富山の実家へ…両親のご機嫌伺

11日、初めての国民の祝日「山の日」は、信州の豊かな自然に抱かれて過ごしたかったのですが、富山の実家へ、両親のご機嫌伺に。

立山連峰のはず?!

「山の日」にちなんで…奥が立山連峰のはず?!

釧路在住の兄達も帰省しており、96歳の父親にはディサービスを午前で切り上げて出迎えてもらいました。
父親は要介護度「1」で、まだ自分のことは自力でできますが、耳がほとんど聴こえず、意思疎通はなかなかです。でも達者です。

4月にいったん危篤状態に陥った療養中の母親を病院に見舞い、元気づけてきました。
既に認知症で寝たきり状態ですが、声掛けには応じてくれました。

この夏は乗り切ってもらいたいものです。

DSC01779

新潟との県境付近で…

車で行ったのですが、往きは海水浴でしょうでしょうか、上越に出るまでが結構な渋滞でした。帰りも覚悟していたのですが、比較的順調に帰ることができました。

帰りの途中の「有磯海SA」で、「黒部スイカ」にご対面。本物ではありませんけど…。
DSC_0034
「重そうに持ってね」とのコメントに思わず「笑い」です。

富山名物の鱒寿司を買い求め、帰宅してから美味しくいただきました。

今回は「大辻」の「幻のます寿し」です。一段もので2000円、裏までますの身が巻きついているのが特徴です。
main_mabo_masu