安全重視…道路や生活環境の改良改善求め現地調査

18日、19日と丸2日間かけて、安茂里地区内の土木事業関係の現地調査に同行しました。

DSC02420

小市区…水路の浚渫、改良

DSC02422

小市区…側溝の整備と道路舗装

DSC02423

西河原区…自転車の転落事故箇所で安全柵の設置を

DSC02437

国道19号を跨ぐ通称”マンボ橋”(陸橋上部は市道と用水)…漏水による崩落が懸念

DSC02444

大門区…崩落箇所の改良

DSC02446

大門区…崩れた側溝の改修

通学路の安全確保をはじめ、生活道路の改良・補修、側溝の整備、沢の浚渫、土砂崩れへの備えなど、市建設部・農林部の皆さんとの合同現地調査です。

DSC02459

平柴区…緊急車両が通行できない市道の拡幅と、沢筋を活用した連絡道路の整備

DSC02469

杏花台区…傾斜道路の安全確保

DSC02483

差出北区…崩落箇所の改良

それぞれの区で取りまとめられた99箇所が対象で、区長さんらの案内で約半分位の現地箇所を見て回りました。

いずれも安全確保がキーワードです。

DSC02453

宮沖区・伊勢宮区…歩道整備が急がれる市道差出犀北線、今年度は西から120mの整備に

建設部からは、毎度のことながら「予算が限られていて…」と強調されるのですが、緊急度・安全度を見極め、優先順位をつけつつ、地域の改善要望に応えられるよう力を尽くしたいと思います。

天気には恵まれましたが、10月中旬とは思えない暑い日差しに、すっかり日焼けしました。