付で全戸配布された「ながの市議会だよりNO.105」に、12月定例会での代表質問の要旨が掲載されました。

ご覧いただいた皆さんから、「質問が市民目線でわかりやすい。頑張っているね」との励ましの言葉を頂戴しています。

ブログでは詳細な報告をしてきているところですが、質問の要旨としてポイントがまとめられていますので改めて紹介します。

長野市議会公式サイト「ながの市議会だよりNO.105」(PDF版)6ページ目です。

議会だよりの質問要旨は「問」と「答弁」を質問者(私自身)が原稿を作成し、議会報編集委員会で精査・確認された内容が掲載されることになっています。

1ページにまとめてみました。jpegの画像です。

【関連】12月定例会の代表質問のポイントをまとめたページです。

12月5日の代表質問では、「市長の市政運営の基本姿勢」など10のテーマで質問を行いました。一定前向きな答弁が示される一方で、後ろ向きな姿勢も...
代表質問で最初に取り上げた課題は、「市長の市政運営の基本姿勢について」です。 まちづくりアンケートから伺える市民が求める施策優先度に応えて...
9月市議会定例会で「LGBTなど性の多様性を認め尊重する人権施策の実施に関する請願」が全会一致で採択され、この議会に市としての対応が報告され...
放課後子ども総合プランにおける国の職員配置の基準撤廃の動きに関して質問しました。 児童センター・子どもプラザの職員配置基準の緩和に動く...
「少子化に対応した子どもにとって望ましい教育環境の在り方」を審議してきた「活力ある学校づくり検討委員会」が答申した『審議のまとめ』について、...
12月議会の代表質問より第6弾の報告です。 ” 公共交通を軸としたまちづくり”の推進について質しました。 まずは、利便性ある公共交通ネッ...
12月市議会定例会の代表質問で、公契約条例制定に向けた決意と自治基本条例の制定に向けた考えを改めて質しました。 公契約条例の早期制定を ...
冷え込みの厳しい日が続きます。インフルエンザも流行っているようです。健康管理にご留意ください。私自身も風邪っぽく、病院で処方された薬を飲んで...

12月定例会の議会だよりのトップページの写真が波紋を広げています。昨年10月から市議会に導入したタブレット端末を使っての本会議の様子が掲載されているものですが、本会議全景ではなく一部の議員(私も後ろ姿で入っていますが)の写真となっていることから、不公平感が否めない写真となっているからです。

議会だよりに掲載する写真は、一部議員に偏らないよう神経を使ってきているはずなのですが、今号は?です。議会報編集委員会では異論なく写真の選定が行われたとのことですが、反省し、教訓として引き継いでいく必要があるのではと思います。