地域回りの合間で

ホントに朝夕はめっきり過ごしやすくなりました。大型台風の襲来がないことを願うばかりです。

今日は、市議会議員選挙の立候補届の事前審査。後援会事務局長らに出席いただき、無事、審査を通過しました。いよいよ本番って感じです。

51人の立候補になる可能性が出てきました。乱戦模様です。気を引き締め、初心に立ち帰り、愚直に抱負と政策を訴え、市民の皆さん、地域の皆さんの負託と期待に応えたいと思います。

連日、地域の中で挨拶回りに奔走する毎日です。改めて、いろんなご要望をいただき、市役所の担当課につなぎながら、解決を模索しています。

そんな中で見つけた「珍百景」(?)を紹介。すべてが「珍しい」というわけではありませんが…。

一つは「ハツユキソウ」。

「初雪草」です。

名前の由来は、葉の形態にあるとのこと。この植物の葉は、通常は柄のない形態をしていますが、夏の暑い時期になるとまるで雪化粧がされたように白く変色し、緑と白のコントラストで彩られます。小さな花が可憐です。

私にとっては珍しくて、写真を撮らせてもらいました。

二つは、「ダイハツ・ミゼット」です。

応援をいただく方が所有されているもので、なんと「現役」だそうです。

三輪自動車…私が小さいころによく見かけました。昭和を感じますね。

このような癒し?風景にも支えられながら、頑張りぬきたいと思います。

バス運転手の皆さんとミニ座談会

26日午後、後援会事務所でアルピコ労組川中島バス支部・教宣部の皆さんとミニ座談会。労組の機関紙づくりを担っている皆さんです。

公共交通の再生に向けた諸課題について、意見交換を行いました。

路線バスの維持、交通空白地域の解消、運転手不足、そして秋に始まるスマート通勤応援運動の効果などなど、ハッパをかけられながら激励してもらいました。