*

屋代線「廃止」に厳しい批判、異論

公開日: 公共交通, 長野市政/市議会

 一昨日「廃止」を多数決で決めた長野電鉄屋代線について、市議会では今日、公共交通対策特別委員会を開き、行政側からの報告を受ける形で議論しました。委員からは、「住民の合意が得られていない」「廃止ありきの協議ではないか」「納得できない」「容認できない」といった厳しい批判、異論が相次ぎました。

 特別委員会としては今後、2月24日に開かれる第13回活性化協議会をにらみながら、2月中旬にも沿線住民代表を「参考人」に招き意見を聴き、一定の意見集約を図った上で市長や協議会への対応を進めることを確認しました。

 委員会後の正副委員長の相談で、「参考人」は1団体1人となり、また双方向のやり取りができないなど制約があることから、もっと広く住民の意見を聴くため、委員会として沿線に出かけ住民(自治協代表はもとより、若穂のチーム屋代線、松代の屋代線対策会議のメンバーを想定)との意見交換会にすることにしました。

 私は、多数決で「廃止」とした活性化協議会の決定は、「協議会の総意とならない」と指摘した上で、「決定そのものに重大な齟齬がある。協議会は廃止とした議論をやり直すべきだ」と質しました。

 一つは、沿線住民との合意がないことです。協議会の根拠である地域公共交通活性化再生法の趣旨は、利用者・住民、事業者、行政の3者一体の連携・協働で公共交通の再生を図ることにあります。従って、沿線住民との合意は絶対必要条件なのです。「実証実験の継続」を求めてきた沿線住民代表組織である自治協は「廃止」することに合意していません。住民との合意無き決定は、法の想定外です。

 二つは、そもそも屋代線の活性化再生が目的である協議会が「鉄道の廃止」を結論付けることは、協議会の目的を逸脱していることです。上下分離方式や第三セクター方式、またディーゼルへの転換など新しい運営形態への移行の検討は、充分な議論がないまま、費用対効果から「バス代替が優位」との方向性を導きだし、協議会の議論をリードしました。費用面ではバス代替が優位であっても、鉄道の社会的意義を捉え、新しい運営形態のスキームについて優先順位をつけ、公的支援のあり様を真剣に検討した形跡は極めて乏しいといわなければなりません。「廃止ありき、バス代替ありき」の議論になっていると批判される所以です。

 三つは、協議会の委員構成の問題です。沿線住民代表に「千曲市地域公共交通会議」(これもまた法に基づき設置されたもの)の代表として千曲市行政の理事者が選任されていたことは看過できません。公正・公平な委員の選任となっていないということです。また、利害関係者である当事者が少ないことも課題であるといわなければなりません。

 これに対し、行政側は「市民アンケートや実証実験の結果を踏まえて協議会が客観的に判断した結果。委員の皆さんが決めたこと」と協議会の決定にすべての責任を転嫁する姿勢に終始しました。「協議会と市民と、長野市行政はどっちを向いているのだ」と声を荒げざるを得ません。「客観的な判断が重要」というのであれば、総合連携計画に盛り込んだ27全ての推進施策を実験した上で、結果を検証し客観的な判断がされるべきであって、実証実験半ばでの結論は、あまりに拙速で無責任であることは明らかです。

 さらに、今年度の屋代線利用者が50万人を超え、当面の目標である60万人に限りなく近づいた場合、鉄道の再生を検討し直す余地、可能性は残されているのかを質しました。市側は「論理的な可能性としてはある」と答えました。問題は長野電鉄の前向きな姿勢であり、基本は沿線住民の意思と行動にあると考えます。終わりではないのです。 

 このまま、バス代替に向かって粛々と議論が進むことに、黙っているわけにはいきません。しかも、今後、鉄道の再生を検討すべき協議会が、継続して「バスの運行」を協議するというのは、道理がありません。悲しい「笑い話」です。

関連記事

総務委員会より➊…新市民会館の建設事業費に反対

 12日から14日の3日間、総務委員会が開かれ、付託された新年度予算案や条例案、請願等を審議しました

記事を読む

2015/12月市議会の論点[その3]…「戦争法の廃止を求める請願」の否決に反対する

 12月15日、12月市議会定例会の最終日、安全保障関連法の廃止を求める4団体の請願が否決されること

記事を読む

公共交通利用促進キャンペーン

 27日早朝、JR長野駅前と松本駅前で、県内交通事業者の労働組合で作る私鉄県連の仲間たちと一緒に「公

記事を読む

交通基本法制定の行方

 20日の月曜日、私鉄総連自治体議員団会議の幹事会(中部地連選出の全国幹事を務めています)のため東京

記事を読む

広域連合議会…ごみ焼却施設405トン、1割規模縮小へ

 19日午後、長野広域連合議会定例会が開かれ、7億1,600万円余の新年度予算案などを可決しました。

記事を読む

12月議会…課題と論点【その1】~市長議案説明、代表質問等から

 11月30日から始まっている12月市議会定例会は、12月6日からの代表質問・一般質問を終え、週明け

記事を読む

京丹後市の公共交通施策【その1】…200円レールと200円バス

2月に会派で視察した京都府京丹後市の公共交通政策の報告です。 4月の交通政策フォーラムで加藤教

記事を読む

新年度予算編成における重点政策・施策を提案

 27日午前中、市民ネットの「平成26年度予算編成における重点政策・施策の提案書」を加藤市長に提

記事を読む

9日、市議会6月定例会が始まりました…6月議会の課題は?

大雨注意報は連日発令されていますが、なかなかです。 集中豪雨では困りますが、梅雨入りしたのですから

記事を読む

松代大本営追悼碑建立21周年

8月10日、「松代大本営朝鮮人犠牲者追悼平和祈念碑」の建立21周年を記念する集いが松代大本営象山地下

記事を読む

コメントを残す

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


少子化に対応した活力ある学校づくりを考える【その1】…まずはパブコメと答申

「少子人口減少社会が進展する中で、少子化に対応した子どもにとって望まし

娘から届いた父の日カード

昨日夜、在京の娘たちから「父の日」のカードとプレゼントが届きました。

被害広がる震度6弱の大阪地震

6月18日朝、大阪で震度6弱の地震。通学通勤途上を襲った地震で3人が死

17回目の長野市甚句・音頭交流会

17日、第17回長野市甚句・音頭交流会が大豆島総合市民センターで催され

放課後子ども総合プラン…有料化で居場所がなくなる深刻な影響

4月から月額2,000円の利用者負担が導入された放課後子ども総合プラン

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2018年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑