土砂降りの中、共謀罪施行に抗議

昨日11日夕方の大雨は、市内北部一帯の8,835世帯に避難勧告の発令となり、富竹・南掘・北堀地区では床下浸水、市立長野高校校舎の浸水、豊野地区での土砂災害、えのき隧道の冠水などの被害をもたらしました。
人的な被害がなく何よりです。

7月11日、話し合うだけで罪になる共謀罪法が施行されました。
内心の自由を侵害し、捜査機関の恣意的な任意捜査を際限なく拡大させる危険性を孕んだままの施行です。
DSC_0055
11日夕方、戦争をさせない1000人委員会、9条の会、護憲連合、憲法会議など6団体で、雷鳴轟く土砂降りの中、長野東急前で抗議集会を開きました。

民進党、共産党、社民党の代表らが、共謀罪の廃止を訴えました。

委縮することなく、危険な運用を厳重に監視するとともに、法の廃止をめざしたいと思います。
DSC_0056

安倍内閣の支持率が急落しています。8月にも予定される内閣改造にごまかされることなく、安倍政治を終わりに追い込みたいものです。

集会のあと、直ちに安茂里地区を一巡しました。
雨量観測情報によると安茂里でもかなりの雨量となりましたが、浸水等の被害は発生しませんでした。

不安定な気象が続きそうです。警戒ください。