*

市民の幸せは何処に?…長野市長選挙の行方

公開日: 長野市政/市議会

 いろんな会合の度に、「市長選はどうなるの?鷲沢さんは出る気なのかね」と訊かれる日々が続いています。

★10月20日告示・27日投票の長野市長選挙
 あと2ヶ月なのですが、選挙の構図は未だ見えず混沌としています。首長選挙というものは、良かれ悪しかれ、現職の動向を軸に動きます。その現職がブレているのでしょうか、“のらりくらり”と進退を表明せず、今日を迎えているからです。
 「後出しじゃんけんでしょう。現職の強みを発揮できるからね」との穿った声も聞こえてきます。
 
 かなりウォッチャー的な言い方・書き方になってしまいますが(しかも長いのですが)、今日的な状況と私の考えをかいつまんでまとめてみました。

★「3期が限界。見識のある方に一任」発言の波紋
 現職の鷲沢市長は、参院選直後の7月23日の定例記者会見で、「今年の1月、見識のある方に自らの進退について一任した」ことを明かすとともに、「自分としては3期が限界と考えている。私の仲間みたいな人たちと喧嘩する気はない」との考えも示しました。
 その上で、進退の判断基準として「一つは3期が限界ということ。もう一つは世論や情勢ということ」とし、表明時期については「9月市議会の辺り」との見通しを示しました。
 鷲澤氏らしいというか、かなり率直な発言、言い方を変えれば「言わなくてもよいことを言ってしまった」会見になったのではないでしょうか。
 「見識のある方」とは、自民党の某県議と囁かれていますが、定例記者会見での余りに正直な「一任発言」には、驚きとともに波紋を広げているようです。

 本筋としては、「3期が限界。仲間とは喧嘩したくない」と考えている市長が、自らの後継となる候補づくりを一任したという風に理解するところですが、その後継者の候補づくりが一本化せず難航すれば、「世論と情勢を見極め4選出馬もあり得る」との道を残しているという風に考えざるを得ません。

★「3期が限界」とするのであれば、潔く不出馬表明を
 自ら3期が限界と考えている市長に、次の長野市政を託すほど、市民は甘くないと思います。首長と言えども選ばれた政治家、その首長の発言としては、余りに見識を欠いた品格なき発言といわなければなりません。
「3期が限界と考えているので、4選には出馬しない。後は市民の選択に委ねる」と表明されることで、後継者というか新しい市長候補擁立の動きが本格化することになるのではないでしょうか。鷲沢市長には「潔さ」を求めたいものです。

★噂にのぼる候補者
 既に出馬を表明している元県職員の他に、元民主党県議のT氏(民主党は既に離党)、そして経済会から、商工会議所関係のK氏、若手でT氏、M氏などの名前が取沙汰されているようです。本命視されていると思われていた副市長のK氏擁立の動きは現時点では沈静化してしまったというところでしょうか。
 早い時期には、長野市出身で総務省を経て某県の副知事を務めているU氏への働きかけが浮上したり、最近では、文部科学省出身のH氏の名前も上がっています。
 また、市議にも模索の動きがみられるようです。
 しかしながら、いずれも確定的な状況には至っていないようです。

★求められる長野市ビジョン
 今のところは「名前」が浮いたり沈んだりしている状況で、鷲沢市政3期をどのように評価するのか、どんな長野市政を目指すのか、そのビジョンはまだまだ霧の中です。
 地域主権、市民主権をまちづくりにどのように一貫させるのか。市民自治を育み、市民とともにどのようにまちづくりを創りあげるのか。人口減少・少子高齢時代、公共施設・公共サービスの維持管理の時代において自治体に求められる役割は何なのか。安定した雇用の確保、安心して子どもを産み育てることのできる環境づくりに自治体は何をするのか。歩いて健康に暮らせるまちづくりをどのように進めるのか。限られた財源の中で、雇用、福祉、子育て、公共交通をいかに優先させるのか。「官」・「公」の持つ力を引き出し、質の高い公共サービスをどのように展開するのか。
 市議としての私自身の問題意識に過ぎませんが、「人口減少時代における公共サービス」「ハードからソフトへ」「安心の生活設計」「自治、協働、支え合い」がキーワードだと思います。こうした観点から、次なる長野市ビジョンが市民的に議論され、市民の幸せの選択につながることを願います。

★新しい長野市政の時代を
 私は、消去法ですが、鷲沢現市長を応援してきた一人です。特に公共交通を都市インフラと位置づけ重点的に取り組む姿勢を評価してきました。
 しかし、今日、大規模プロジェクト等の道筋をつけた段階で、鷲沢市長の役割は終えたと考えています。
 その意味で、新しい長野市政の新時代を切り拓くことのできる市長選挙にしたいものだと思います。
 とはいえ、積極的に候補擁立に関わるには余りに微力ですから、情況を観ながら判断せざるを得ないなぁと思い悩んでいるところです。
 
 市民の期待に応えられ、かつ私自身も託せるだけの発想と力量を持った人材の登場を待ち望んでいるというところが正直な気持ちです。
 他力本願で、無責任な言い方になりますが…、少なくとも、市民とともにベターな選択ができる市長選挙にしたいものです。

 最近の市長の「メルマガ」では「選挙に関しては全くニュートラル」と宣言する一方で、「長野市の次なる施策」をシリーズで綴っています。「ポスト鷲沢なる人材に託す遺言なのか、四選への意欲なのか」…計り知れませんが。
【参考】長野市長メールマガジン「かじとり通信」より
    8月 1日配信「長野市の次なる施策 その1~必要性」
    8月 8日配信「次の時代の施策 その2~さらなるソフト事業」
    8月15日配信「次の時代の施策 その3~少し視点を変えて」

 いずれにしても、私なりに鷲沢市政の評価と課題を整理し、市民の皆さんと議論を深め、市民の幸せにつながる対応を模索したいと考えます。

関連記事

IMG_0087

松代大本営案内看板「修正表記」の撤回を求める

「持ち帰って検討する」との市の応対を信じてしまった私が甘いのでしょうか。 「間違っても、明日の

記事を読む

安茂里地区元気なまちづくり市民会議

 28日、安茂里地区元気なまちづくり市民会議が安茂里総合市民センターで開かれました。  今年は、住

記事を読む

今日の献立…試食会より

第四学校給食センターが竣工…春の献立給食の試食も

30日、第四学校給食センター(長野市村山)の竣工式が開かれ、議長をはじめ市議会経済文教委員会のメンバ

記事を読む

IMG_0379

どうなる?どうする?若穂の路線バス

「どうなる? 若穂の路線バス 長野市の公共交通は~長野市公共交通ビジョンから若穂の路線バス、地域の足

記事を読む

「旧屋代線へのLRT導入困難」を審議した特別委員会

 2日、市議会のまちづくり・公共交通対策特別委員会を開き、長野電鉄屋代線跡地への次世代型路面電車LR

記事を読む

長野市HPより

長野冬季五輪施設「スパイラル」の存廃を考える

2020年の東京五輪施設の建設整備を巡り紛糾する中、長野市では、長野冬季五輪のボブスレー・リュージュ

記事を読む

人権停止法である「緊急事態基本法」の制定に反対

 総務部所管の請願審議で大きな論戦となったのが「緊急事態基本法の早期制定を求める請願」です。新友会と

記事を読む

J1基準のサッカースタジアム整備に80億円…期待と懸念

 日本フットボールリーグ(JFL)に所属するAC長野パルセイロのJリーグ昇格に必要なホームスタジアム

記事を読む

鷲澤市長、73歳の誕生日に退任

 8日、3期12年長野市長を務めた鷲澤市長が退任し、市議会では全員協議会を開き、労をねぎらいました。

記事を読む

SN00010

2015/12月市議会の論点[その4]…悩んだ末に議案に賛成

 12月市議会定例会は12月15日、H27年度一般会計補正予算案をはじめとする市側提出のすべての議案

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_1706
12月議会の論点【備忘録・その2】

13日、沖縄県宜野湾市の小学校運登場に米軍ヘリコプターの窓枠が落下、授

20171210SS00003
12月議会の論点【備忘録・その1】

12月市議会定例会は4会派の代表質問を終え、個人質問が続いています。

171207_fusen02 - コピー
永久に不戦を誓う日

76年前の1941年12月8日、日本軍は米国ハワイの真珠湾を奇襲し太平

チラシweb01
劇団“空素”2017公演

「今年は公演ないのかね…」と妻と話をしていた折も折、届きました!201

市議会議場
12月議会が始まりました

もう師走です。 長い風邪っぴき状態から、ようやく脱却できそうです。

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑