*

沖縄県名護市から代表招き、オスプレイ飛行訓練の中止を求める

長野県・久保田危機管理部長に名護市長のメッセージを渡す安次富代表


 4月9日、沖縄県から辺野古新基地建設に反対する「名護市ヘリ基地反対協議会」の安次富浩(あしとみ・ひろし)共同代表を招き、オスプレイの配備撤回、低空飛行訓練の中止を求める沖縄連帯キャラバンを展開しました。
 北信越ブロック平和運動センターの統一行動となるもので、今年が4年目。 長野県内では県護憲連合が受入れ団体となり、取り組みを進めてきています。因みに、私は県護憲連合の事務局長を務めています。

 今年は、長野県内がオスプレイ低空飛行訓練のブルールート下にあり、訓練強行が差し迫っていることから、長野県をはじめ、長野市・松本市・安曇野市・大町市など訓練ルート下の各首長に対し、名護市ヘリ基地反対協議会との連名で、住民の生命と財産の安全を守ることを第一義に、オスプレイ低空飛行訓練の監視を強化するとともに、普天間基地への配備と長野県上空を含む国内低空飛行訓練の中止を国に働きかけるよう求める要請活動を展開。
 また、安次富さんが携えた稲嶺進・名護市長のメッセージも各自治体に手渡しました。

安曇野市の副市長に要請書を手渡す。村上副市長は「山岳観光地で事故があれば大変。市としても反対していく」と述べました。


 県では、対応した久保田篤・危機管理部長は、「国と国の取り決めであり、関与できる余地があるのかという問題はある。しかし、県民の安全を守るため、オスプレイの安全性の確認、日米合意に基づく運航を、国に対して求めたきた市、これからも求めていきたい」と述べました。
 また、飛行訓練の目撃情報の県民からの提供では、「12月以来、機種不明であるが20件の情報が寄せられている。自衛隊機と思われる。米軍機と思われる情報は飯山市からの2~3件」であることを明らかにしました。

 要請行動を行った訓練ルート下の自治体では、目撃情報の提供を住民に呼びかけてはいるものの、オスプレイ訓練そのものの危険性については十分に認識されているとは言い難い状況にあります。情報不足を率直に指摘する自治体もあります。
 松本市では山小屋交友会を通じ情報提供を求めているとのことでした。連携を取っているとされる安曇野市や大町市では、そこまで行き届いていませんでした。
 県が中心となって、訓練ルート下にある自治体間の情報共有態勢を早急に作る必要性を痛感しました。

 夕方からは長野市内で、安次富さんを講師に、「普天間基地は国外へ!辺野古新基地建設NO!オスプレイ配備・低空飛行訓練の撤回を!長野県集会」を開きました。

県労働会館で開いたオスプレイ配備・低空飛行訓練反対の集会より


 「沖縄では41の全市町村長と議会がこぞって反対している。沖縄の空にいらないとする危険なオスプレイは、全国の空にも必要ない。国の専権事項だからといって及び腰になってはならない。住民の生命の安全を守るのは自治体の責務。本土の首長の皆さんには沖縄の声に真摯に向き合ってもらいたい」と熱く訴える安次富さんの姿は、報道機関のニュースでも大きく取り上げられる処となりました。

 県内では1980年代後半から米軍機の超低空飛行訓練が顕在化し、資材運搬用のヘリコプターとのニアミスをはじめ、牛の乳が出なくなる、鶏が卵を産まなくなるといった騒音被害が相次いできました。
 オスプレイの低空飛行訓練は、騒音被害に止まらず、欠陥機であるが故の墜落の危険により住民の生命が危機に陥る重大な問題をはらんでいます。また、山岳地帯におけるライチョウやイヌワシの営巣など生態系への悪影響も危惧されます。
 米国内では、住宅街はもちろん、フクロウやコウモリなどの希少動物の営巣地域での訓練は、住民の要望に応え行われていません。米国側のダブルスタンダードという問題も浮上します。

JR松本駅前では、安次富さんを弁士に街頭宣伝活動を実施。

 
 自治体議会に対しては、昨年6月と9月の定例議会に合わせ県護憲連合や地区護憲連合で請願行動に取り組みました。配備と低空飛行訓練の中止を求める意見書可決が18自治体議会で、「安全性が確認されない限り、飛行させないよう求める意見書」という形で文言修正のうえで可決したものが4議会、県議会を含め22自治体議会で採択されています。今後、状況の変化を踏まえ、さらに取り組みを図る必要があります。
 
 長野県や訓練ルート下の自治体は、目撃情報の提供を住民や山小屋などに求めるなど一定の監視態勢を敷いてはいるものの、脅かされる住民の生命を守るために国に対し訓練中止を求めるまでには至っていません。
 オスプレイ12機が更に増強される7月以降、ブルールートでの飛行訓練が現実のものとなる危機感(早まることも十分に想定されるが)を強く抱きながら、運動体としての監視態勢の構築とともに、行政や議会に対する粘り強い働きかけが問われるところです。

移動途中の車内から。松本城の桜です。

関連記事

琉球新報より

沖縄「被害者を追悼し、海兵隊の撤退を求める県民大会」…悲しみと怒りを共有したい

6月19日、沖縄県那覇市内で開かれた「被害者を追悼し、海兵隊の撤去を求める県民大会」は6万5千人を結

記事を読む

IMG_1760

オスプレイの配備・飛行訓練の中止を国に求めるよう長野県に要請

 沖縄・辺野古で新基地建設工事が再開強行された12月27日、去る13日、国内で初めて発生したオスプレ

記事を読む

DSC01423

明日を決めるのは私たち!…戦争法廃止に2,700人集いアピール

「戦争反対」「戦争法制絶対反対」「戦争したがる総理はいらない」「戦争行くな!選挙に行こう」の声が響き

記事を読む

第27回反核平和の火リレー

 「語り継ごう!走り続けよう!ヒロシマ・ナガサキ・オキナワの心を」…27回目を迎える反核平和の火リレ

記事を読む

15日、国会議員会館前

南スーダンPKO…駆けつけ警護の閣議決定に異議あり

安倍内閣は15日、南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣する陸上自衛隊に、新安保関連法に基づく

記事を読む

DSCF5203

立憲主義、民主主義が死滅した日!

今日9月17日午後4時半過ぎ、参議院平和安全法制特別委員会は、怒号の大混乱の中で、「戦争法案」を強行

記事を読む

SN00056

違法爆音止めろ!厚木基地いらない!神奈川集会

8月20日(土)、米軍厚木基地が居座る神奈川県大和市の渋谷学習センターで開かれた「違法爆音止めろ!厚

記事を読む

IMG_0069

戦争法案の閣議決定に抗議

14日夕方、「平和安全法制」という名の戦争法案の閣議決定に対し、JR長野駅前で抗議活動を行いました。

記事を読む

68回目のヒロシマ

8月6日午前8時15分、広島に原爆が投下されてから68年。原水禁運動の原点である「核と人類は共存で

記事を読む

SN00099

12月議会…課題と論点【その4】「慎重な憲法論議を求める請願」、修正のうえ可決

 12月議会で、9月議会定例会に長野地区憲法擁護連合(護憲連合)から提出され、継続審査となっていた「

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_0856
児童生徒の健全育成を進める会

24日午前中、安茂里地区校長会と安茂里地区住民自治協議会の主催による「

20170622SS00002
市内小学校のいじめ事案…「重大事態」とし第三者委員会を設置、調査へ

昨日21日の市議会経済文教委員会で、教育委員会は、H26年入学後間もな

安茂里甚句保存会の皆さんの発表
第16回長野市甚句・音頭交流会

18日(日)、第16回長野市甚句・音頭交流会が大岡地区の聖山パノラマホ

19264220
就学援助・新入学の学用品費…新中学生には「事前支給、速やかな実施」方針示す

今議会の一般質問の中で、就学援助のうち、8月支給となっている「新入学児

20170617SS00001
6月市議会定例会の論点

長野市議会6月定例会は、15日から一般質問が始まりました。週明け19日

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑