*

第10回北信地連自治研集会in金沢市

公開日: まちづくり

 先週末ですが、自治労北信地連(長野・富山・石川・福井)の自治研集会が金沢市で開かれ、「交通政策とまちづくり」分科会の助言者(助言者というのはおこがましい限りですが)として参加してきました。市長選挙の最終盤で「迷い」もありましたが、振り切って(?)行ってきました。

JR金沢駅前。歩行者空間やバスやタクシー乗り場を含め、整備中の長野駅前広場と比べると、正直、かなり寂しいものがあります。面的制限は仕方ありませんが…。

JR金沢駅前。歩行者空間やバスやタクシー乗り場を含め、整備中の長野駅前広場と比べると、正直、かなり寂しいものがあります。面的制限は仕方ありませんが…。


 25日夕方からのアルピコ交通労組川中島バス支部の定期大会に出席した足で金沢市へ。前泊で入り26日の分科会から合流しました。

 25日の全体集会は、北信地連4県に共通課題の「北陸新幹線とまちづくり」がテーマ。北陸新幹線(長野~金沢間)のH27年春開業を控え、長野冬季オリンピックに合わせ開業し15年が経過した長野県、開業まで1年半に迫った富山県と石川県、そして金沢開業後概ね10年後とされる敦賀延伸をにらんだ福井県など、それぞれ問題意識に違いはありますが、並行在来線の維持・存続が共通課題です。

金沢駅のシンボル!鼓門&もてなしドーム

金沢駅のシンボル!鼓門&もてなしドーム


 全体集会では、北陸中日新聞の解説委員である山本義之さんが「北陸新幹線の光と陰」と題して講演されたそうです。
 首都圏との大幅時間短縮と輸送能力アップによる経済効果への期待や観光客などの増加による消費拡大と産業間活性化という「光」がありながら、JRから経営分離される並行在来線の行方、首都圏に人や事業所が吸い取られるストロー現象の「陰」に着目し、整備新幹線と並行在来線を生活の足として表裏一体で考える視点、国による交通基本法や総合交通計画の整備の必要性を指摘する講演だったようです。

 富山・石川両県では、並行在来線を経営する第三セクター鉄道が始動しています。富山県では「あいの風とやま鉄道」、石川県では「IRいしかわ鉄道」と命名されています。両社とも開業5年間は激変緩和策として通学定期の値上げを抑え、現行本数を維持するダイヤ編成を考えているとのことです。国は県及び沿線市町村のJRからの鉄道資産購入を支援するため地方交付税措置を決めましたが、一時的な支援策に止まり、将来にわたる国とJRの関与が求められるところでもあります。

 私からは、新駅設などを含め利用促進策が欠かせないこと、三セク鉄道会社に対し運賃やダイヤ編成について利用者視点で要請活動に取り組む必要性などを指摘しました。

 地域公共交通の維持・再生の課題を巡っては、北陸三県では、富山市のライトレールや高岡市の万葉線の再生、福井鉄道福武線や越前鉄道の再生、金沢市におけるオムニバスタウン、公共交通利用促進条例の取り組みなど、試行錯誤とはいえ先行事例が豊富な地域です。参加者からは新幹線開業に伴う観光や産業の振興面からの発言が多く、私としては、並行在来線問題とあわせ、先行事例に光をあてつつ地域公共交通の再生に求められる行政としての課題に問題意識を置いていたため、ちょっとかみ合わなかった印象です。

北陸鉄道㈱創立70周年を記念して昭和53年に引退したボンネットバスが復活。周遊バスとして運行されています。乗ってきました。味がありますよね、長野でも考えたいものです。

北陸鉄道㈱創立70周年を記念して昭和53年に引退したボンネットバスが復活。周遊バスとして運行されています。乗ってきました。味がありますよね、長野でも考えたいものです。


 石川県の参加者からは、新幹線により能登半島や加賀地域がより埋没してしまう危惧、二次交通としての新たな交通アクセス網の整備の必要性などが指摘されました。また「新幹線にはあまり期待していない。それよりも、買い物難民をはじめ、日常的な住民の足をどのように守っていくのか、行政は何をしなければならないのかをしっかり考えたい」との意見も出されていました。「その通り」とフォローし軌道修正を図ったのですが、なかなか新幹線から離れない進行となりました。

 福井市役所交通政策課に所属する参加者からは、「福井県までの新幹線延伸はまだ先の話で現実感がないけれど、北陸新幹線開業で長野~福井間は金沢乗換で2時間余り、永平寺と善光寺のつながりなど門前町としての観光交流に期待をつなぐ」との発言があり、「そういえば観光交流パートナーシップ協定を福井市との間でも締結したな」と思い出しつつ、興味深く聴きました。名刺交換してきました。

 金沢にはレポーターを務めた私鉄県連書記長と一緒に参加してきたのですが、「兼六園に行ったことがない」というリクエストに応じ、路線周遊バスを使って、男性二人でデート(?)してきました。色づき始めていました。

兼六園で

兼六園で

関連記事

まちづくり・公共交通対策特別委の行政視察➊…松山市編

 2月7日~9日、まちづくり・公共交通対策特別委員会で松山市・高松市・神戸市を視察してきました。まず

記事を読む

IMG_0792

私鉄中部地連「交通政策フォーラム」

一昨日からの東北中学校への三度にわたる爆破予告、そして昨日の更北中学校での理科実験中の事故による生徒

記事を読む

SN00101

第五次長野市総合計画(案)で市議会・全員協議会

 久々の議会関連ニュースです。  H29年度(2017年度)から10年間の長野市政運営の指針と

記事を読む

女性の人権を考える

 昨日18日、安茂里地区人権を考える集いが催されました。今年は、女性の人権、男女共同参画がテーマで、

記事を読む

国道19号歩道整備に向け推進委員会動き出す

 国道19号の歩道整備について、一昨年以来、安茂里地区と第五地区の住民自治協議会共同で、国道事務所に

記事を読む

地元要望で小市「無常院」バス停新設

 2月1日から、安茂里小市地区を東西に横断する国道19号に、新しいバス停「無常院」が設置され、運行が

記事を読む

20151113_n

私鉄中部の自治体議員団総会

週末に、二つの自治体議員団の総会・研修会が行われました。 私鉄中部地連の自治体議員団会議の総会

記事を読む

IMG_0710

自治政策講座in東京

5月11日~12日、東京・市ヶ谷の「こくほ21」で開かれた自治体議会政策学会(会長=竹下譲)主催の「

記事を読む

IMG_1336

第9回アモーレ・フェスタ2015

早「霜月」…今年も残すところあと2カ月です。 11月1日、安茂里住民自治協議会を中心とした実行

記事を読む

IMG_0323

『地方消滅の罠』

 筑摩書房発刊の『地方消滅の罠』の著者である山下祐介・首都大学東京准教授の講演を聴きました。  9

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


市議会議場
議員定数の在り様、検証したい…6月議会トピックス➋

開いた口が塞がりません! 稲田防衛大臣の都議選応援演説=「防衛省、自

IMG_0860
「共謀罪」法の廃止求める請願…不採択に反対討論

26日、市議会6月定例会最終日、長野地区護憲連合などから提出されていた

市議会議場
6月議会が終わりました…トピックス❶

木曽谷を中心に県南部を襲った震度5強の地震から一夜明けました。 重篤

IMG_0856
児童生徒の健全育成を進める会

24日午前中、安茂里地区校長会と安茂里地区住民自治協議会の主催による「

20170622SS00002
市内小学校のいじめ事案…「重大事態」とし第三者委員会を設置、調査へ

昨日21日の市議会経済文教委員会で、教育委員会は、H26年入学後間もな

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑