*

消防団支援法…求められる団員の処遇改善

公開日: 長野市政/市議会

 3月市議会の焦点の一つが、消防団支援法の制定・施行に基づく、消防団員の処遇改善です。所属の総務委員会でも議論となりました。

★消防団支援法…地域防災力の中核を応援
 昨年12月に消防団を支援する「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」(消防団支援法)が議員立法で制定、施行されました。
 同法は、消防団を「将来にわたり地域防災力の中核として欠くことのできない代替性のない存在」と定義し、団員の処遇改善や、装備品、訓練の充実など、消防団の強化を国や自治体に求めるものです。
 【参考】「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」について…総務省消防庁のページより
 【参考】「消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律」の概要…全国市議会議長会のページより
 消防団支援法概要251213gaiyo

 具体的には、階級や在籍年数に応じて設けられている退職報償金は、全階級で一律に5万円を上乗せするほか、報酬・出勤手当の引き上げについて各自治体に条例改正を求めています。さらに、自治体職員の入団は、これまで自治体の裁量に委ねられてきていますが、職務に支障がない限り認めるよう義務づけました。

 消防団員の高齢化と減少が全国的な問題となっている中、東日本大震災での災害対応をはじめ、地域防災力の要として、消防団の役割と重要性が改めて注目されています。
 消防団は、消防署と共に火災や災害への対応などを行う消防組織法に基づいた組織です。全ての自治体に設置されており、団員は非常勤特別職の地方公務員として、条例により年額報酬や出動手当などが支給されています。

★求められる処遇改善
 議論となったのは消防団員の処遇改善です。
 消防団支援法により、国は、団員への報酬や出動手当について、地方交付税の措置対象として算定基準を示しました。
 しかし、長野市の条例による報酬・手当と大きなかい離があることが判明しました。
 長野市は、「長野市消防団員の定員及び任用等に関する条例」の第15条で、「団員の報酬及び費用弁償は、予算の範囲内でこれを支給する」と規定されています。「予算の範囲内」というところが問題です。
 年報酬について、《国の基準と長野市の比較表》です。
   区分      国基準      長野市
   団長     年額82,500円  年額73,000円
   副団長    年額69,000円  年額56,000円
   分団長    年額50,500円  年額34,000円
   副分団長   年額45,500円  年額27,000円
   部長     年額37,000円  年額21,500円
   班長     年額37,000円  年額20,000円
   団員     年額36,500円  年額16,000円

★消防局長…「団交付金など長野市独自に支援、理解を」
 一般団員でのかい離が際立ちます。因みに、年報酬の全国平均は25,064円、出動手当の平均は2,562円です。
 市消防局では、H25年度で年報酬は上記の金額で3,430人の消防団員に対し6,053万円を見込み、また、出動手当は1回につき1,600円、4時間を超える災害出動の際には820円を加算して支給していると説明。
 さらに、長野市独自に消防団の運営を補助するため、一律131,180円に実人員×490円分を加算して補助金として交付、消防局主催の訓練や出初式には一律2,000円を支給していると説明し、「長野市としてはきめ細かな対応をしている。年報酬については理解をお願いしたい。他市の状況等を調査し、今後研究したい」と述べるにとどまりました。

★やりがい、張り合いに応えたい!
 「長野市独自の長年にわたる歴史を踏まえたもの」とされましたが、団員の皆さんのやりがい、張り合いを応援していく意味で、具体的な処遇改善が求められるところです。
 また、「予算の範囲内」という裁量的な規定ではなく、年報酬額及び出動手当等について金額を条例に明記すべきでしょう。
 この点は、総務委員会でも具体的に提起できませんでした。これからの課題にしたいと思います。

★退職報奨金は一律50,000円引き上げの条例改正
 消防団支援法に基づき、退職報奨金は階級にこだわらず一律50,000円を引き上げる条例改正を可決しました。しかし、施行日は4月1日のため、H26年度以降の退職団員が対象となります。経過措置として一定の遡及を求めたいところですが、残念ながら叶いません。

関連記事

「屋代線廃止届、3月中に提出」長電社長が公式表明…バス代替運行、入口から混乱

  「廃止」決定後はじめてとなる屋代線活性化協議会が開かれ、長野電鉄の笠原社長は「3月中に廃止届を出

記事を読む

消防団の年末警戒

28日~30日、消防団による年末特別警戒が実施されています。 29日夜、安茂里分団詰所前で行わ

記事を読む

今日の献立…試食会より

第四学校給食センターが竣工…春の献立給食の試食も

30日、第四学校給食センター(長野市村山)の竣工式が開かれ、議長をはじめ市議会経済文教委員会のメンバ

記事を読む

公共交通対策特別委員会の視察より(その➌)…市営バス維持の高槻市

 今回は1月23日に訪問した高槻市の取り組みです。 ◆高槻市…直営市営バスの維持へのこだわり

記事を読む

市内東北部で43億円…第4学校給食センター事業が孕む問題

 H25年度予算編成方針において、突如、新たな大規模プロジェクト事業に加わった「第4学校給食センター

記事を読む

20161004174338_page002

談合・富士通の随意契約・専決処分…公取委の処分に対応する「ガイドライン」示す

 4日、改革ネット会派総会で、市側から当面の重要案件について説明がありました。  来年度の度予

記事を読む

9月市議会の論点より[その2]

[その1]に続き… ◆福祉医療費の中学生3年生までの拡充に後ろ向き  市の子どもに対する福祉

記事を読む

30571

広がる東洋ゴム免震偽装、そして市庁舎・芸術館への対応の「今」

 免震偽装問題で揺れる東洋ゴム工業が21日、新たに25都府県のマンションや病院、学校など90棟で性能

記事を読む

IMG_1352

長野市表彰式

16日午前9時から市役所講堂で長野市表彰式が行われ、長年にわたり消防団員として地域の安全のために尽力

記事を読む

市民ネットの公式ホームページ開設

 [/caption]  市議会の会派である市民ネットの公式ホームページを立ち上げました。ようやく

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


番所の桜
信州の春2017…小川村「立屋の桜」「番所の桜」

先週26日、オリンピック白馬ルート地域振興協議会の総会が小川村であり、

IMG_0681
長野市制120周年を祝う

4月27日、長野市制120周年記念式典が市芸術館ホールで催されました。

20170424SS00001
【ご案内】憲法施行70周年…平和と いのちと 人権を 5.3憲法集会in長野

5月3日憲法記念日は、日本国憲法が施行されてから70周年の節目です。

総会等の写真がないため、安茂里住自協HPより
安茂里地区住民自治協議会の総会etc.

21日、安茂里地区住民自治協議会の定期総会が催されました。 総会等

20170423SS00001
SBCラジオ「あなたにエール!働く仲間の応援団」に私鉄の仲間が出演

1カ月のニュースです。交通政策フォーラムの記事をまとめていて思い出しま

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑