安茂里地区で土木事業の現地調査

大型で非常に強い台風第19号が、12日(土曜)夕方から13日(日曜)にかけて、長野県に接近する模様です。すでに千葉県や茨城県、静岡県の一部で停電が発生、浸水被害も広がっています。

長野市内でも、暴風と強い雨の恐れがあります。暴風による倒木や物の飛散に注意し、不要不急の外出や農作業など屋外の作業を控えるように。また、雨による川の増水や土砂災害に注意し、川やがけには近づかないように。いざという時の避難などを事前に確認することもお忘れなく。

命を守りましょう!

私も、今朝から家の周りを点検し、庭の鉢植えなど風に倒され飛ばされないようにしました。

さて、10月10日~11日、2日間にわたり安茂里地区で区からの土木関係要望事業の現地調査。台風の影響が懸念されましたか、無事終了しました。

小市区…排水路の整備

調査申請個所は全体で121か所。道路や側溝の改修、浸水対策、子どもの通学路の安全確保策、カーブミラーの設置など優先度の高い継続箇所や新しい要望箇所を中心に市役所の建設部(道路課・維持課・河川課)、農林部・森林整備課(農業土木)の皆さんと現地調査し、事業の計画的な実施等について検討する取り組みです。

西河原区…犀川神社南の擁壁の損壊

西河原区…市道の道路改良

老朽化した道路や用排水路の長寿命化は大きな課題であり、優先順位をつけながら対処していく必要性があります。

住み続けられる生活環境の整備に向け、要望事項を押さえながら実現に力を尽くす所存です。

平柴区…道路改修

差出北区…市道の改修

差出中区…通学路の安全確保。カーブミラーの設置と横断歩道の設置