第14回安茂里地区囲碁将棋祭り

将棋の会場で。真剣な様子で集中する若き棋士達です。

将棋の会場で。真剣な様子で集中する若き棋士達です。


 安茂里公民館で囲碁将棋祭りが催され、老若男女約60人の参加のもと、日頃の研鑚ぶりを競い合いました。安茂里住民自治協議会、安茂里公民館の協力を得ながら囲碁将棋同好会の皆さんが主催したもので、夏は個人戦です。
 小学生2名、中学生1名の若き棋士がエントリーし、女性の参加も交えた、世代を超えた交流戦です。
 
 2月には地区別団体戦としての大会も開催され、安茂里地区の伝統的なイベントの一つになっています。

 地域を超え、世代を超える交流が深まり、地域コミュニティの再生につながることを願いながら、挨拶させていただきました。

 ここでも、話題は市長選。挨拶の中で市長選挙の状況を簡単に報告しながら、私自身の考えも述べさせてもらいました。鷲沢さんの続投への期待は「薄い」といったところです。市政に対する閉塞感、鬱積感みたいなものを感じます。

 公民館長から、実習室のエアコンが故障し、利用に支障をきたしている実情を伺いました。H3年新築の公民館ですが、築22年で空調や水回りに改修が必要となってきているようです。教育委員会からは、財政的な問題と、設備の交換に必要なクレーン車が敷地内に入れない(住自協のプレハブ施設を建てたため)という問題もあり、今年度中は無理との判断が示されているとのことで、「何とかならないですかね」と相談を受けました。
 エアコンの更新には300万円位かかるとのこと、財政的な問題は承知しますが、猛暑はもちろんのこと、冬季の利用にも支障が出ますし、公民館利用者の健康と利用促進の観点から、教育委員会に改めて要望していくことにしました。