*

9月市議会が終わりました(その2)…新たな議会人事

公開日: 長野市政/市議会

 25日・議会最終日は議会人事です。

◆正副議長選挙の顛末
 正副議長の辞任に伴う議長選挙・副議長選挙が行われ、議長には高野正晴氏(新友会)、副議長には近藤満里氏(公明)が選出されました。
 事前に行われた所信表明会では、議長候補として高野正晴氏(新友会)と野々村博美氏(共産党)が、副議長候補では近藤満里氏と阿部孝二氏(共産党)が、それぞれ所信を表明。
 
 市民ネットとしては、議会改革への熱意の如何を推し量り人物本位とする基準と非新友会からの副議長選出の基準で、議長選挙では野々村氏に、副議長選挙では近藤氏に投票しました。
 私的には、野々村氏、近藤氏に関しては、議員改選から2年間、議会基本条例検証・議会活性化検討委員会、そして議会活性化検討委員会において、ともに委員として議論し、温度差はあっても議会活性化に共通の問題意識を持っているとの判断から、投票したことをつけ加えておきたいと思います。
【議長選挙の結果】
  高野正晴  29票(新友会18・公明5・改革ながの4・無所属2)
  野々村博美  9票(共産党5・市民ネット2・無所属2)
【副議長選挙の結果】
  近藤満里  31票(新友会18・公明5・改革ながの4・市民ネット2・無所属2)
  阿部孝二   7票(共産党5・無所属2)
 なお、( )内は推定ということにしておきます。

 議長選挙をめぐっては、最大会派の新友会が会派内で議長候補2名による「予備」選挙を行ったものの、2回にわたる投票が同数で、最終的にくじ引きで高野氏擁立になったとか…(新友会議員談)、そこまでするのであれば、会派を二つに分けた方が議会活性化につながるのではと思ってしまいます。

◆副議長、「非新友会で一本化」実らず
 副議長選挙では、1年前に非新友会の枠組みで、市民ネット・改革ながの・共産党の3会派で統一候補を擁立したことから、今回も3会派の統一戦線を考え水面下で働きかけもしましたが、改革ながのが次年度の副議長選を見据えてか、3会派による候補一本化に消極的で、実りませんでした。
 副議長に早い時期から公明・近藤氏の名前が浮上していたことが背景ともなっています。改革ながの的には「副議長は非新友会枠の前例」と言いたいのかもしれませんが、議会内の政治力学において“思い込み”が通用するとは思えません。

◆高野議長の公約=「日本一市民に開かれた議会」
 さて、議長に就いた高野氏は、所信表明で何と!「日本一市民に開かれた長野市議会にしたい」と抱負を述べました。これは議会と市民に対する公約です。
 議会基本条例に基づく取り組みの検証をあげたものの、「日本一市民に開かれた市議会の具体」を語ることはしませんでした。
 「してもらいましょう」ってところです。
 また、地方自治法96条2項に定める議決事件の拡大(例えば、まちづくりの最上位計画である基本構想・基本計画を議会の議決議案とすること)に「早急に対応」と述べました。これは開かれた議会の範疇ではなく、監視・評価機能の強化の範疇ですが、無論、大事なことです。活性化検討委員会において新友会メンバーは具体に踏み込もうとしませんでしたから、公約違反にならないようにしてもらいたいものです。

 市民に開かれた議会の具体については、議会報告会のあり方を含め、議会活性化検討委員会において多方面にわたり提案してきた自負がありますから、新しいメンバーでの議会運営委員会が楽しみです。正副議長が出席することはもちろん、議会活性化の更なる取り組みも、まずは議運マターになっていますから。

◆監査委員は全会一致
 また、議会選出の監査委員人事では、新友会所属の小林義直議員と小林治晴議員が全会一致で選出されました。

◆新しい委員会所属
 所属委員会等の改選があり、私は、常任委員会では「総務委員会」と「議会運営委員会」に、特別委員会は「子育ち・子育て対策特別委員会」と「決算特別委員会」に所属することになりました。
 また、長野広域連合議会議員(福祉環境委員会所属)は継続することになりました。

◆決算特別委員会委員長に
 認定議案であるH24年度会計決算を審査する決算特別委員会は、委員長に就くことになりました。望んだポストではありませんが、仕方がありません(実は、正副委員長ポストは会派間で事前に水面下で調整されたりしています、慣例的に)。
 とにかく、決算審査を通じ市行政を厳しくチェックするとともに、予算編成につながる決算審査に努めたいと考えています。
 10月1日から17日の間で、予備日を含め8日間の集中審査となります。そのため、10日・11日に計画されていた安茂里地区の現地調査には、全日程参加ができなくなってしまいました。申し訳なく思いますが、議会優先です。

◆さぁ、市長選挙です!!
 鷲澤市長は、市議会の閉会あいさつで「長野市発展の礎を築くことができたのではないかと自負している」と述べ、3期12年間に「深い感慨」と振り返り「一人でも多くの市民が住んでよかったと思える長野市になるよう心より願う」と締めくくりました。
 鷲沢市長の任期は11月10日までです。「ご苦労様でした」と申し上げます。

 さぁ!、これで市長選挙に向かいます。6人が争う選挙構図、現市政に批判的な候補の一本化の動きが一部にあります。批判票の分散を避けるという意味では、わからないでもありません。政策の一致を見ることができるかが「カギ」だと思いますが、なかなか難しいと思われます。

 私自身の態度については「熟慮中」としてきていますが、それぞれの候補の政策を見極め、早急に態度を示したいと思います。

関連記事

SN00008

2015/12月市議会の論点[その1]…ホントに課題いっぱい!

 12月3日・4日、4会派による代表質問が行われました。  論点として、代表質問からのポイントを報

記事を読む

南北交通軸で新交通システム導入の検討へ

 先週の10月26日、長野市交通対策審議会の新交通システム導入検討部会(部会長=柳沢吉保・長野工専教

記事を読む

GUM05_PH02014

子どもの福祉医療費「通院も中学卒業まで拡大」…H28年度から

 5日、市長は子どもの福祉医療費について、懸案となっていた「通院」も支給対象を「H28年度(来年4月

記事を読む

IMG_1352

皐月保育園の移転建設地…「北部市民プール以外の場所も視野に」へ転換

 17日の会派レクから、まず最初に「皐月保育園の移転改築事業」について。  この日、初めて、8

記事を読む

SN00098

12月議会…課題と論点【その1】~市長議案説明、代表質問等から

 11月30日から始まっている12月市議会定例会は、12月6日からの代表質問・一般質問を終え、週明け

記事を読む

IMG_2490

新年度予算案に賛成討論…課題を指摘

 昨日24日、長野市議会3月定例会は、総額で1513億4千万円のH27年度一般会計予算案など市側が提

記事を読む

34734

6月市議会…全ての議案を可決し閉会

 6月9日から開かれてきた6月市議会定例会は24日、1億6100万円余のH28年度一般会計補正予算な

記事を読む

長野県「公契約」条例の行方

 19日、連合長野主催の「長野県公契約条例制定に向けた推薦自治体議員との懇談」に参加。  県が発表

記事を読む

総務委員会より➊…新市民会館の建設事業費に反対

 12日から14日の3日間、総務委員会が開かれ、付託された新年度予算案や条例案、請願等を審議しました

記事を読む

公共交通特別委…屋代線、実証実験の継続を意見集約、市長らに要望へ

[/caption]  屋代線存続問題で13日開いた公共交通対策特別委員会は、沿線住民

記事を読む

  • 長野市議会議員・布目ゆきおのブログです。弱きを助け不条理を正す、市民が主役のまちづくりがモットー。この国のかたちのこと、長野市政のこと、地域のこと、思いつくまま徒然に、辛口で。➡ 詳しくはプロフィールへ


IMG_0778
新庁舎のひび割れ…「建物の安全性は担保」と専門家評価

第一庁舎・芸術館の建物外壁に686箇所のヘアークラック(微細なひび割れ

IMG_0765
安茂里スポーツ祭典、盛大に

31.7℃…真夏日となった21日、犀川第一グランドを主会場に第43回安

20170519SS00001
共謀罪法案を廃案に!全国同時アクション

金田法務大臣の不信任決議案を否決した政府与党は、今日19日の衆院法務委

毎回「はな」を演じる信州裾花彩鳥太鼓の皆さん。H5年に素人集団16人からスタートされたそうで、研鑽を磨き、今や大活躍の和太鼓グループです。
杏の里 春の祭典…安茂里文化芸術祭

40回目を数える「安茂里文化芸術祭」が14日、安茂里公民館で催されまし

IMG_0710
自治政策講座in東京

5月11日~12日、東京・市ヶ谷の「こくほ21」で開かれた自治体議会政

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。是非、ご登録ください。

  • 2017年5月
    « 4月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • 〒380-0961
    長野市安茂里小市1-4-10
    TEL:026-227-3537
    FAX:026-227-3897
    Mail:info@nunomeyukio.jp

PAGE TOP ↑