コロナ対策で4月専決補正予算…11億4,700万円余

長野市は、感染警戒レベル5の発出下、感染拡大を制御するため、11億4,775万円の4月補正予算を専決処分し、9日発表しました。7日に議会に説明があったものです。

4月専決補正予算の概要

高齢者施設等の従業員を対象にPCR検査費を補助…3,210万円

県感染警戒レベル「5」引き上げに伴い、また高齢者施設等での集団感染が発生していることから、高齢者施設等が自主的に従業員に対しPCR検査を行う場合に、検査費用の3分の2(1件当たり1.5万円まで)を補助・支援するもの。

 *対象施設…高齢者施設・障がい者支援施設・救護施設

 *補助対象…施設の従業員、入所施設の新規入所者に対する自主的PCR検査費用

遅きに失する感はありますが、一歩前進です。

ワクチン接種を行う医療機関への支援費を増…4億2,933万円

かかりつけ医等が行う個別接種に対し、ワクチンの移送や診療時間外の接種、看護師等の配置等に係る経費を増額し、効率的・効果的な接種体制を確保するためのもの。集団接種会場の運営費等を含みます。

既に、ワクチン接種事業には、これまでの補正予算及び新年度予算で19億円を計上しています。これをさらに増額します。

ワクチン接種の計画についてブログで報告したところですが、医師会の皆さんの大きな協力のもとに、迅速・的確にワクチン接種が進むことを願います。

8日、65歳以上の高齢者向けの新型コロナワクチンが茅野市と北相木村に県内初で到着したとのニュース。ワクチン供給が限られる中、県内23の「モデ...

ひとり親世帯への第2次生活支援で5万円を給付…2億1,970万円

国が低所得のひとり親世帯を対象に、特別給付金を追加支給する事業で、対象者は2,864世帯(児童4,320人)です。児童1人あたり一律5万円が支給されます。

国は、低所得のふたり親世帯への給付金も決めていますが、詳細が決まっていないため、今後の補正予算で対応するとします。

県指定以外の飲食店の休業・時短への協力金…1億6,150万円

県が要請する17地域以外の飲食店の休業・時短協力に対する「特別支援金」で約800店を対象に一律20万円を支援する経費。

休業・時短要請の期間延長に伴い、支援金の増額が求められるところです。卸業者への支援もです。

県内感染状況【県HP・長野市HPより…参考資料】