第84回長野県中央メーデー

 『働く者の連帯で「ゆとり・豊かさ・公正な社会」を実現し、自由で平和な世界をつくろう』をスローガンに、城山公園で第84回長野県中央メーデーが開かれました。主催者発表で4300人が参加しました。

メーデー会場・城山公園「ふれあい広場」で


 アベノミクスによる物価上昇、そして消費税増税、依然として厳しい雇用と賃金…将来不安が強まる中でのメーデーは、生活危機の打開を訴える声がこだましました。

 来賓あいさつで、阿部県知事が「道州制導入、TPP、憲法改正に一直線に進む政治とは、長野県は一線を画したい」と述べたことが印象的でした。リップサービスでないことを願います。

自己紹介しているところです


 私は、「雇用の安定、公共交通の復権、憲法改悪阻止に向けてともに頑張ろう」と参加者に自己紹介しました。

 集会後は、恒例となっているデモ行進隊への激励行動に取り組みました。

アルピコ交通労組川中島バス支部のデモ隊…元気のいい行進でした。


竹内県議、池田市議らとともに激励行動