*

気分は学生!…母校の中央大学学員会総会

公開日: 日記

 昨日11日、母校である中央大学学院会長野支部の総会・懇親会に初めて参加しました。長野市役所の中には中大OB会として「白門会」があり、同窓議員として参加させていただいてきていますが、学員会の方は毎年お誘いを受けながらも、所用と重なり失礼してきた行事です。

 ホテル国際21で催された総会には、先輩や後輩、77人の同窓生が集まり、大変賑やかでした。大学からは吉田亮二常任理事が出席され、中央大学の近況も聞かせてもらいました。

中央大学学員会総会に出演されたオーケストラの皆さん。フルオーケストラでの校歌は最高でした。


 久々に校歌や応援歌、寮歌である「惜別の歌」を大きな声で歌い、気分は学生です。しかもオーケストラの演奏をバックに歌えたことは何よりの幸せでした。
今年の初参加組は何と20人、一人ひとり自己紹介する場面も作っていただきました。各界・各層で活躍される同窓生の皆さんにお会いし、和気あいあい交流でき、大変有意義な時間を過ごすことができました。

 私は駿河台校舎と移転した多摩校舎、両方を経験していますが、学生当時、移転反対や学費値上げ反対の運動に取り組み、1978年の大学ロックアウト・レポート試験の原因を作った一人なのですが、当時を振り返ってあいさつされた方もいらっしゃって、ちょっとドキドキものでした。

 既に議員を勇退された同窓先輩である伊藤氏や平瀬氏にも、久々にお会いし、カツをいただきました。
 もう一つ、抽選会では「長印」提供のメロンをいただきました。「会費の元が取れた」と失礼なことは言いませんが、妻への土産ができ何よりでした。

関連記事

2016年…明けましておめでとうございます

◆新年あけましておめでとうございます。 ◆「戦争法」と称される安全保障法の施行目前…。「戦前」

記事を読む

安茂里小学校運動会~社民党統一自治体選挙反省会議

[/caption]  安茂里小学校の第99回校庭運動会に招かれ、声援を送ってきました。99回

記事を読む

第86回長野県中央メーデー

働く者の連帯で、「ゆとり・豊かさ・公正な社会」を実現し、自由で平和な世界をつくろう…5月1日、晴れ渡

記事を読む

伝統ある小市4地区運動会

27日は、小市4地区運動会。 4地区は、小市・小市団地・園沖・小市南団地の4区です。 松ヶ丘

記事を読む

ハンドマイクで街頭宣伝…熱中症?

 暑い日が続きます。熱中症対策怠りなく、ご自愛ください。 [/caption]  29日の日曜日

記事を読む

三連休の過ごし方(その2)

[/caption] [caption id="attachment_2733" align="a

記事を読む

長野運動公園の紅葉

 長野運動公園の紅葉です。  信濃毎日新聞の夕刊に紹介されていたことから、9日、お昼タイムに、

記事を読む

恩人の急逝

 川中島バス労働組合の書記長、委員長を務め、長野私鉄県連書記長・委員長、長野県平和・人権・環境労働組

記事を読む

弥生3月

 弥生3月、春遠からじ…。でも、世の中は「ウキウキ、わくわく」するような状況ではありません。ニュージ

記事を読む

ゴールデンウィーク前半

[/caption]  ゴールデンウィークの前半が始まりました。天気に恵まれ、”遊び心”がうずきま

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


戦闘ヘリ飛び交う自衛隊駐屯地祭

先週末の4月21日、陸上自衛隊松本駐屯地創設68周年の「駐屯地祭」に対

【案内】4.24安倍内閣は退陣を!緊急長野集会の呼びかけ

森友・加計疑惑をめぐる財務省の公文書改ざん、自衛隊日報の隠ぺい、そして

老朽化し危険な空き家の解体…補助スタート

地域で深刻化する空き家対策…長野市では「空家等対策の推進に関する特別措

交通政策フォーラム2018 in花巻

18日~19日、岩手県花巻市内で催された私鉄総連・交通政策フォーラム2

残雪の戸隠神社奥社

14日の土曜日、長女が帰省し戸隠へ。 中社の「うずら屋」さんで蕎

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

    • 長野市議・布目ゆきおのホームページ
    • 長野市ホームページ
    • 長野市議会ホームページ
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑